Rchr
J-GLOBAL ID:201801002193324070   Update date: Jan. 17, 2020

Sugamura Genji

スガムラ ゲンジ | Sugamura Genji
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2015 - 2017 花王株式会社(化粧カウンセリング場面における身体化認知の効果の研究)
  • 2009 - 2013 科学研究費補助金(基盤研究C)東洋的代替医療における抑うつ低減・予防効果の検証(連携研究者)
  • 2009 - 2009年度科学研究費補助金(若手研究スタートアップ) 自律神経系及び中枢神経系活動にみる姿勢の対自機能 108万円 研究代表者
  • 2008 - 2008年度科学研究費補助金(若手研究スタートアップ) 自律神経系及び中枢神経系活動にみる姿勢の対自機能 131万円 研究代表者
  • 2007 - 2007年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 行動・感情・自律神経系活動の関連性:構成主義的視点からの基礎研究及び臨床的研究 90万円 研究代表者
Show all
Papers (31):
  • 菅村 玄二. 対人援助学における人称性の問題:武藤(2016)へのコメント. 対人援助学研究. 2017. 5, 18-24
  • 山本 佑実, 菅村 玄二. 温度感覚の身体化認知に基づく向社会性教育の可能性. 理論心理学研究. 2017. 18
  • 本元 小百合, 菅村 玄二. 触覚と温度感覚と身体化認知の共通点と相違点:身体メタファーの観点を中心にして. 理論心理学研究. 2017. 18
  • 菅村 玄二. 心理学に未来はあるか?(II):心理学の将来の方法論を考える. 理論心理学研究. 2017. 18
  • 菅村 玄二. 心理学に未来はあるか?(I):心理学の将来のあり方を考える. 理論心理学研究. 2017. 18
more...
MISC (4):
  • 菅村 玄二, 遠藤 由美. 心理学ミュージアム:オンラインとオンサイトの活動. 心理学ワールド. 2016. 74,2-3
  • 菅村 玄二. “Behaviorism, Cognitivism, and Constructivism: Reflections on persons and patterns in my intellectual development”(行動主義,認知主義,そして構成主義--私の考え方はいかに変わったか? また誰に影響を受けたか?). 金剛出版『臨床心理学』. 2009. 第9巻6号
  • 菅村 玄二, 岡村達也. 解消志向アプローチ(Dissolution-Oriented Approach) 臨床心理学キーワード. 金剛出版『臨床心理学』. 2007. 第7巻2号274~275頁
  • 菅村 玄二. 「人となり」を考える:"personality"の人間科学. 日本性格心理学会ニューズレター. 2002. 第14号6~7頁
Books (27):
  • 『認知臨床心理学の父 ジョーズ・ケリーを読む:パーソナル・コンストラクト理論への招待』(Fransella, F. (1995). George Kelly. London: Sage.)
    北大路書房 2017
  • マンガ心理学の可能性
    家島 明彦(編)『マンガ心理学の可能性1:マンガ心理学の「これまで」と「これから」』, 特定非営利活動法人 ratik 2016
  • 春木 豊・山口 創(編)『新版 身体心理学:身体行動から心へのパラダイム』
    川島書店 2016
  • 臨床心理学の理論と方法の歴史:心に対するさまざまな考え方
    藤田哲也(監修)『絶対役立つ臨床心理学:カウンセラーを目指さないあなたにも』, ミネルヴァ書房 2016
  • マインドフルネスの意味を超えて:言葉,概念,そして体験
    貝谷 久宣・熊野 宏昭・越川 房子(編)『マインドフルネスの基礎と実践』, 日本評論 2016
more...
Lectures and oral presentations  (124):
  • シンポジウム「心身の気づきと内受容感覚」
    (2016)
  • マインドフルネスと身体化された自己
    (2016)
  • 姿勢から椅子へ
    (日本マインドフルネス学会第3回大会発表論文集 2016)
  • Contractive postures make people feel “timid.”
    (2016)
  • Subjective hotness promotes “hot” deontic judgments: Relation of the comfortableness of temperature and the psychological thermoregulation effect
    (2016)
more...
Education (3):
  • 2008 - Waseda University
  • 2001 - Waseda University
  • - 1999 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士(文学)
Work history (5):
  • 2008/04 - 2010/03 Kansai University Faculty of Letters
  • 2007/09 - 2008/03 職業能力開発総合大学校長期課程(非常勤講師)
  • 2006/09 - 2008/03 Waseda University
  • 2005/04 - 2008/03 日本学術振興会(特別研究員)
  • 2003/12 - 2005/03 University of North Texas (Research Scholar)
Committee career (6):
  • 2013/09 - 理事・編集委員
  • 2012/11/01 - 教育研究委員会委員
  • 2004 - Award Selection Committee
  • 2004 - Award Selection Committee
  • 2001 - Guest Editor;Assistant Editor;Secretariat
Show all
Awards (3):
  • 2007/09/19 - Poster session presented at 65th Convention of the International Council of Psychologists, San Diego, CA, USA. Best Poster Award, First Place(The International Council of Psychologists) Shiraishi, S., Koshikawa, F., & Sugamura, G., (2007, August). Positive automatic thoughts as a possible cognitive component of resilience.
  • 2007/09/19 - Poster session presented at 65th Convention of the International Council of Psychologists, San Diego, CA, USA. Best Poster Award, First Place(The International Council of Psychologists) Sugamura, G., Takase, H., Haruki, Y., & Koshikawa, F. (2007, August). Bodyfulness and posture: Its concept and some empirical support.
  • 2005/05/18 - Society for Constructivism in the Human Sciences Distinguished Service Award
Association Membership(s) (10):
Japanese Association of Mindfulness ,  Japanese Cognitive Science Society ,  Transcultural Society for Clinical Meditation ,  Society for Constructivism in the Human Sciences ,  Association for Psychological Science ,  American Psychological Association ,  日本健康心理学会 ,  日本理論心理学会 ,  日本人間性心理学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page