Rchr
J-GLOBAL ID:201801000124151242   Update date: Nov. 05, 2020

Oshimura Takashi

Oshimura Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Local studies ,  Politics ,  International relations
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2013 - 現在 多層化する国民国家システムの正統性の動態分析
  • 2008 - 2013 国際政治に見る欧州と東アジアの地域統合の比較研究-規範、安全保障、国境、人の移動
  • 2008 - 2009 中東和平への提言(外務省綜合外交政策局委託研究)
  • 2006 - 2009 先進国における政党再編と生産レジーム変容の国際比較研究
  • 2003 - 2007 民主的アカウンタビリティの国際研究
Show all
Papers (29):
  • リアリストはなぜ現実から遠ざかるのか、『政治哲学』第16号. 2014. 政治哲学第16号
  • グローバル化と正義ー主体、領域、実効性における変化、『法哲学年報』2012年号. 有斐閣. 2013
  • ディスコースとしての主権(下)-主権批判の系譜と射程ー. 青山国際政経論集. 2012
  • トランスナショナル・デモクラシーはデモクラティックかー脱領土的政治における忠誠の行方ー、『年報政治学』2011-I. 木鐸社. 2011
  • ディスコースとしての主権(上)-知がもたらす秩序の役割と限界ー. 青山国際政経論集. 2011
more...
Books (32):
  • (編著)『政治概念の歴史的展開』
    2015
  • (単著)『国家のパラドクスーナショナルなものの再考』
    法政大学出版局 2013
  • (共編著)『西欧・EU政治論』
    ミネルヴァ書房 2012
  • (共編著)『国際政治から考える東アジア共同体』
    ミネルヴァ書房 2012
  • (共編著)『世界政治を読み解く』
    ミネルヴァ書房 2011
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 日本・トルコ間協力の将来像-人道的支援の観点から-
    (友好125周年シンポジウム-共助のあゆみと展望- 2015)
  • グローバル化と正義-主体、領域、実効性における変化
    (日本法哲学会 2012)
  • Causal Explanations in International Relations (served as a discussant)
    (Conference on International Relations in an Interdisciplinary and Cross-Cultural Perspective 2012)
  • Challenges to Global Democracy (served as a discussant)
    (International Symposium on Designing Governance for Civil Society 2010)
  • 和解なしでスピルオーバー効果は作動するか?-EUと東アジアの比較という視点からー
    (国際シンポジウム「拡大ヨーロッパと東アジアの地域再編」 2008)
more...
Works (21):
  • (翻訳)D・ジョンストン『正義はどう論じられてきたかー相互性の歴史的展開ー』
    2015 -
  • (解題)モンテスキュー『法の精神』、杉田敦・川崎修編『西洋政治思想資料集』
    2014 -
  • (コラム)「世界戦争はなぜ二度起きたのかー戦間期の教訓に学ぶ」、日本平和学会編『平和を考えるための100冊+α』
    2014 -
  • (コラム)「欧州統合と主権論争ー実在論から機能主義へー」、『EUを知るための63章』
    2013 -
  • (月評)誰が西洋の本流なのか、『風のたより』(風行社)
    2011 -
more...
Education (3):
  • 1981 - 1984 Waseda University
  • 1979 - 1981 Waseda University
  • 1975 - 1979 Waseda University
Professional career (4):
  • 経済学士 (早稲田大学)
  • 政治学修士 (早稲田大学)
  • DEA(Science politique) (Université Paris II)
  • 博士(政治学) (早稲田大学)
Work history (14):
  • 1999/10 - 現在 Lecturer
  • 1999/04/01 - 現在 School of International Politics, Economics and Communication School of International Politics, Economics and Communication Department of International Politics Professor
  • 1999/04 - 現在 Lecturer
  • 2011/09 - 2015/11 International Christian University
  • 1995/04/01 - 1999/03/31 School of International Politics, Economics and Communication School of International Politics, Economics and Communication Department of International Politics
Show all
Committee career (3):
  • 2012 - 現在 EUセミナー企画委員 実行委員
  • 2003/12 - 現在 インカレ国際(東アジア)セミナー実行委員 実行委員
  • 2004/04 - 2010/03 法務省司法試験考査委員(一次試験) 考査委員
Awards (5):
  • 2005 - 日本政治学会 アメリカ政治学会派遣グラント
  • 1999 - Greece Travel Grant, The Hellenic Foundation for European and Foreign Policy
  • 1997/11 - 学校法人青山学院 青山学院学術褒賞 『モンテスキューの政治理論』(早大出版部,1997年)
  • 1987 - フランス政府 Les Bourses du Gouvernement Français (1987~1990)
  • 1981/03 - 早稲田大学大学院 (1980年度修了生)総代
Association Membership(s) (5):
イギリス哲学会 ,  政治経済学会(2011~ 理事) ,  日本国連学会 ,  Conference for the Study of Political Thought ,  日本政治学会(2010~14 公選理事、2012 企画委員長、2012~14 査読委員長)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page