Rchr
J-GLOBAL ID:201801004013267387   Update date: Mar. 18, 2019

ARA Yuriko

ARA Yuriko
Affiliation and department:
Research field  (1): Archaeology
Research keywords  (5): Copper production ,  Eurasian Steppe ,  Bronze artifact ,  Bronze Age ,  Central Asia
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2016 - 2017 カザフスタンとロシア(ウラル、シベリア地域)における初期金属生産関連遺跡・ 遺物の基礎的研究
  • 2015 - 2015 ケンブリッジ大学での訪問学生としての活動
  • 2011 - 2013 青銅器時代における社会の複雑化-中央ユーラシア草原地帯の研究-
Papers (15):
  • 荒 友里子. 冶金関連遺跡からみた中央アジア北部 における専業の初現と度合い. WASEDA RILAS JOURNAL. 2017. 5. 476-481
  • 荒 友里子. 南ウラルとカザフスタンにおける青銅器時代銅生産遺跡の検討. 第18回北アジア調査研究報告会. 2016
  • 荒 友里子. アイグルジャル3遺跡出土青銅器の特徴と文化的位置づけ. キルギスとその周辺地 域における遊牧社会の形成. 2016. 43-50
  • Yuriko ARA. Review: IAMS summer school 2015. The Crucible Historical Metallurgy Society News 90. 2015. 35-46
  • Yuriko ARA. Comparing Bronze Age metallurgical artifacts from Southern Urals, Central Asia and Siberia. Ancient metallurgy of the Sayan-Altai and east Asia. 2015. 35-46
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • 冶金関連遺跡からみた中央アジア北部における専業の初現と度合い
    (早稲田大学西アジア考古学勉強会設立25周年記念 シンポジウム『考古学から捉える社会変化-モノづくりと専業化』 2017)
  • 南ウラルとカザフスタン における青銅器時代銅生産遺跡の検討
    (第18回北アジア調査研究報告会 2017)
  • 中央アジアにおける青銅器生産と遊牧社会
    (中央アジア考古学研究会 キルギスとその周辺地域における遊牧社会の形成 2016)
  • Comparing Bronze Age metallurgical artifacts from Southern Urals, Central Asia and Siberia
    (Ancient Metallurgy of the Sayan-Altai and East Asia: the Minusinsk Basin and Bordering Territories 2015)
  • Reconsidering bronze daggers in Sintashta culture (South Urals, Russia) -classification according to the manufacturing process and the importance of shape -
    (University of Cambridge Asian Archaeology Seminars 2015)
more...
Works (2):
  • キルギス・ナリン川流域青銅器時代遺跡の発掘調査に参加
    荒 友里子 2014 - 2015
  • ウラル山脈東麓からヴォルガ川流域にかけての考古学調査(発掘調査および資料調査)
    荒 友里子 2011 - 2013
Awards (1):
  • 2012/08 - アジア鋳造技術史学会 アジア鋳造技術史学会2011年度研究奨励賞実験調査研究部門
Association Membership(s) (2):
THE SOCIETY FOR THE HISTORY OF ASIAN CASTING TECHNOLOGY ,  JAPANESE SOCIETY FOR WEST ASIAN ARCHAEOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page