Rchr
J-GLOBAL ID:201801001054653381   Update date: May. 07, 2024

Aoki Shunsuke

アオキ シュンスケ | Aoki Shunsuke
Affiliation and department:
Research field  (2): Lifelong developmental nursing ,  Information networks
Research keywords  (3): Nursing ,  看護教育 ,  ICT
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2022 - 2026 Demonstration of the Transformative Dementia Total Care System in a Mountainous Area
  • 2020 - 2024 看護学生の理科的基礎知識の現状と教授方法の検討
  • 2022 - 2023 思考の可視化とプロジェクト学習のためのICTを活用した「授業モデル」の開発
  • 2016 - 2022 Longitudinal verification of the effect of underwater exercise courses for the elderly that have been held for 16 years in rural areas.
Papers (4):
  • Shunsuke Aoki, Kiyoko Yanagihara, Katsuya Ota, Yuka Egashira, Yuki Ito. Learning through Self-Monitoring Exercises for Patients with Chronic Illness Using "Case Studies" and "Pseudo-Urine" as Educational Tools. 2024. 34. 1. 27-36
  • 太田克矢, 壬生浩幸, 山﨑心汰, 中西恵, 青木駿介. 市販品による尿検査試験紙用疑似尿の作成-尿検査5項目に対する疑似尿の長期保存性の検討-. 日本医学看護学教育学会誌. 2022. 31. 2. 27-36
  • 安東 由佳子, 奥田 鈴美, 青木 駿介, 小林 敏生. 在宅パーキンソン病患者の疾病自己管理状況と抑うつ症状の実態. 日本看護研究学会雑誌. 2021. 44. 1. 123-133
  • 太田 克矢, 林 真言, 末福 誉博, 青木 駿介. 材料に食品を用いた「尿試験紙用の疑似尿」の作成と安定性. 日本医学看護学教育学会誌. 2020. 29-2. 35-41
MISC (3):
  • 青木 駿介. 復習しながら看護の勉強につなげる やさしい理科教室(第12回) 電気. クリニカルスタディ. 2019. 40. 3. 65-68
  • 青木 駿介. 復習しながら看護の勉強につなげる やさしい理科教室(第10回) 圧力(気圧、水圧). クリニカルスタディ. 2019. 40. 1. 52-54
  • 青木 駿介, 太田 克矢. 復習しながら看護の勉強につなげる やさしい理科教室(第6回) 拡散・浸透. クリニカルスタディ. 2018. 39. 10. 68-70
Lectures and oral presentations  (14):
  • 尿試験紙の潜血項目に反応する疑似尿の作製-演習利用のための応用-
    (第43回日本看護科学学会学術集会 2023)
  • ICTを利用した「授業モデルの開発」の試行
    (第19回長野県看護大学研究集会 2023)
  • 尿試験紙の潜血項目に反応する疑似尿の開発-市販品を用いた作製と汎用性の検討-
    (第33回日本医学看護学教育学会学術学会 2023)
  • 尿試験紙用の疑似尿の日用品による作成-5項目に反応する疑似尿への着色-
    (第42回日本看護科学学会学術集会)
  • 症状マネジメント論におけるICT(Miro)を活用したアクティブラーニングの有用性 ~レポートと終了後アンケートの計量テキスト分析から~
    (第35回 日本看護福祉学会学術大会)
more...
Education (2):
  • 2019 - 2022 長野県看護大学大学院 看護学研究科 博士前期課程
  • 2009 - 2013 Nagano College of Nursing
Professional career (2):
  • 学士(看護学) (長野県看護大学)
  • 修士(看護学) (長野県看護大学大学院)
Work history (2):
  • 2022/10 - 現在 Nagano College of Nursing
  • 2018/04 - 2022/09 Nagano College of Nursing
Committee career (1):
  • 2018/04 - 2018/08 第31回日本看護福祉学会学術大会 実行委員
Association Membership(s) (6):
日本看護科学学会 ,  日本看護学教育学会 ,  日本医学看護学教育学会 ,  JAPAN SOCIETY OF NURSING RESEARCH ,  THE JAPANESE SOCIETY OF INTENSIVE CARE MEDICINE ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF NURSING AND SOCIAL WORK
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page