Rchr
J-GLOBAL ID:201801000045477248   Update date: Jun. 22, 2024

Kobayashi Rune

コバヤシ ルネ | Kobayashi Rune
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Aesthetic practices
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2024 Sustainable Cultural Futures: COVID-19 and Resetting Cultural Policy (SCF)
  • 2019 - 2023 英国コミュニティ・アートの再検討:歴史的変遷と国際的影響
  • 2016 - 2018 英国コミュニティ・アートの変遷とアーツカウンシルの政策方針に関する研究
Papers (2):
  • 小林 瑠音. 1960年代から1980年代における英国コミュニティ・アートの変遷とアーツカウンシルの政策方針-The Change of Community Arts from the 1960s to the 1980s in the UK and Its Interaction with Policy of the Arts Council Great Britain. 文化政策研究 = Cultural policy research : journal of the Japan Association for Cultural Policy Research / 日本文化政策学会 編. 2015. 9. 7-23
  • 小林 瑠音. 英国における芸術の社会的インパクト評価に関する基礎的考察 : 政策的背景と評価手法-Evaluation of Social Impact of the Arts in the United Kingdom : Political Background and Methodological Discourse. 文化経済学 = Cultural economics. 2014. 11. 1. 8-17
MISC (3):
  • 小林瑠音. KIACコミュニティプログラム2023 日本相撲聞芸術作曲家協議会 とよおか音楽めぐりコンサート「トコドスコイ!」レポート. 城崎国際アートセンター. 2024
  • 小林瑠音. アーティスト・プレイスメント・グループ(APG):60年代後半から70年代ロンドンのソーシャル・プラクティス. 東山アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)『アーティスト×仕事』. 2019
  • Rune Kobayashi. The Role of Art Projects for the Aging Society of Japan in the Contex of Rural Regeneration: Entering a new era of asking why we need art projects?. Cultural Policy for Regeneration of Small Urban Cities Germany, Central Europe and Japan. 2017. 101-124
Books (3):
  • 英国のコミュニティ・アートとアーツカウンシル : タンポポとバラの攻防 = The British community arts movement and the Arts Council of Great Britain
    水曜社 2023 ISBN:9784880655420
  • キッズ・ミート・アート 子どもと出会い、すれ違うアート
    ふくろう出版 2019 ISBN:9784861867552
  • 公共文化施設の公共性 : 運営・連携・哲学
    水曜社 2011 ISBN:9784880652573
Lectures and oral presentations  (15):
  • コロナ禍の日本の文化政策 Cultural Policy in Japan during the pandemic
    (持続可能な文化の将来-コロナウィルスと文化政策の再構築 日英国際オンラインセミナー文化セクターで働く人々と労働 - 文化政策の対応と課題 -日英両国における調査結果から シグリッド・ロイセン氏 を迎えて- シリーズ 第3回 Sustainable Cultural Futures UK-Japan Online Seminar ‘Cultural Labour: policy approaches to tackling the precarity in cultural freelancing’ 2023)
  • 英国アーツカウンシル内コミュニティ・アート専門部局が果たした役割について:コミュニティ・アーティストとの論争を中心に
    (日本文化政策学会 2018)
  • British Community Art Movement from the late 1960s to the 1980s: An analysis of discussions between Arts Council Great Britain and Association of Community Artists
    (2018)
  • アイザック・ ジュリアンと ブラック・ ディアスポラ 文化研究
    (カルチュラル・スタディーズ学会 2018)
  • Cultural Democracy through the Community Arts: Comparative analysis between Japan and the UK
    (Kobe Seminar 2018 2018)
more...
Professional career (3):
  • Ph.D. (Kobe University)
  • MA (University of Warwick )
  • 修士(公共政策) (大阪大学)
Work history (7):
  • 2022/04 - 現在 Professional College of Arts and Tourism Lecturer
  • 2020/04 - 2022/03 Nara Prefectural University Faculty of Regional Promotion Visiting Associate Professor
  • 2018/04 - 2022/03 Kobe University Reserach Center for Promoting Intercultural Studies Research Fellow
  • 2018/04 - 2021/03 Kyoto University of the Arts Graduate School Global Seminar Program Officer
  • 2019/10 - 2020/03 Nara Prefectural University Faculty of Regional Promotion Part time lecturer
Show all
Committee career (6):
  • 2024 - 現在 文化庁 令和6年度「アーティスト・イン・レジデンス型地域協働支援事業」協力会議委員
  • 2024/04 - 2024/05 横浜市にぎわいスポーツ文化局 横浜市地域文化サポート事業 ヨコハマアートサイト 2024 選考委員
  • 2020/10 - 2023/08 一般社団法人CHISOU 一般社団法人CHISOU(奈良県立大学実践型アートマネジメント人材育成プログラム)理事(2020年度-2023年度)
  • 2023/07 - 2023/07 京都市文化市民局 令和 5 年度 Arts Aid KYOTO〜京都市 連携・協働型文化芸術支援制度〜 「通常支援型」審査員
  • 2019 - 2023 一般財団法人おおさか創造千島財団 助成選考委員(2020年度-2022年度)
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page