Rchr
J-GLOBAL ID:201801004166706819   Update date: Oct. 30, 2018

Kaneko Yoshiyuki

Kaneko Yoshiyuki
Affiliation and department:
Research field  (1): Accounting
Research keywords  (3): 公会計 ,  税務会計 ,  財務会計
Papers (12):
  • 金子 善行. ドイツ会計制度に通底する基本思考に関する一考察-Moxter学説およびEibelshäuser学説を中心として-. 會計. 2018. 194. 4. 51-65
  • 金子 善行. Eibelshäuser学説における公会計論-企業会計と公会計に通底する会計思考の検討-. 財務会計研究. 2018. 12. 65-86
  • 金子 善行. 簿記教育における高大連携に関する現状-帝京大学経済学部における連携教育-. 日本簿記学会簿記教育研究部会『高大連携の視点から考える簿記教育』(中間報告). 2017. 45-50
  • 金子 善行. ドイツ公会計基準における世代間衡平性の意義-将来世代の保護による現在世代と将来世代の利害調整-. 會計. 2016. 190. 6. 71-84
  • 金子 善行. 井上簿記における帳簿組織. 日本簿記学会簿記理論研究部会『帳簿組織の研究』(最終報告). 2016. 23-30
more...
MISC (2):
  • 金子 善行. 学会ルポ 日本簿記学会第33回全国大会 統一論題「資産会計と複式簿記-財務諸表の表示と勘定科目をめぐって-」. 企業会計. 2017. 69. 11. 141
  • 金子 善行. 学会ルポ 日本簿記学会第30回関東部会 統一論題「簿記教育および簿記検定の評価とあり方」. 企業会計. 2014. 66. 12. 149
Books (14):
  • エッセンス簿記会計 第14版
    森山書店 2018
  • 会社決算書アナリスト検定試験 公式テキスト
    ネットスクール出版 2018
  • 全商会計実務検定試験テキスト 財務諸表分析 九訂版
    実教出版 2018
  • 財務会計の理論と制度
    中央経済社 2018
  • 会計学・簿記入門 第13版
    白桃書房 2017
more...
Lectures and oral presentations  (3):
  • 経済主体観と世代間衡平性-Johns学説とLüder学説に依拠して-
    (日本簿記学会第34回全国大会 2018)
  • 正規の簿記の諸原則とドイツ公会計論-Eibelshäuserの所説を中心として-
    (財務会計研究学会第11回大会 2017)
  • ドイツ公会計基準における世代間衡平性の意義-将来世代の保護による現在世代と将来世代の利害調整-
    (日本会計研究学会第75回全国大会 2016)
Education (4):
  • 2012 - 2015 Hitotsubashi University
  • 2010 - 2012 Hitotsubashi University
  • 2007 - 2009 Waseda University
  • 2003 - 2007 Sophia University Department of Management
Professional career (1):
  • 博士(商学) (一橋大学)
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Teikyo University Faculty of Economics, Department of Business Administration
  • 2014/04 - 2017/03 Teikyo University Faculty of Economics, Department of Business Administration
Awards (1):
  • 2014/11 - 財務会計研究学会 学会奨励賞
Association Membership(s) (5):
国際公会計学会 ,  グローバル会計学会 ,  財務会計研究学会 ,  日本簿記学会 ,  日本会計研究学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page