Rchr
J-GLOBAL ID:201801002353757823   Update date: Apr. 04, 2024

Dohi Yuji

ドヒ ユウジ | Dohi Yuji
Affiliation and department:
Research field  (1): Disaster prevention engineering
Research keywords  (3): 防災 ,  避難 ,  津波
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2025 防災対策に資する南海トラフ地震調査研究プロジェクト
  • 2017 - 2019 津波災害時における人間行動把握に基づく避難開始の時空間分析手法の構築
  • 2016 - 2017 津波災害時における人間行動の再整理および「避難開始」に注目したシミュレータの開発
  • 2014 - 地域環境を考慮したコミュニティにおける津波避難開始シミュレーション手法の開発
Papers (28):
  • Yuji DOHI, Nobuaki SHIGENO, Nobuyuki MORIKAWA, Hiroyuki FUJIWARA, Nobuoto NOJIMA, Tomotaka IWATA. Probabilistic Seismic Hazard Analysis of Response Spectra: Toward Advanced National Seismic Hazard Maps for Japan. Journal of Japan Association for Earthquake Engineering. 2024. 24. 1. 1_124-1_147
  • Yuji Dohi, Hiromitsu Nakamura, Hiroyuki Fujiwara. Development of the Japan Tsunami Hazard Information Station (J-THIS). Journal of Disaster Research. 2022. 17. 6. 934-943
  • 土肥裕史, 平田賢治, 藤原広行, 中村洋光. 南海トラフ巨大地震に対する確率論的津波評価-最大クラスの地震を考慮したハザード評価-. 月刊地球. 2022. 44. 10. 452-460
  • 土肥裕史, 中村洋光, 藤原広行, 矢守克也, 杉山高志. 南海トラフ巨大地震の発生の多様性を考慮した津波遡上計算とその利活用に向けて-概要と利活用事例の紹介-. 月刊地球. 2022. 44. 5. 283-288
  • 土肥裕史, 中村洋光, 藤原広行. 津波ハザードステーション(J-THIS)の開発. 地震ジャーナル. 2021. 71. 34-40
more...
MISC (39):
  • 赤木翔, 前田宜浩, 土肥裕史, 中村洋光, 関航佑, 藤原広行. 南海トラフ巨大地震の多様性を考慮した津波リスク評価のための津波伝播遡上計算. 第16回日本地震工学シンポジウム論文集. 2023. Day3-G414-05
  • 土肥裕史, 重野伸昭, 森川信之, 藤原広行, 能島暢呂, 岩田知孝. 地震調査研究推進本部における地震動予測地図の取組-地震動の応答スペクトルに関する地震動予測地図に向けた検討-. 第16回日本地震工学シンポジウム論文集. 2023. Day3-C1-PB09
  • 杉山高志, 矢守克也, 卜部兼慎, 西野隆博, 中村洋光, 土肥裕史, 前田宜浩. 訓練行動データを用いた津波避難戦略ツールの開発と検証. 日本災害情報学会第 27 回学会大会予稿集. 2023. F6-3
  • 大野哲平, 永井香織, 宮嶋孝行, 阿部雄太, 是永眞理子, 平田賢治, 藤原広行, 中村洋光, 森川信之, 土肥裕史, et al. 5海域を統合した確率論的津波ハザード評価:確率設定方法とハザード評価結果について. 日本地球惑星科学連合2023年大会予稿集. 2023. HDS06-P15
  • 村田耕一, 平田賢治, 藤原広行, 中村洋光, 森川信之, 土肥裕史, 根本信, 鬼頭直, 張学磊, 村田泰洋, et al. 海溝型地震の特性化波源断層モデル群と津波伝播計算結果-5海域統合確率論的津波ハザード評価に向けて-. 日本地球惑星科学連合2023年大会予稿集. 2023. HDS06-P16
more...
Books (5):
  • 全国を対象とした地震リスク評価手法の検討(その2)
    防災科学技術研究所研究資料、488号 2023
  • 南海トラフ沿いの地震に対する確率論的津波ハザード評価 第一部 付録編
    防災科学技術研究所研究資料、439号、第一部、付録編 2020
  • 南海トラフ沿いの地震に対する確率論的津波ハザード評価 第一部 本編
    防災科学技術研究所研究資料、439号、第一部、本編 2020
  • 南海トラフで発生する地震・津波を対象とした広域リスク評価手法の検討
    防災科学技術研究所研究資料、444号 2020
  • Flash Report on the Damage of Mexico City and Puebla Related to the 2017 Puebla-Morelos Earthquake
    Technical Note of the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, Vol.416 2018
Lectures and oral presentations  (83):
  • Probabilistic Tsunami Hazard Assessment (PTHA) for Interplate Earthquakes along the Ryukyu Trench: Long-term Mean Hazard
    (Ryukyu-Taiwan PSHA Workshop 2024)
  • 出向報告-文部科学省での2年間-
    (第35回名古屋大学・防災科学技術研究所合同研究会 2023)
  • Probabilistic Seismic Hazard Assessment (PSHA) of Response Spectra for Japan
    (2023 Taiwan-Japan-New Zealand Seismic Hazard Assessment meeting 2023)
  • Probabilistic Tsunami Hazard Assessment for Great Earthquakes Occurring along the Nankai Trough
    (2023 Taiwan-Japan-New Zealand Seismic Hazard Assessment meeting 2023)
  • 南海トラフ巨大地震の多様性を考慮した津波リスク評価のための津波伝播遡上計算
    (第16回日本地震工学シンポジウム 2023)
more...
Works (1):
  • J-THIS
    National Research, Institute for Earth Science, Disaster Resilience 2020 - 現在
Professional career (1):
  • 博士(工学) (京都大学)
Work history (4):
  • 2024/04 - 現在 National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
  • 2017/04 - 2024/03 National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience
  • 2021/10 - 2023/09 Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Science and Technology Administrative Researcher
  • 2016/04 - 2017/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
Awards (5):
  • 2023/12 - 第16回日本地震工学シンポジウム 優秀発表賞
  • 2022/12 - 日本地震工学会 2022年度日本地震工学会大会優秀発表賞
  • 2019/09 - 日本自然災害学会 令和元年度学術発表優秀賞
  • 2017/09 - 日本自然災害学会 平成29年度学術発表優秀賞
  • 2015/09 - EIT-JSCE Joint International Symposium on International Human Resource Development for Disaster-Resilient Countries 2015 The best presenter of student & young engineer seminar
Association Membership(s) (4):
THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  JAPAN GEOSCIENCE UNION ,  JAPAN SOCIETY FOR NATURAL DISASTER SCIENCE ,  Japan Association for Earthquake Engineering
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page