Rchr
J-GLOBAL ID:201801002042082237   Update date: Aug. 26, 2021

Nakabayashi Hiroshi

Nakabayashi Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Papers (97):
  • 立て看のある大学の景観はなぜ美しいか. 住宅会議. 2018. 104. 48-49
  • 普通の景観考6-10. 建築とまちづくり. 2018. 473-477
  • Uzo Nishiyama’s planning methodology based on investigations of common people’s lives. The 18th International Planning History Society Conference - Yokohama, July 2018. 2018
  • 京都の歪んだ観光政策とバブル開発. 建築とまちづくり. 2018. 476. 27-31
  • 居住の権利の進展と停滞---キーワードにみる国際的な運動. 京都自治研究. 2018. 11
more...
Books (32):
  • すまい・まちづくりの明日を拓く-京都の実践
    天地人企画 2018
  • 超絶記録!西山夘三のすまい採集帖
    LIXIL出版 2017
  • 暮らしを支える京都府であるために
    2013
  • 人間的な経済社会をめざして
    田中プリント 2013 ISBN:9784907536015
  • 図解住居学(原著第二版)
    中国建築工業出版社 2013
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • 都市居住地の高さ制限15mについての考察--京都市の2007年新景観政策についての研究その3
    (建築学会大会 2016)
  • 新景観政策をめぐる論点--京都市の2007年新景観政策についての研究その1
    (建築学会大会 2015)
  • 都市再生と連携した環境の修復・再生に関する研究 : イギリス・マンチェスター北部を事例として
    (建築学会大会 2003)
  • インナーシティ手工業地域の再生 : バーミンガム・ジュエリークォーターの例
    (建築学会大会 2002)
  • 大都市内河川の再生についての研究 : 京都・堀川の清流復活にかかわる居住者の運動より
    (建築学会大会 1998)
more...
Works (54):
  • 新たな観光問題がヨーロッパでも起きている
    2018 -
  • 居住の権利キーワード51-60
    2018 -
  • より豊かな地域研究を京都から---『京都自治研究』10号発行にあたって
    2017 -
  • 住宅論・都市論の「学術史ブームか」
    2017 -
  • 民泊新法にかかわる衆議院国土交通委員会での参考人陳述
    2017 -
more...
Education (4):
  • 1984 - 1985 Kyoto University
  • 1978 - 1984 Kyoto University
  • 1976 - 1978 Kyoto University
  • 1972 - 1976 Kyoto University
Professional career (1):
  • Dr. Eng (Kyoto University)
Work history (7):
  • 2008/04 - 2021/03 Faculty of Human Sciences Faculty of Human Sciences Department of Fashion and Housing Design Professor
  • 2008/04 - 2011/03 Part-time researcher for university or other academic organization
  • 2002/04 - 2008/03 Professor
  • 1997/04 - 2002/03 Professor
  • 2000/04 - 2001/03 Honarable Research Fellow
Show all
Committee career (2):
  • 1998/04 - 2005/03 日本建築学会 景観小委員会委員
  • 1980/04 - 1990/03 日本都市計画学会 『都市計画』誌関西編集委員
Association Membership(s) (2):
日本都市計画学会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page