Rchr
J-GLOBAL ID:201801002821993491   Update date: Oct. 14, 2020

Matsunami Yasuo

マツナミ ヤスオ | Matsunami Yasuo
Affiliation and department:
Research field  (2): Local studies ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (12): Suffering ,  Healing ,  Ritual ,  Pilgrimage ,  Oromo ,  Ethiopia ,  エチオピア ,  オロモ ,  参詣・巡礼 ,  儀礼 ,  癒し ,  苦悩
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2018 - 現在 アフリカ農村部における資源管理と政治権力
  • 2018 - 現在 苦悩に対処する社会装置としての儀礼に関する人類学的研究:エチオピアの事例から
  • 2018 - 2019 エチオピア・ジンマ王国伝来イスラーム祈祷集研究
  • 2018 - 2019 エチオピア・ジンマ王国伝来イスラーム祈祷集研究
  • 2018 - アフリカ農村部における資源管理と政治権力
Show all
Papers (5):
  • 松波康男. 「「南スーダンにおける紛争解決合意(ARCSS)」署名を巡るIGAD 加盟国の関与」. 『アフリカ・レポート』. 2019. 57. 56. 1-12
  • NEVER-ENDING AFFLICTION: COMMUNALITY DURING THE PILGRIMAGES OF EAST SHOWA AND ARSI ZONES, ETHIOPIA. 2015. 1-151
  • 松波康男. 「異質な参詣者と聖地の共同性ーエチオピア・ボサト郡に見られる参詣の諸相」. 『年報人類学研究』. 2013. 3. 3. 74-96
  • Yasuo Matsunami, Minako Ishihara. 'Filming Pilgrimage to Ya'a: Toward a Participatory Filmmaking'. "NIlo-Ethiopian Studies". 2009. 13. 33-46
  • 松波康男. 「バラカの具現と分配:エチオピア西部ヤア聖者廟村の事例から」. 2007. 1-85
MISC (7):
  • 橋本絵莉, 松波康男. あの時を振り返って(特集 フィールドの安全対策を考える). 地理. 2020. 65. 9. 52-55
  • エチオピア 非常事態宣言の発出と農村社会. 月刊『地理』. 2020. 65. 6. 96-102
  • (巻頭特集)「ヤア住民による参詣者の歓待」. 『FIELDPLUS』. 2019. 22. 8-9
  • (新書紹介)「『ストリートの精霊たち』川瀬滋(2018)」. 『アフリカ研究』. 2018. 94. 93-95
  • (コラム)「スクリーンを超える「糸」から見る現実」. 『週間金曜日』. 2013. 930
more...
Books (4):
  • 「政変とフィールドワーク」
    古今書院 2020 ISBN:9784772271301
  • 「(コラム)フィールドで映画を作ること/見せること」
    2019 ISBN:9784812219065
  • 「ハドラに集う女性たち」
    明石書店 2017 ISBN:9784750344522
  • 「ショワ・オロモの悩みと対処-エチオピア・ボサト郡周辺の参詣にみられる「共同性」」
    風響社 2014 ISBN:9784894891944
Lectures and oral presentations  (14):
  • 松波康男(明治学院大学)「紛争との遭遇:南スーダンの事例から考える大使館との付き合い方」(分科会 時流にあわせ「フィールドワーカーの安全対策」について考え備えるには(代表:椎野若菜))
    (日本文化人類学会第54回研究大会 2020)
  • Healing Ritual or Cause of Suering: Spirit Possession in Rural Ethiopia
    (TUFS special seminar Contemporary Spirit(ual): Cults Revival or Continuity? -An Interdisciploinary Workshop- 2020)
  • Oromo Nationalism and the "Heritagisation" in Ethiopia
    (UP-TUFS Seminar 2018)
  • 南スーダンの紛争解決に対するIGAD構成国の関与
    (日本アフリカ学会第55回学術大会 2018)
  • Making pilgrimage to Ya'a: filmmaking as a collaborative work between filmmaker and the subject」
    (Preserving local knowledge in the Horn of Africa: Challenges and prospects for collaborative research in oral literature, music and ritual practices 2008)
more...
Works (13):
  • (巻頭特集)「ヤア住民による参詣者の歓待」、『FIELDPLUS』第22号、pp8-9、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
    2019 -
  • (新書紹介)「『ストリートの精霊たち』川瀬滋(2018)」、『アフリカ研究』、第94号、日本アフリカ学会。
    2018 -
  • (コラム)「スクリーンを超える「糸」から見る現実」、『週間金曜日』、第930号、株式会社金曜日
    2013 -
  • (写真)「エチオピア、参詣帰路」
    松波康男 2011 - 2011
  • エチオピア、参詣帰路
    2011 - 2011
more...
Education (3):
  • 2008 - 2015 Hitotsubashi University
  • 2007 - 2015 Hitotsubashi University
  • 2005 - 2007 Nanzan University
Professional career (4):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
  • 修士(人類学) (南山大学)
  • PhD (Sociology) (Hitotsubashi University)
  • MA (Anthropology) (Nanzan University)
Work history (14):
  • 2020/04 - 現在 Meijigakuin University Faculty of Sociology & Social Work Associated Professor
  • 2018/09 - 2020/03 Lecturer
  • 2018/09 - 2020/03 慶應大学 商学部 非常勤講師
  • 2018/09 - 2020/03 Komazawa University Faculty of Law
  • 2018/04 - 2020/03 Nanzan University Faculty of Humanities
Show all
Committee career (4):
  • 2019/04 - 現在 日本ナイル・エチオピア学会 ニュースレター編集委員
  • 2019/04 - 現在 日本ナイル・エチオピア学会 評議員
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 日本ナイル・エチオピア学会 第27回日本ナイル・エチオピア学会学術大会実行委員
  • 2017/04 - 2018/03 日本ナイル・エチオピア学会 第27日本ナイル・エチオピア学会学術大会実行委員
Association Membership(s) (3):
日本ナイル・エチオピア学会 ,  日本アフリカ学会 ,  日本文化人類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page