Rchr
J-GLOBAL ID:201801005273927603   Update date: May. 07, 2021

Sato Ko

サトウ コウ | Sato Ko
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (3): Virology ,  Bacteriology ,  Infectious disease
Research keywords  (3): ウイルス学 ,  クリプトコックス症 ,  感染免疫
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2020 - 2021 クリプトコックスの潜伏感染・内因性再燃診断のためのIGRA法の開発
  • 2019 - 2021 皮膚-肝臓間クロストークによる創傷治癒の制御、糖尿病における制御機構の破綻
  • 2019 - 2021 ハイリスク状態におけるクリプトコックスに対する易感染性の免疫機序の解明
  • 2018 - 2019 Fタンパクの開裂領域に蛋白分解酵素フリンによるアミノ酸配列認識パターンを有する3型ヒトパラインフルエンザウイルスの解析
  • 2017 - 2018 C型インフルエンザウイルスHEタンパクの開裂に関わる宿主プロテアーゼの解析
Show all
Papers (28):
  • Hiromasa Tanno, Emi Kanno, Suzuna Sato, Yu Asao, Mizuki Shimono, Shiho Kurosaka, Yukari Oikawa, Shinyo Ishi, Miki Shoji, Ko Sato, et al. Contribution of invariant natural killer t cells to the clearance of pseudomonas aeruginosa from skin wounds. International Journal of Molecular Sciences. 2021. 22. 8
  • Hideki Yamamoto, Chikako Tomiyama, Ko Sato, Jun Kasamatsu, Kazuki Takano, Aya Umeki, Nana Nakahata, Tomomitsu Miyasaka, Emi Kanno, Hiromasa Tanno, et al. Dectin-2-mediated initiation of immune responses caused by influenza virus hemagglutinin. Biomedical research (Tokyo, Japan). 2021. 42. 2. 53-66
  • Kenji Yamaguchi, Emi Kanno, Hiromasa Tanno, Ayako Sasaki, Yuki Kitai, Takayuki Miura, Naoyuki Takagi, Miki Shoji, Jun Kasamatsu, Ko Sato, et al. Distinct Roles for Dectin-1 and Dectin-2 in Skin Wound Healing and Neutrophilic Inflammatory Responses. The Journal of investigative dermatology. 2021. 141. 1. 164-176
  • Shigenari Ishizuka, Rin Yokoyama, Ko Sato, Ryuhei Shiroma, Ayako Nakahira, Hideki Yamamoto, Kazuki Takano, Takafumi Kagesawa, Tomomitsu Miyasaka, Jun Kasamatsu, et al. Effect of CARD9 Deficiency on Neutrophil-Mediated Host Defense against Pulmonary Infection with Streptococcus pneumoniae. Infection and immunity. 2020. 89. 1
  • Yuki Sato, Ko Sato, Hideki Yamamoto, Jun Kasamatsu, Tomomitsu Miyasaka, Daiki Tanno, Anna Miyahara, Takafumi Kagesawa, Akiho Oniyama, Kotone Kawamura, et al. Limited Role of Mincle in the Host Defense against Infection with Cryptococcus deneoformans. Infection and immunity. 2020. 88. 11
more...
MISC (43):
  • 佐藤 光, 川上 和義. NTMと肺真菌症 クリプトコックスの内因性再燃発症の可能性 結核との類似性. 結核. 2020. 95. 5. 86-86
  • 佐藤 光, 川上 和義. 真菌・細菌感染防御と肉芽腫・多核巨細胞 クリプトコックス及び結核菌感染に対するTh1免疫応答を介した感染防御機構. 日本医真菌学会雑誌. 2020. 61. Suppl. 46-46
  • 佐藤 光, 笠松 純, 山本 秀輝, 石井 恵子, 川上 和義. クリプトコックス感染防御におけるClaudins欠損の影響. 日本医真菌学会雑誌. 2020. 61. Suppl. 81-81
  • 笠松 純, 佐藤 光, 北井 優貴, 川上 和義. グルコシルセラミドを標的としたクリプトコックスワクチン開発のための基礎的検討. 日本医真菌学会雑誌. 2020. 61. Suppl. 81-81
  • 佐藤 光, 石井 恵子, 川上 和義. 肺炎球菌感染症に対する現行ワクチンの特徴と次世代ワクチンの開発. 日本化学療法学会雑誌. 2020. 68. 4. 518-531
more...
Books (1):
  • ウイルス検査法 臨床と検査室のための手引き
    春恒社 2018
Lectures and oral presentations  (34):
  • クリプトコックス感染防御におけるClaudin欠損の影響
    (第95回日本感染症学会学術講演会・第69回日本化学療法学会総会 2021)
  • クリプトコックス感染防御におけるMincleの役割
    (第4回東北医真菌研究会 2020)
  • クリプトコックスの内因性再燃発症の可能性:結核との類似性
    (第95回日本結核・非結核性抗酸菌症学会総会・学術講演会 2020)
  • クリプトコックス感染防御におけるClaudins欠損の影響
    (第64回日本医真菌学会総会・学術集会 2020)
  • クリプトコックス及び結核菌感染に対するTh1免疫応答を介した感染防御機構
    (第64回日本医真菌学会総会・学術集会 2020)
more...
Education (3):
  • 2014 - 2018 東北大学大学院 後期博士課程
  • 2012 - 2014 東北大学大学院 前期博士課程
  • 2008 - 2012 Tohoku University School of Health Sciences, School of Medicine
Professional career (1):
  • 保健学博士 (東北大学)
Work history (4):
  • 2021/04 - 現在 東北大学大学院医学系研究科 感染分子病態解析学分野 助教
  • 2019/07 - 現在 仙台医療センター 臨床研究部ウイルスセンター 客員研究員
  • 2018/10 - 現在 Tohoku University Graduate School of Medicine Department of Intelligent Network for Infection Control Assistant Professor
  • 2014/04 - 2018/09 仙台医療センター 臨床研究部ウイルスセンター 臨床検査技師
Awards (6):
  • 2020/02 - 仙台医療センター 令和元年度 臨床研究部助成研究報告会 最優秀ポスター賞
  • 2019/04 - 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 優秀演題賞
  • 2018/03 - 平成29年度仙台医療センター優秀論文賞
  • 2017/07 - 第53回宮城県公衆衛生学会学術総会 優秀演題賞
  • 2017/03 - 平成28年度仙台医療センター優秀論文賞
Show all
Association Membership(s) (7):
JAPANESE ASSOCIATION OF MEDICAL TECHNOLOGISTS ,  THE JAPANESE ASSOCIATION FOR INFECTIOUS DISEASES ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR MEDICAL MYCOLOGY ,  JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR VIROLOGY ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY ,  日本生体防御学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page