Rchr
J-GLOBAL ID:201801003177418088   Update date: Jan. 16, 2021

Ono Hitomi

Ono Hitomi
Affiliation and department:
Job title: 研究員
Other affiliations (1):
Research field  (4): History - Asia/Africa ,  Religious studies ,  Gender studies ,  Local studies
Research keywords  (6): gender history ,  Islamic law ,  Islamic studies ,  family law ,  Tunisia ,  area studies
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2024 イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究
  • 2020 - 2024 ムスリム社会におけるマスラハ(福利)の実践-弱者の権利をめぐる比較研究
  • 2020 - 2023 「アジア・ジェンダー史」の構築と「歴史総合」教材の開発
  • 2018 - 2021 「子の利益」にみる家族観の変容:チュニジアの法的実践とイスラーム的価値観の研究
Papers (7):
  • 小野仁美. ジェンダー公正をめざすフェミニズムとイスラーム-チュニジアの相続法改正問題. 立教ジェンダーフォーラム年報. 2020. 21. 21-32
  • TAKAHASHI Kei, ONO Hitomi, GOTO Emi, SAWAI Makoto. “Tradition” and Gender in Contemporary Islam: Introduction. Gender Studies. 2019. 21. 109-120
  • Hitomi Ono. The Concept of the Family and Gender Norms: The Works of Tunisian Islamic Scholar Ibn ‘Āshūr. Gender Studies. 2019. 21. 121-131
  • Hitomi Ono. Shari’a and Women in Contemporary Tunisia: Islamic feminism by Rashid Ghannushi (in Japanese). The World of Islam(Association for Islamic Studies in Japan). 2015. 83. 83. 1-29
  • Hitomi Ono. The view of child in classical Islamic law of the Maliki madhghab among ikhtilaf of scholars (dissertation, in Japanese). The University of Tokyo. 2011
more...
MISC (11):
  • 小野仁美. 特集 学界回顧2020、法制史、東洋法制史 5 イスラーム法. 法律時報. 2020. 92. 13. 234-235
  • 小野仁美. イスラームでは性がどのように捉えられているか?. 藤本高之編『イスラーム映画祭アーカイブ2015-2020』イスラーム映画祭(発行). 2020. 93-94
  • 岩崎えり奈・小野仁美(共著). 『北アフリカにおける福祉とコミュニティ : チュニジアを中心に : 調査研究報告書』(第一生命財団編). 2020
  • 小野仁美. 特集 学界回顧2019、法制史、東洋法制史 5 イスラーム法. 法律時報. 2019. 91. 13. 237-238
  • 小野仁美. 「チュニジアの法改正をめぐるジェンダー平等への道」. Libra. 2019. 65. 2
more...
Books (8):
  • Transborder Social Mouvements ( Islam & Gender Studies 2)
    2020
  • 新世界の社会福祉 第11巻 中東/アフリカ
    旬報社 2020 ISBN:9784845115976
  • Children and Childhood in Islam
    2019 ISBN:9784766426410
  • Marriage and Divorce (Islam & Gender Studies 1)
    2019 ISBN:9784750349381
  • 『歴史を読み替える ジェンダーから見た世界史』
    大月書店 2014 ISBN:427250181X
more...
Lectures and oral presentations  (25):
  • 第15回 女性史学賞 受賞記念講演 「イスラーム法の中に<子ども>を探す試み」
    (2020年度 第15回 女性史学賞授賞式)
  • チュニジアの女性裁判官と「子の利益」
    (「中東イスラーム圏における社会的弱者の権利を考える」(NIHU現代中東地域研究上智拠点研究会 ) 2020)
  • 21世紀におけるマカースィド・シャリーア理論の展開
    (日本中東学会第36回年次大会特別研究集会 2020)
  • イスラム・フェミニズムの展開-信仰として、戦略として
    (科研費基盤研究(A)「ジェンダー視点に立つ『新しい世界史』の構想と『市民教養』としての構築・発信」(研究代表者 三成美保 奈良女子大学)国際シンポジウム「アジアから問うジェンダー史--世界史を読み替える」 2019)
  • チュニジアの子ども保護法と「子の利益」
    (科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学構築のための基礎的総合的研究」「ムスリム社会における「弱者の権利」」第2回研究会 2019)
more...
Education (3):
  • 2002 - 2008 東京大学大学院 人文社会系研究科(アジア文化研究専攻)博士課程
  • 2000 - 2002 東京大学大学院 人文社会系研究科(アジア文化研究専攻)修士課程
  • 1984 - 1989 Tokyo University of Foreign Studies
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東京大学)
Work history (10):
  • 2020/04 - 現在 Chiba University of Commerce
  • 2019/10 - 現在 The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology
  • 2012/04 - 現在 Tama Art University Lecturer
  • 2012/04 - 現在 Rikkyo University Lecturer
  • 2019/04 - 2020/03 Gakushuin University
Show all
Awards (1):
  • 2020/10 - 女性史学賞(奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター) 『イスラーム法の子ども観-ジェンダーの視点でみる子育てと家族』(慶應義塾大学出版会 2019年)
Association Membership(s) (3):
THE GENDER HISTORY ASSOCIATION OF JAPAN ,  Association for Islamic Studies in Japan ,  JAPAN ASSOCIATION FOR MIDDLE EAST STUDIES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page