Rchr
J-GLOBAL ID:201801004696073094   Update date: Jul. 22, 2022

Ota Yusuke

Ota Yusuke
Affiliation and department:
Research field  (1): History of thought
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2024 Political subjects and Etienne Balibar's philosophy in the age of French declonization
  • 2017 - 2019 現代共同体論ーエティエンヌ・バリバールを中心とするフランス語圏思想
  • 2014 - 2017 戦後フランスにおける政治的なものと政治的主体の思想史-E・バリバールを軸として
Papers (10):
  • 太田悠介. 「ポスト・コロナの民主主義へーネグリ=ハートとバリバール」. 福音と世界. 2022. 77. 8. 12-17
  • 太田悠介. 「持続可能な食肉からエコロジー社会へーマリー=モニク・ロバン『パンデミックの生産』の世界」. 現代思想. 2022. 50. 7. 194-206
  • 太田悠介. 「歐洲作為一個消失的中介:艾提安‧巴利巴爾(Etienne Balibar)哲學的勇氣」. 文化研究季刊. 2017. 159
  • 太田悠介. 「共同体への情念-『フランスという坩堝』が描く移民の第二世代」. 現代思想. 2015. 43. 20. 208-217
  • 太田悠介. 「矛盾と暴力-エティエンヌ・バリバールの政治哲学序説」. 社会思想史研究. 2013. 37. 131-151
more...
MISC (6):
  • エティエンヌ・バリバール, イマニュエル・ウォーラーステイン, 聞き手:マニュエラ・ボヤディエフ, 翻訳・解題:太田悠介, 中山智香子. 「人種主義を乗り越えることはできるかーエティエンヌ・バリバールとイマニュエル・ウォーラーステインの対話」. 神戸外大論叢. 2021. 73. 1. 69-100
  • 太田悠介. 資本主義と人種主義--『人種・国民・階級』から 30 年. 社会思想史学会第43回大会セッション報告書. 2019
  • ジェラール・ノワリエル. (翻訳)「社会における歴史の役割」. 日仏文化. 2018. 87. 39-49
  • 太田悠介. 「しなやかな笑いが個をつなぐ」(ジェラール・ノワリエル『ショコラ』書評). 図書新聞. 2017. 3302
  • 太田悠介. 「フランス移民問題の再審ーG・ノワリエル『フランスという坩堝』が映し出す未来」. 社会思想史学会第40回大会セッション報告書. 2016
more...
Books (6):
  • 『ブラック・ライヴズ・マターから学ぶーアメリカからグローバル世界へ』
    東京外国語大学出版会 2022
  • 『民主主義の発明-全体主義支配の限界』
    勁草書房 2017
  • 『フランスというるつぼ-19世紀から20世紀の移民史』
    法政大学出版局 2015
  • Kultur im Spiegel der Wissenschaften
    Iudicium 2014
  • 『北京のアダム・スミス-21世紀の諸系譜』
    作品社 2011
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • エティエンヌ・バリバールと政治--人種主義の分析から移民社会の共同性へ
    (社会思想史学会第43回大会 2018)
  • 「民主主義を未完成するークロード・ルフォール『民主主義の発明』の現代性」
    (全体主義と民主主義ークロード・ルフォール『民主主義の発明ー全体主義の限界』邦訳出版記念シンポジウム 2017)
  • « Quelques mots sur la conférence de Monsieur Gérard Noiriel: La nation vue par les historiens français (XIXe-XXe siècles) »
    (日仏会館人文社会系セミナー 2017)
  • 「エティエンヌ・バリバールと『消滅する媒介者』としてのヨーロッパ」
    (日本フランス語フランス文学会2017年度春季大会 2017)
  • « Europe as a vanishing mediator. Courage of Etienne Balibar’s Philosophy »
    (Young Scholars’ Forum. Critical Theories and Local Societies: How do philosophy, theories and concepts travel ?, National Chiao Tung University (Taiwan) 2016)
more...
Education (4):
  • 2006 - 2015 Tokyo University of Foreign Studies
  • 2009 - 2015 パリ第8大学 「意味の実践と理論」コース
  • 2004 - 2006 Tokyo University of Foreign Studies
  • 2000 - 2004 Waseda University
Professional career (2):
  • 博士(学術) (東京外国語大学)
  • 博士(哲学) (パリ第8大学)
Work history (11):
  • 2018/04 - 現在 Kobe City University of Foreign Studies The Course of General Culture
  • 2021/09 - 2022/02 Kobe University Faculty of Global Human Sciences
  • 2017/04 - 2018/03 Hosei University Faculty of Intercultural Communication
  • 2017/04 - 2018/03 Hitotsubashi University Graduate School of Economics
  • 2016/09 - 2018/03 Sophia University Faculty of Foreign Studies, Department of French Language and Studies
Show all
Association Membership(s) (2):
LA SOCIETE JAPONAISE DE LANGUE ET LITTERATURE FRANCAISES / THE JAPANESE SOCIETY OF FRENCH LANGUAGE & LITERATURE ,  THE SOCIETY FOR THE HISTORY OF SOCIAL THOUGHTS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page