Rchr
J-GLOBAL ID:201801005068318785   Update date: Oct. 06, 2021

Kennosuke Sato

サトウ ケンノスケ | Kennosuke Sato
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Civil engineering (materials, implementation, construction management)
Research keywords  (2): コンクリート ,  セメント
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2023 エトリンガイト二次生成により劣化したコンクリートの性能予測手法の構築
  • 2021 - 2022 DEFによる内部損傷が生じたセメント硬化体の空隙構造および物質移動性状の評価
  • 2020 - 2021 C-S-Hの硫酸イオン収着性状の評価と収着メカニズムの解明
  • 2018 - 2020 C-S-Hの共存作用に基づくエトリンガイトの膨張性評価手法の構築
  • 2016 - 2018 遅れエトリンガイトの生成によるコンクリート膨張・ひび割れメカニズムの解明
Show all
Papers (28):
  • Herly Nicolas, Otsuka Sakata, Kennosuke Sato, Shigehiko Saito. Evaluation of Pore Structure of Hardened Cement Paste Immersed in Sodium Sulfate Solution. Proceedings of XV edition of the International Conference on Durability of Building Materials and Components (DBMC2020). 2020. 975-982
  • Kennosuke Sato, Tsuyoshi Saito, Tatsuhiko Saeki. Effect of Coexisting Materials on Secondary Ettringite Formation. Proceedings of XV edition of the International Conference on Durability of Building Materials and Components (DBMC2020). 2020. 1377-1384
  • 中村宗一郎, 斉藤成彦, 佐藤賢之介, 渡辺忠朋. PCはり部材に生じる軸方向ひび割れの再現と耐荷性状の評価. コンクリート工学年次論文集. 2020. 42. 2. 379-384
  • 高市大輔, 斎藤豪, 佐藤賢之介, 佐伯竜彦. 重液分離とXRD/Rietveld解析を用いたモルタルの相組成の定量精度の検討. 2020. 69. 5. 416-420
  • Otsuka Sakata, Herly Nicolas, 佐藤賢之介, 齊藤成彦. Influence of short-term immersion in sodium sulfate on property of oxygen transport in hardened cement paste. Cement Science and Concrete Technology. 2020. 73. 1. 79-86
more...
MISC (23):
  • 柴山大明, 齊藤成彦, 佐藤賢之介. 断面内の鋼材腐食性状を変化させた PCはりの破壊実験. 令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会. 2020
  • 佐藤賢之介, 立川大泰, 齊藤成彦. C-S-Hの硫酸イオン収着性状に及ぼすC/S比および共存アルカリ種の影響. 令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会. 2020
  • 渡邊直哉, 佐藤賢之介, 齊藤成彦. C-S-Hの共存によるエトリンガイト二次生成挙動の経時変化. 令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会. 2020
  • 田口大貴, 斉藤成彦, 佐藤賢之介. 数値解析によるスタッドの配置間隔を変化させた合成桁の耐荷性状評価. 令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会. 2020
  • 渡邊直哉, 佐藤賢之介, 齊藤成彦. C-S-H の共存がエトリンガイト二次生成挙動の経時変化に及ぼす影響. 第74回セメント技術大会講演要旨. 2020
more...
Patents (2):
  • 吸着性組成物、吸着性組成物の製造方法、成形体および建材
  • ビーライトの製造方法
Lectures and oral presentations  (27):
  • Evaluation of Pore Structure of Hardened Cement Paste Immersed in Sodium Sulfate Solution
    (15th International Conference on Durability of Building Materials and Components 2020)
  • Effect of Coexisting Materials on Secondary Ettringite Formation
    (15th International Conference on Durability of Building Materials and Components 2020)
  • C-S-Hによる硫酸イオン収着性状に及ぼすC/S比および共存アルカリ種の影響
    (令和2年度土木学会全国大会 第75回学術講演会 2020)
  • C-S-Hの共存によるエトリンガイト二次生成挙動の経時変化
    (令和2年度土木学会全国大会 第75回学術講演会 2020)
  • 断面内の鋼材腐食性状を変化させたPCはりの破壊実験
    (令和2年度土木学会全国大会 第75回学術講演会 2020)
more...
Education (5):
  • 2015 - 2018 Niigata University 環境科学専攻
  • 2015 - 2015 Niigata University 環境科学専攻
  • 2015 - 2015 Niigata University 環境科学専攻
  • 2015 - 2015 Niigata University 環境科学専攻
  • - 2013 Niigata University Department of Civil and Architecture
Professional career (2):
  • Doctor of Engineering (Niigata University)
  • 博士(工学) (新潟大学)
Work history (2):
  • 2018/03/01 - 国立大学法人山梨大学 大学院 総合研究部 工学域 土木環境工学系 助教
  • 2018/03/01 - 国立大学法人山梨大学 大学院 総合研究部 工学域 土木環境工学系 特任助教
Committee career (6):
  • 2021/03/22 - 山梨県 建設工事紛争審査会委員
  • 2020/04 - 2021/03 日本コンクリート工学会 内部膨張反応によるコンクリートの膨張評価と予測に関するFS委員会
  • 2020/04 - 日本コンクリート工学会 実構造物の劣化予測における学術研究の役割とその成果の活用に関する研究委員会
  • 2020/04 - 日本コンクリート工学会 文献調査委員会
  • 2020/04 - 日本コンクリート工学会 情報コミュニケーション委員会
Show all
Awards (3):
  • 2020/11/01 - 公益社団法人土木学会 土木学会全国大会 第75回年次学術講演会優秀論文賞 C-S-Hの硫酸イオン収着性状に及ぼすC/S比および共存アルカリ種の影響
  • 2017/08/01 - 一般社団法人セメント協会 第71回セメント技術大会優秀講演者賞 共沈法によるC-S-Hの合成と低温焼成したβ-C2Sの水和反応
  • 2015/08/01 - 一般社団法人セメント協会 第69回セメント技術大会優秀講演者賞 硫酸塩の作用によるエトリンガイトの生成が硫酸イオン移動性状に及ぼす影響
Association Membership(s) (2):
Japan Society of Civil Engineers ,  公益社団法人 日本コンクリート工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page