Rchr
J-GLOBAL ID:201801005353129180   Update date: Jan. 30, 2024

Makoto Shiraishi

Makoto Shiraishi
Affiliation and department:
Research field  (1): Neurology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2022 - 2026 継続的な生体・行動データに基づく認知症の初期症状検出と進行予防支援システム
  • 2021 - 2024 パーキンソン病の垂直姿勢保持困難への主観的垂直位測定による評価手法の確立
Papers (107):
  • Hirofumi Matsumoto, Makoto Shiraishi, Ariaki Higashi, Sakae Hino, Mayumi Kaburagi, Heisuke Mizukami, Futaba Maki, Junji Yamauchi, Kenichiro Tanabe, Tomoo Sato, et al. The Forward and Lateral Tilt Angle of the Neck and Trunk Measured by Three-Dimensional Gait and Motion Analysis as a Candidate for a Severity Index in Patients with Parkinson's Disease. Neurology international. 2022. 14. 3. 727-737
  • Kyohei Mikami, Makoto Shiraishi, Tsutomu Kamo. Effect of subjective vertical perception on lateral flexion posture of patients with Parkinson's disease. Scientific reports. 2022. 12. 1. 1532-1532
  • Yukinori Okada, Makoto Shiraishi, Koji Hori, Keiichro Yamaguchi, Yasuhiro Hasegawa. Relationship between cerebral blood flow reduction patterns on scintigraphy and nonmotor symptoms in new-onset Lewy body disease. Nuclear medicine review. Central & Eastern Europe. 2022. 25. 1. 18-24
  • Yuta Hagiwara, Takahiro Shimizu, Toshiyuki Yanagisawa, Yukari Akasu, Kei Kaburagi, Takayuki Kikuchi, Soichiro Shibata, Hirofumi Matsumoto, Kaima Soga, Yoko Tsuchihashi, et al. Utility of transoral motion-mode ultrasonography to detect tongue fasciculation in patients with amyotrophic lateral sclerosis. Muscle & nerve. 2021. 63. 6. 909-913
  • Kyohei Mikami, Makoto Shiraishi, Tsutomu Kamo. Subjective postural vertical in Parkinson's disease with lateral trunk flexion. Acta neurologica Scandinavica. 2020. 142. 5. 434-442
more...
MISC (198):
  • 白石 眞, 戸兵 雄子, 成田 信義, 松本 博文, 三宅 仁. 職域健診者を対象とした生活習慣病リスクコントロールが無症候性脳虚血病巣に及ぼす影響. 日本臨床生理学会雑誌. 2022. 52. 4. 60-60
  • 三上 恭平, 白石 眞, 加茂 力. COVID-19環境下におけるPDおよびPD関連疾患患者の外来リハビリテーション受診動態への影響. パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集. 2022. 16回. 114-114
  • 水上 平祐, 白石 眞, 鏑木 真弓, 日野 栄絵, 鏑木 圭, 菊池 崇之, 松本 博文, 山野 嘉久. パーキンソン病患者におけるカルニチン欠乏症の検討. パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集. 2022. 16回. 115-115
  • 鏑木 真弓, 水上 平祐, 松本 博文, 菱田 吉明, 緒方 聖友, 韓 蔚, 白石 眞, 山野 嘉久. 免疫チェックポイント阻害薬(ペムブロリズマブ)によるParkinsonism. 臨床神経学. 2022. 62. 4. 316-316
  • 水上平祐, 白石眞, 鏑木真弓, 日野栄絵, 鏑木圭, 松本博文, 眞木二葉, 山野嘉久. パーキンソン病患者における血中カルニチン濃度の検討. 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集. 2022. 63rd
more...
Lectures and oral presentations  (114):
  • DATの現状と課題
    (PD診療Webセミナー~DAT治療とリハビリテーション療法を両立させる~ 2021)
  • LCIG治療を成功に導く多職種連携~脳神経内科医・看護師の立場から~
    (南九州LCIGエキスパートミーティング 2021)
  • テーマ パーキンソン病治療を成功に導く多職種連携
    (難治性疾患研修会 2021)
  • 講演2 気になるパーキンソン病治療について詳しく解説!
    (パーキンソン病WEB市民公開講座 2021)
  • オピカポンに適する症例をどのように判断する?
    (オンジェンティス発売1周年記念講演会 2021)
more...
Education (4):
  • 2002 - 聖マリアンナ医科大学大学院博士課程修了 博士(医学)取得
  • 1999 - 1999 Juntendo University Faculty of Medicine
  • 1999 - 1999 Danish Aerospace Medical Center of Research
  • 1990 - 1996 St.Marianna University School of Medicine Depertment of Medicine
Work history (10):
  • 2023/04 - 現在 聖マリアンナ医科大学医学部付属大学病院 パーキンソン病治療センター センター長(併任)
  • 2016/04 - 現在 聖マリアンナ医科大学医学部付属大学病院 メディカルサポートセンター 副センター長(併任)
  • 2020/11 - 2023/03 聖マリアンナ医科大学医学部付属大学病院 パーキンソン病治療センター 副センター長(併任)
  • 2022/07 - St.Marianna University School of Medicine
  • 2019/08 - 2022/06 St.Marianna University School of Medicine
Show all
Committee career (4):
  • 2020/08 - 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ) 評議員
  • 2016/11 - 日本神経治療学会 評議員
  • 2013/06 - 日本神経学会 代議員
  • 2004/11 - 日本臨床生理学会 評議員
Awards (1):
  • 2012/12 - 日本神経治療学会 最優秀論文賞
Association Membership(s) (15):
日本心血管脳卒中学会 ,  Movement Disorder Society ,  日本認知症学会 ,  日本プライマリーケア学会 ,  日本東洋医学会 ,  日本リハビリテーション医学会 ,  日本頭痛学会 ,  日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ) ,  日本自律神経学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本神経治療学会 ,  日本臨床生理学会 ,  日本神経学会 ,  聖マリアンナ医学会 ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page