Rchr
J-GLOBAL ID:201801000867652890   Update date: Jun. 09, 2020

kokubo akira

コクボ アキラ | kokubo akira
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (1): Rehabilitation science
Papers (62):
  • 小久保 晃, 稲葉 政徳, 金田 嘉清. 多職種連携型チームアプローチにおける情報共有に関する実態調査 介護職員の業務遂行の一助に対する摂食嚥下領域の必要性. 岐阜県理学療法士会学術誌. 2019. 24. 145-147
  • 小久保 晃, 池田 雅志, 岩島 隆, 金田 嘉清. 地域イベント参加者に対する運動習慣の必要性 若年層へのロコモティブシンドロームに対する啓発と予防的介入. 岐阜県理学療法士会学術誌. 2019. 24. 43-46
  • 小池 孝康, 宇佐美 知子, 藤井 稚也, 小島 誠, 廣渡 洋史, 松井 一久, 池田 雅志, 岩島 隆, 廣田 薫, 中根 英喜, et al. 就労者の運動習慣、身体活動量、座位行動と体力測定結果との関連性. 岐阜県理学療法士会学術誌. 2019. 24. 47-52
  • 岩島 隆, 池田 雅志, 小池 孝康, 小久保 晃, 松井 一久, 小島 誠, 宇佐美 知子, 廣田 薫. 本学在学生の自我構造と臨床実習前後におけるストレス対処行動について. 岐阜県理学療法士会学術誌. 2019. 24. 83-87
  • 岩島 隆, 松井 一久, 小池 孝康, 池田 雅志, 小久保 晃, 水谷 真理子, 小島 誠. 立位バランス改善のための運動療法の介入効果 座位での肩甲骨・骨盤PNFアプローチの活用. 岐阜県理学療法士会学術誌. 2019. 24. 21-24
more...
MISC (6):
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • 臨床見学実習を経験したリハビリテーション学科学生のストレス対処の変化
    (東海北陸作業療法学会 2015)
  • 下肢粗大筋力と運動耐容能との関連性の検討
    (東海北陸理学療法学術大会誌 2013)
  • チームアプローチの重要性を再考できた動作意欲の低下をもつ症例を経験して
    (岐阜県病院協会医学会 2012)
  • 肢節運動失行を呈する症例の食事動作の質的向上について
    (岐阜県病院協会医学会 2012)
  • 移乗の介助量軽減に向けて、部分免荷トレッドミル歩行練習を利用した取り組み
    (岐阜県病院協会医学会 2012)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page