Rchr
J-GLOBAL ID:201801006528707099   Update date: Mar. 25, 2024

Endo Mizuki

Endo Mizuki
Research field  (1): Analytical chemistry
Research keywords  (4): 蛍光タンパク質 ,  生物発光 ,  分析化学 ,  オプトジェネティクス
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2023 - 2027 超音波により生体内シグナルを操作する熱遺伝学的分析手法の創発
  • 2024 - 2026 熱応答性デザイナー細胞による生体深部生命現象の超音波制御
  • 2023 - 2026 近赤外光アップコンバージョン現象を活用した生体深部の味覚受容体センシング制御
  • 2023 - 2025 発光性金属ナノクラスターを活用した生体分子可視化プローブの開発とトランススケールイメージング法の実践
  • 2024 - 2025 熱応答性分子による生体深部生命現象の超音波制御
Show all
Papers (14):
  • Mizuki Endo. From Michaelis to Brønsted: Tracing the Evolution of Acid-Base Concepts. KAGAKUSHI. 2024. 51. 1. 1-16
  • Genki Kawamura, Toshiya Kokaji, Kentaro Kawata, Yuka Sekine, Yutaka Suzuki, Tomoyoshi Soga, Yoshibumi Ueda, Mizuki Endo, Shinya Kuroda, Takeaki Ozawa. Optogenetic decoding of Akt2-regulated metabolic signaling pathways in skeletal muscle cells using transomics analysis. Science Signaling. 2023. 16. 773
  • Chi Zhang, Kenji Kikushima, Mizuki Endo, Tomoaki Kahyo, Makoto Horikawa, Takaomi Matsudaira, Tatsuya Tanaka, Yusuke Takanashi, Tomohito Sato, Yutaka Takahashi, et al. Imaging and Manipulation of Plasma Membrane Fatty Acid Clusters Using TOF-SIMS Combined Optogenetics. Cells. 2022. 12. 1. 10-10
  • Qi Dong, Mizuki Endo, Genki Kawamura, Takeaki Ozawa. Systematic Interrogation of the Temperature Perturbation in the Insulin Signaling Pathway for Optogenetic Stimulation. Cells. 2022. 11. 19. 3136-3136
  • Chi Zhang, Lili Xu, Mizuki Endo, Tomoaki Kahyo, Kenji Kikushima, Makoto Horikawa, Makoto Murakami, A.S.M. Waliullah, Md. Mahmudul Hasan, Takumi Sakamoto, et al. Blue light alters cellular lipidome-Light-induced lipidomic changes can be modulated by optogenetically engineered cPLA2α. Journal of Photochemistry and Photobiology. 2022. 12. 100150-100150
more...
MISC (7):
  • 遠藤瑞己, 小澤岳昌. 光切断型カドヘリンによる細胞間張力伝達の光操作. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2019. 42nd
  • 遠藤瑞己. 光が拓く神経科学の未来-オプトジェネティクスと光イメージング 受容体タンパク質活性の制御. Clinical Neuroscience. 2018. 36. 8
  • 遠藤瑞己, 小澤岳昌. 細胞多様性解明に資する光技術-見て,動かす IV.狙ったものを動かす 光誘導性二量体・多量体形成システムを用いた受容体タンパク質活性の制御. 生体の科学. 2017. 68. 5
  • 遠藤瑞己, 服部満, 小澤岳昌. タンパク質光多量化モジュールを用いた光による軸索伸長制御. 日本分析化学会年会講演要旨集. 2015. 64th
  • 遠藤瑞己, 服部満, 小澤岳昌. タンパク質光多量化反応を用いた生体内における軸索伸長制御法の開発. 日本生化学会大会(Web). 2015. 88th
more...
Books (3):
  • 化学と歴史のネタ帳: I. 酸とアルカリ
    文彩堂出版 2024 ISBN:9784911144312
  • 先端の分析法
    エヌ・ティー・エス 2022 ISBN:9784860437374
  • Clinical Neuroscience Vol.36 (18年) 08月号
    中外医学社 2018
Professional career (1):
  • 博士(理学)
Awards (6):
  • 2021/07 - 第51回リバネス研究費カイオム・バイオサイエンス賞
  • 2017/03 - 日本化学会 第97春季年会 優秀講演賞
  • 2016/06 - Royal Society of Chemistry RSC Molecular BioSystemsポスター賞
  • 2014/10 - 日本化学会 第4回CSJ化学フェスタ2014 優秀ポスター賞
  • 2014/03 - 日本化学会 第94春季年会 学生講演賞
Show all
Association Membership(s) (5):
日本化学史学会 ,  日本基礎化学教育学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本化学会 ,  日本分析化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page