Rchr
J-GLOBAL ID:201801006451819875   Update date: Oct. 26, 2020

Ueno Yuki

ウエノ ユウキ | Ueno Yuki
Affiliation and department:
Job title: 特任助教
Homepage URL  (1): http://sites.google.com/view/yukiueno/home
Research field  (2): Sports science ,  Educational psychology
Research keywords  (5): Resilience ,  Sport Psychology ,  Personality Psychology ,  Health Psychology ,  Personality
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2022 身体活動によるレジリエンス増強のメカニズム
  • 2016 - 2019 スポーツ集団を通したスポーツ競技者のレジリエンスの獲得・形成プロセスの解明
  • 2013 - 2016 スポーツ競技者のレジリエンス行動モデルに関する研究
  • 2011 - 2012 中学生及び高校生運動部員のレジリエンスとバーンアウトに関する研究
Papers (50):
  • 上野雄己, 平野真理. 個人と集団活動を通したレジリエンス・プログラムの再検証. 教育心理学研究. 2020. 68. 3. 322-331
  • 上野雄己, 髙橋亜希, 小塩真司. Highly Sensitive Personは主観的幸福感が低いのか?--人生に対する満足度と自尊感情との関連から--. 感情心理学研究. 2020. 27. 3. 104-109
  • 嘉瀬貴祥, 上野雄己, 島本好平, 大石和男. 高いSense of Coherenceを持つ者の日常生活における問題への対処にかかわる行動や思考の特徴--計量テキスト分析による質的検討--. ストレス科学研究. 2020. 印刷中
  • 坂内くらら, 遠藤伸太郎, 上野雄己, 大石和男. 演奏時に生じる主観的あがり反応と実力発揮度の関係. 音楽知覚認知研究. 2020. 印刷中
  • The development of resilience in Japanese adults: A two-wave latent change model. Health Psychology Open. 2020. 7. 1. 1-7
more...
MISC (17):
  • 小池進介, 森田健太郎, 植松明子, 北島和俊, 平野羊嗣, 笹林大樹, 高橋 努, 高柳陽一郎, 佐久間 篤, 岡田直大, 吉野伸哉, 上野雄己, 松本和紀, 鬼塚俊明, 鈴木道雄, 笠井清登. Why are collaborative studies in Asian countries needed? The concept and framework of the Asian Consortium on MRI studies in Psychosis(ACMP). 日本生物学的精神医学会誌. 2020. 31. 1. 2-19
  • 尼崎光洋, 煙山千尋, 上野雄己, 雨宮 怜. 日本人におけるKasariの身体活動指標修正版の信頼性と妥当性--多世代の調査から--. 地域政策学ジャーナル(愛知大学地域政策学部・地域政策学センター). 2018. 7. 2. 97-108
  • 上野雄己. 用語解説5レジリエンス(特集: 体育心理学的アプローチで授業を変える). 体育科教育. 2018. 2018年2月号. 56
  • 島本好平, 上野雄己, 鈴木拓磨. レジリエンスとスポーツ活動経験(特集: 元気で活発な子どもを育てる). 2017. 67. 7. 459-464
  • 中澤 史, 上野雄己. スポーツ演習の授業プログラムと受講生の社会的スキルの関連. 法政大学スポーツ研究センター紀要. 2017. 35. 1. 1-6
more...
Books (2):
  • ライフコースの健康心理学
    晃洋書房 2017 ISBN:4771028877
  • PTGの可能性と課題
    金子書房 2016 ISBN:4760832637
Lectures and oral presentations  (7):
  • スポーツ心理学研究の面白さを探る
    (九州スポーツ心理学会第30回大会(フリースタイル・グループディスカッション) 2017)
  • Highly sensitive people in Japan: From measurement to psychological approaches
    (The 31st International Congress of Psychology(Thematic Symposium) 2016)
  • 社会に活かす健康心理学
    (日本健康心理学会第28回大会(日本健康心理学会第28回大会プレセミナー, 第2回ヤングヘルスサイコロジストの会シンポジウム) 2015)
  • 若手研究者が考える困難な状況からの回復や成長に対するアプローチ
    (日本心理学会第79回大会(公募シンポジウム) 2015)
  • 若手研究者が考えるスポーツ競技者に対する心理学的アプローチ
    (日本心理学会第78回大会(公募シンポジウム) 2014)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2016 J. F. Oberlin University Int'l. Humanities & Social Sciences
  • 2011 - 2013 J. F. Oberlin University Health Psychology
  • 2008 - 2011 J. F. Oberlin University
Professional career (3):
  • 学士(健康科学) (桜美林大学)
  • 修士(健康心理学) (桜美林大学)
  • 博士(学術) (桜美林大学)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 東京大学大学院教育学研究科附属 学校教育高度化・効果検証センター 特任助教
  • 2019/04 - 2020/03 The University of Tokyo Graduate School of Arts and Sciences
  • 2016/04 - 2019/03 日本学術振興会特別研究員PD (所属機関:早稲田大学)
  • 2013/04 - 2016/03 日本学術振興会特別研究員DC1 (所属機関:桜美林大学)
Committee career (11):
  • 2020/06 - 現在 日本心理学会 論文審査者
  • 2020/04 - 2020/05 日本スポーツパフォーマンス学会 論文審査者
  • 2019/09 - 2020/03 Japanese Psychological Research 論文審査者
  • 2019/11 - 2019/11 International Journal of Environmental Research and Public Health 論文審査者
  • 2019/01 - 2019/05 日本健康心理学会 論文審査者
Show all
Awards (6):
  • 2018/12 - 日本マインドフルネス学会第5回大会 優秀研究賞 マインドフルな「立腰」教育は授業行動にどのような影響を与えるか?--小中学生の授業時姿勢変化のコード化と中学生を対象とした予備的分析--
  • 2016/10 - 日本交流分析学会 桂学術奨励賞 精神障害者の自我状態とソーシャルスキルに関する研究--障害者雇用に積極的に取り組む企業で働く従業員に焦点を当てて--
  • 2016/09 - 日本パーソナリティ心理学会 奨励論文賞 大学生運動部員のレジリエンスにおける2過程モデルの検討
  • 2015/11 - 日本健康心理学会 ヤングヘルスサイコロジスト賞 Examining predictors of psychological resilience behavior in female athletes using the health action process approach
  • 2013/09 - 日本スポーツ精神医学会 最優秀論文賞 スポーツ競技者のレジリエンスに関する研究--大学生スポーツ競技者用心理的レジリエンス尺度の開発による検討--
Show all
Association Membership(s) (7):
九州スポーツ心理学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR RESEARCH ON EMOTIONS ,  JAPAN SOCIETY OF PERSONALITY PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  JAPANESE SOCIETY OF SPORT PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF HEALTH PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page