Rchr
J-GLOBAL ID:201801006160494030   Update date: May. 25, 2021

Kenta Inouchi

Kenta Inouchi
Affiliation and department:
Research field  (1): Literature - Japanese
Research keywords  (2): 源氏物語 ,  中古文学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2023 古典教育における主体的・対話的な学びを実現するための教材・授業の研究
MISC (5):
  • 井内 健太. 『源氏物語』柏木の密通事件における意識. 東京大学国文学論集. 2018. 13. 19-35
  • 井内 健太. 『源氏物語』須磨・明石巻の天変. 国語と国文学. 2018. 95. 2. 20-35
  • 井内 健太. 『源氏物語』における冷泉帝の罪について. 東京大学国文学論集. 2017. 12. 63-79
  • 井内 健太. 『源氏物語』花宴の史実と虚構 : 「探韻」を中心に. むらさき. 2016. 53. 22-31
  • 井内 健太. 『源氏物語』藤壺の密通における「心の鬼」について. 国語と国文学. 2016. 93. 8. 20-35
Books (1):
  • 新たなる平安文学研究
    青簡舎 2019 ISBN:9784909181213
Lectures and oral presentations  (4):
  • 『源氏物語』における薫の「世」
    (東京大学古代文学研究会7月例会 2019)
  • 『源氏物語』柏木の密通における罪意識
    (東京大学古代文学研究会8月例会 2017)
  • 『源氏物語』須磨・明石巻の天変--「もののさとし」について--
    (中古文学会関西部会6月例会 2016)
  • 藤壺の罪意識--「心の鬼」の語義をめぐって--
    (東京大学古代文学研究会4月例会 2015)
Education (3):
  • 2015 - 2018 東京大学大学院 日本文化研究専攻日本語日本文学専門分野(日本語日本文学)博士課程
  • 2012 - 2015 東京大学大学院 日本文化研究専攻日本語日本文学専門分野(日本語日本文学)修士課程
  • 2007 - 2012 The University of Tokyo Language and Culture
Professional career (1):
  • 修士(文学) (東京大学大学院)
Work history (2):
  • 2018/04 - 現在 Kanazawa Gakuin University Faculty of Literature, Department of Japanease Literature
  • 2017/04 - 2018/03 Jissen Women's University Faculty of Literature, D. of Japanese Literature
Association Membership(s) (3):
北陸古典研究会 ,  東京大学国語国文学会 ,  THE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF JAPANESE HEIAN LITERATURE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page