Rchr
J-GLOBAL ID:201801001157896371   Update date: Sep. 18, 2019

HIGASHIMURA Noriko

HIGASHIMURA Noriko
Affiliation and department:
Research keywords  (2): French Refugee Politics ,  French Immigration Politics
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2016 - 2019 欧州連合における移民政策と難民政策-「人道主義」の矛盾
  • 2013 - 2015 フランス及び欧州連合の移民政策と難民政策
Papers (7):
  • Noriko HIGASHIMURA. “L’Europe face à l’Immigration”. 2019. 第93. 1-13
  • 東村紀子. フランスの移民政策における「アイデンティティー」再考 -サルコジ政権における「アイデンティティーの危機」を問い直す-. 佐賀大学経済論集. 2019. 50. 4. 1-25
  • 東村紀子. フランスの移民政策及び難民政策に見る「統合」と「分断」-サルコジによる政策期からオランド政権期まで-. 日本比較政治学会年報. 2018. 20. 109-136
  • 東村紀子. 博士論文「現代フランスにおける『共和主義的移民統合モデル』のパラドックス-サルコジ政権下の移民受け入れ政策の課題と展望-」. 大阪大学. 2012
  • 東村紀子. サルコジ2006年移民法における『選ばれた移民』政策 : 新しい移民統合モデルと『制度化された移民政策』システムを求めて. 国際公共政策研究. 2010. 137-150
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • “l'Europe face à l'immigration”
    (2018)
  • 難民危機を迎えたフランスにおけるポピュリストー移民と難民をめぐる政策論争からの考察-
    (日本比較政治学会 2018)
  • オランド大統領政権下における移民政策と「難民」の処遇
    (日本政治学会 2017)
  • オランド政権下における安全保障政策としての移民政策及び難民政策
    (世界政治研究会 2016)
  • オランド政権下におけるフランスの移民政策-サルコジ政権による移民政策から どのように変化したのか
    (移民の参加と排除に関する日仏研究会 2015)
more...
Education (4):
  • 2008 - 2012 Osaka School of International Public Policy
  • 2010 - 2010 Sciences. Po de Paris
  • - 2005 Paris University VIII Saint-Denis Vincennes Sciences Politics
  • - 2001 Nagoya University
Professional career (1):
  • 国際公共政策博士 (大阪大学)
Work history (3):
  • 2011/04 - 2015/03 Osaka School of International Public Policy EUIJ Kansai, Osaka University Branch Office
  • 2001/06 - 2004/09 Alliance Française à Rouen Interprète franco-japonaise
  • Nagoya University School of Law Reseacher
Association Membership(s) (5):
JAPAN ASSOCIATION FOR MIGRATION POLICY STUDIES ,  SOCIETE FRANCO-JAPONAISE DE SCIENCE POLITIQUE ,  JAPAN ASSOCIATION FOR COMPARATIVE POLITICS ,  JAPANESE POLITICAL SCIENCE ASSOCIATION ,  THE JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL RELATIONS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page