Rchr
J-GLOBAL ID:201801004331915037   Update date: Apr. 18, 2020

Nonogaki Manabu

ノノガキ マナブ | Nonogaki Manabu
Affiliation and department:
Job title: 助教
Homepage URL  (1): http://www.rehabili-yokohama.com/
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (5): がんリハビリテーション ,  急性期リハビリテーション ,  rehabilitation ,  人間医工学 ,  リハビリテーション・福祉工学
Papers (26):
  • 畑山 聡, 野々垣 学, 権上 和彦, 坂本 晴美, 三浦 孝臣. Introduce Medical Bills to Maintain and Improve ADL in Surgical Wards. 共済医報. 2019. 68. 1. 37-40
  • 和田 ゆりあ, 安 泰成, 野間 友紀, 高野 寿子, 高橋 剛司, 宮 直利, 野々垣 学, 田中 啓之. Efforts to Access Fee for Health Care Service of Nutrition Support Team as. 共済医報. 2018. 67. 4. 404-408
  • 安 泰成, 萩原 有紀, 吉川 明彦, 中村 友紀, 高野 寿子, 野々垣 学, 田中 啓之. 栄養サポートチームの早期介入は患者と病院に良好なアウトカムをもたらす (第64回共済医学会特集) -- (シンポジウム KKR病院におけるチーム医療の効用と今後の展望). 共済医報. 2016. 65. 2. 219-223
  • 野々垣 学, 杉 徳臣, 内藤 咲月, 佐鹿 博信, 菊地 尚久, 水落 和也. 多発骨折患者における回復期リハビリテーション病棟の利用の分析. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014. 51. Suppl. S337-S337
  • 野々垣 学, 高田 薫子, 佐鹿 博信, 菊地 尚久, 水落 和也. 回復期リハビリテーション病棟入院料の変更による変化について. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2013. 50. Suppl. S352-S352
more...
Books (5):
  • クエスチョン・バンク 作業療法士 国家試験問題解説2020 専門問題
    MEDIC MEDIA 2019
  • クエスチョン・バンク 理学療法士 国家試験問題解説2020 専門問題
    MEDIC MEDIA 2019
  • クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士 国家試験問題解説2020 共通問題
    MEDIC MEDIA 2019
  • 第113回 医師国家試験問題解説
    MEDIC MEDIA 2019
  • クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2019
    MEDIC MEDIA 2019
Lectures and oral presentations  (30):
  • 回復期リハビリテーション病棟立ち上げ時のリハビリテーション科医に対する要望について
    (第56回日本リハビリテーション医学会学術集会 2019)
  • がん患者リハビリテーション料を算定できないがんのリハビリテーションの検討
    (第55回日本リハビリテーション医学会学術集会 2018)
  • がんのリハビリテーション研修会に参加した他科医師によるリハビリテーション処方の検討
    (第54回日本リハビリテーション医学会学術集会 2017)
  • 人を対象とする医学的研究に関する倫理指針が、リハビリテーション研究・発表に与える影響について
    (第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 2016)
  • 多発骨折患者における回復期リハビリテーション病棟の利用の分析
    (第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 2014)
more...
Work history (4):
  • 2019/04 - 現在 Yokohama City University Hospital Rehabilitation Medicine
  • 2006/04 - 2018/03 Yokosuka Kyousai Hospital Rehabilitation Medicine
  • 2003/04 - 2006/03 Chigasaki Municipal Hospital Rehabilitation Medicine
  • 2000/04 - 2003/03 Yokohama City University Hospital Rehabilitation Medicine
Committee career (3):
  • 2014/02 - 現在 日本リハビリテーション医学会 代議員
  • 2010/10 - 2016/09 日本リハビリテーション医学会 教育委員会
  • 2006/04 - 2010/03 日本リハビリテーション医学会 広報委員会
Association Membership(s) (6):
JAPAN SOCIETY FOR HIGHER BRAIN DYSFUNCTION ,  JAPANESE SOCIETY FOR PARENTERAL AND ENTERAL NUTRITION ,  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF PROSTHETICS AND ORTHOTICS ,  日本脊髄障害医学会 ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF REHABILITATION MEDICINE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page