Rchr
J-GLOBAL ID:201801002400138665   Update date: May. 19, 2022

Kutsuna Takahiko

クツナ タカヒコ | Kutsuna Takahiko
Affiliation and department:
Research field  (2): Sociology/history of science and technology ,  Cultural properties
Research keywords  (6): 非鉄金属生産 ,  博物館 ,  博覧会 ,  技術史 ,  保存科学 ,  材料工学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2020 - 2023 非鉄金属生産からみた室町期の技術革新に関する研究
  • 2014 - 2018 Study of non-ferrous metal smelting technology on relics related to the production by using scientific instruments from the end of the middle period to the beginning of the early modern period
  • 2013 - 2017 Study on characteristics of technological innovations in Japan - Based on the analysis of history of developments of technologies at some typical industrial fields -
  • 2013 - 2017 Towards making classical durable colours: a literature review and tentative simulation of classical processes of making natural red lake pigments
  • 2012 - 2013 綿臙脂の再現に向けての基礎研究2
Show all
Papers (34):
  • 沓名貴彦. 新田城跡(館平遺跡)及び新井田古館遺跡出土非鉄金屑生産関連遺物の科学調査. 八戸市内遺跡発掘調査報告書. 2022. 45. 113-122
  • 沓名貴彦. 中城城跡出土非鉄金属生産関連遺物の科学調査. 中城城跡 -史跡整備に伴う発掘調査報告VII-. 2022. 24. 115-126
  • 沓名貴彦. 聖寿寺館跡出土非鉄金属生産関連遺物の科学調査. 南部町内遺跡発掘調査事業報告書 国史跡 聖寿寺館跡. 2022. 14. 116-125
  • 沓名貴彦. 法霊林遺跡出土銅塊の非破壊分析. 青森県埋蔵文化財調査報告書 法霊林遺跡. 2022. 629. 223-226
  • Takahiko KUTSUNA, Tomoya YOSHIDA. Non-destructive Analysis of Artifacts Utilized for Non-ferrous Metalworking from Iwabitsu Castle Ruins in Gunma Prefecture. Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series E (Physical Sciences & Engineering). 2021. 44. 17-27
more...
MISC (5):
  • 沓名貴彦. 坩堝内面に付着する金属の非破壊分析からみえること. 八戸市博物館根城史跡指定80年記念特別展「乱世の終戦 -根城南部氏と城-」図録. 2021. 59-59
  • 沓名貴彦. 根城における金属生産と金工品. 八戸市博物館根城史跡指定80年記念特別展「乱世の終戦 -根城南部氏と城-」図録. 2021. 58-58
  • 沓名貴彦. 『くん拾帖』に残された甲州ワインのラベル. 山梨県立博物館企画展「葡萄と葡萄酒」図録. 2016
  • 沓名貴彦. 日本のワインの歴史. 国立科学博物館特別展“ワイン展 -ぶどうから生まれた奇跡-”ガイドブック. 2015
  • 沓名貴彦. 建築前から博物館の空気環境を考える. PASSION. 2007. 31
Books (3):
  • Expo-logy : Expos as a Method of Grasping the World
    2020 ISBN:9784784219926
  • 室町戦国日本の覇者 大内氏の世界をさぐる
    勉誠出版 2019
  • 戦国大名大友氏の館と権力
    吉川弘文館 2018
Lectures and oral presentations  (70):
  • 負ミュオン非破壊分析法による文理融合研究II
    (日本物理学会第77回年次大会 2022)
  • るつぼからさぐる中世博多の金属生産
    (福岡市埋蔵文化財センター 令和3年度考古学講座「第二の発掘-考古学x自然科学=新発見!?」 2021)
  • 戦国から江戸初頭の非鉄金属生産について -生産関連遺物からその実態を探る-
    (関西近世考古学研究会 第31回大会 2021)
  • 稲敷市柏木古墳群出土真鍮製指輪と日本の装身具の歴史
    (稲敷市立歴史民俗資料館 秋の資料館講座 2021)
  • 色を探る・色を考える~歴史・科学・実践から綿臙脂を視る
    (大分県立美術館 教育普及講座 “未知っち、見ちっち vol.II Color & Science" 2021)
more...
Education (3):
  • 2000 - 2002 Tokyo University of the Arts
  • 1995 - 1997 Tokyo University of Science
  • 1991 - 1995 Tokyo University of Science Material Science and Technology
Work history (4):
  • 2017/10 - 現在 National Museum of Nature and Science, Tokyo Department of Science and Engineering
  • 2014/04 - 2017/09 National Museum of Nature and Science, Tokyo Department of Science and Engineering
  • 2005/04 - 2014/03 山梨県立博物館 学芸員
  • 2003/04 - 2005/03 山梨県教育委員会 学術文化財課博物館建設室 学芸員
Committee career (1):
  • 2017/06 - 現在 文化財保存修復学会 学会誌編集委員
Association Membership(s) (2):
THE JAPAN SOCIETY FOR THE CONSERVATION OF CULTURAL PROPERTY ,  JAPAN SOCIETY FOR SCIENTIFIC STUDIES ON CULTURAL PROPERTIES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page