Rchr
J-GLOBAL ID:201801000423325001   Update date: Sep. 23, 2021

Kinoshita Yasuko

キノシタ ヤスコ | Kinoshita Yasuko
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (2): Local studies ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (8): アダン ,  沖縄 ,  バヌアツ ,  島嶼 ,  里海 ,  人類学 ,  生態人類学 ,  食物分配
Papers (3):
  • Mutual enlightening of Satoumi culture in the Pacific Rim for next generation: Ryukyu Arc Adan Summit 2019. 2020. 2. 45-59
  • The utility of the squid Todarodes pacificus as a teaching material for the education of local food culture. Report of the Noto Marine Center, No.23. 2018. 23. 25-30
  • KINOSHITA Yasuko. Ownership and distribution of resources that enable symbiotic social negotiations. Toward the Future of Asia: My Proposal. 2017. 3. 229-235
Books (1):
  • 手の百科事典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254102673
Lectures and oral presentations  (16):
  • 「石川県における海洋教育「能登モデル」の展開 ~海の恵みと環境を守る新プログラム」
    (第7回全国海洋教育サミット(東京大学) 2020)
  • 「石川県における海洋教育「能登モデル」の新展開~地域に広がる持続的活動を目指して~」
    (日本動物学会中部支部大会(金沢市文化ホール) 2019)
  • 「石川県における海洋教育「能登モデル」の新展開」
    (第6回全国海洋教育サミット「海洋教育のこれまでとこれから」(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター) 2019)
  • 「ヒトはなぜ宴会を開くのか-オセアニアの島嶼部の小規模な共同体を事例に食物分配についての研究」
    (第35回環日セミナー(金沢大学環日本海域環境研究センター) 2018)
  • 「イカを活用した教育プログラムの実践について」
    (第1回イカ・タコ(頭足類)研究会(島根県島根大学隠岐臨海実験施設) 2018)
more...
Committee career (2):
  • 2021/04 - 現在 能登SDGsラボ運営委員会 委員
  • 2021/04 - 現在 珠洲市生物多様性地域連携保全活動協議会 委員
Awards (1):
  • 2016/10 - 第3回アジア未来会議優秀論文賞(Best papers) 「共生の社会交渉を可能にする資源の所有と分配-バヌアツ共和国メリック島の事例から」
Association Membership(s) (3):
The Japanese Society of Cultural Anthropology ,  Japanese Society for Oceanic Studies ,  The society for Ecological Anthropology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page