Rchr
J-GLOBAL ID:201701019316846169   Update date: Sep. 03, 2021

NAOTAKA SUNADA

NAOTAKA SUNADA
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www3.kmu.ac.jp/psy/
Papers (15):
more...
Books (1):
  • 第3章 治療における抗不安薬の意義と使い方 7.女性ホルモンと不安障害「抗不安薬プラクティカルガイド 今だから知っておきたい正しい使い方」
    中外医学社 2015
Lectures and oral presentations  (45):
  • トラブルシューティングガイドラインに沿って曝露反応妨害法を実施した強迫性障害症例
    (第128回近畿精神神経学会 2021)
  • 幼少期被虐待歴とうつ病治療反応性の相関
    (第18回日本うつ病学会総会/第21回日本認知療法・認知行動療法学会 2021)
  • 性格傾向に基づく抗うつ薬の使い分けは可能か? -GUNDAM study より-
    (第 40 回日本臨床薬理学会学術総会 2019)
  • 抗精神病薬持効性注射製剤使用中の統合失調症患者における,活動時間の増減と認知機能や 社会機能の関連の検討
    (第 40 回日本臨床薬理学会学術総会 2019)
  • 大うつ病性障害患者におけるミルタザピンと選択的セロトニン再取り込み阻害薬の治療反応 とABCB1遺伝子多型の関連
    (第29回日本臨床精神神経薬理学会 2019)
more...
Awards (1):
  • 2017 - 加多乃賞
Association Membership(s) (5):
日本老年精神医学会 ,  日本臨床精神神経薬理学会 ,  日本認知症学会 ,  日本総合病院精神医学会 ,  日本精神神経学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page