Rchr
J-GLOBAL ID:201801006945695800   Update date: Sep. 22, 2021

Fukushima Hideya

フクシマ ヒデヤ | Fukushima Hideya
Affiliation and department:
Job title: 助教
Homepage URL  (1): http://keikan.t.u-tokyo.ac.jp/fukushima.html
Research field  (2): Civil engineering (planning and transportation) ,  Design
Research keywords  (6): まちづくり ,  地域計画 ,  都市計画 ,  都市デザイン ,  土木デザイン ,  景観
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2020 - 2023 持続可能な地域再生に向けた復興事業における土木デザイン概念の拡張とその実装化
  • 2020 - 2021 地域の歴史的空間特性と地域住民の環境認識の関係に関する研究-富士五湖地域を対象として-
  • 2019 - 2020 石垣島集落の空間的特徴と住民の地域認識の関係
  • 2018 - 2020 技術的特徴の系譜と関連施策・デザイン思想の連関に着目した現代水辺デザイン史研究
  • 2019 - 2020 パターン・ランゲージによる持続可能な地域社会に向けた共創的デザインプラットフォームの構築
Show all
Papers (19):
  • Yuta ITSUMI, Hideya FUKUSHIMA. THE PROCESS OF RECONSTRUCTION LAND READJUSTMENT PROJECTS OF 39 DISTRICTS IN MIYAGI PREFECTURE FOR CONSIDERING REGIONAL CHARACTERISTICS. Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D1 (Architecture of Infrastructure and Environment). 2021. 77. 1. 81-98
  • Yuta Itsumi, Hideya FUKUSHIMA. Feature of River Development Plans for Local Revitalization in Japan Analysis of the “Kawamachizukuri” Referring to the River Culture Approach. Proceedings of 2021 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies. 2021
  • Yuta Itsumi, Hideya FUKUSHIMA. Analysis of trends in “Kawamachizukuri” plan for river restoration in Japan. Proceedings of the 16th Conference of International Development and Urban Planning. 2020. 94-100
  • Eita OMURA, Hideya FUKUSHIMA. EVALUATION CRITERIA FOR CIVIL ENGINEERING DESIGN AND THE ROLE OF CIVIC DESIGN STUDY UCHINOMI DAM CASE STUDY. 2020. 76. 1. 94-111
  • Hideya FUKUSHIMA. CHARACTERISTICS OF SETTLEMENT SPACE FROM THE VIEWPOINT OF CHANGES TO TERRITORY AND TIME-DEPTH OF LANDSCAPE -THE CASE OF YAMANAKA DISTRICT, YAMANAKAKO VILLAGE, MINAMITSURU COUNTY, YAMANASHI PREFECTURE-. 2020. 76. 1. 74-93
more...
MISC (37):
  • 五三裕太, 福島秀哉. 河川文化アプローチとの比較を通じたかわまちづくり計画の分析-肱川流域・大洲市でのケーススタディ-. 景観・デザイン研究講演集. 2020. 16. 243-251
  • 黒須克実, 福島秀哉, 山田裕貴. 持続可能な公共空間の質的向上に向けた行政職員のデザイン実践-群馬県コンベンション施設周辺道路整備事業を対象として-. 景観・デザイン研究講演集. 2020. 16. 136-144
  • 菊池裕太, 福島秀哉. 大野美代子の橋梁デザイン思想の考察-雑誌記事の言説の特徴に着目して-. 景観・デザイン研究講演集. 2020. 16. 53-59
  • 五三裕太, 福島秀哉. 日本の河川管理・地域再生施策との比較に向けた「河川文化アプローチ」の特徴の分析. 土木計画学研究・講演集. 2020. 62
  • 安藤理沙, 福島秀哉. 石垣島における赤瓦景観を通してみる「地域らしさ」の変遷. 景観・デザイン研究講演集. 2019. 15. 174-182
more...
Books (4):
  • まちを再生する公共デザイン : インフラ・景観・地域戦略をつなぐ思考と実践
    学芸出版社 2019 ISBN:9784761532451
  • ようこそドボク学科へ! :都市・ 環境・デザイン・まちづくりと土木の学び方
    2015
  • 水辺と人の環境学 下 川から海へ
    2014
  • 景観まちづくり建築家育成のための景観まちづくり講座(講義)テキスト
    2013
Works (7):
  • 山中湖村デザイン戦略
    2012 - 現在
  • 岩手県上閉伊郡大槌町における東日本大震災復興計画策定技術支援
    2012 - 現在
  • 防府市観光交流・回遊拠点施設(仮称)整備事業
    2008 - 2009
  • 徳山駅周辺整備事業
    2008 - 2009
  • 安中市坂本・原地区道路再整備事業
    2006 - 2009
more...
Education (3):
  • 2004 - 2006 東京大学大学院 社会基盤学専攻
  • 2002 - 2004 The University of Tokyo
  • 2000 - 2002 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 博士(工学) (東京大学)
Committee career (15):
  • 2020/04 - 現在 The City Planning Institute of Japan Academic Committee
  • 2019/12 - 現在 浦安市 浦安市景観審査会 副会長(2017年10月〜委員)
  • 2019/11 - 現在 国土交通省肱川河川国道事務所 肱川激特事業景観検討協議会 アドバイザー
  • 2019/08 - 現在 盛岡市 盛岡城址公園芝生広場整備事業関係者懇話会 委員
  • 2019/07 - 現在 国土交通省国土交通大学校専門課程インフラツーリズム研修 講師
Show all
Awards (14):
  • 2020/10 - Japan Institute of Design Promotion Good Design Award Benner Pole / Foot Light [YF-A7140/YF-A7141]
  • 2020/10 - Japan Institute of Design Promotion Good Design Award Oshachi park
  • 2019/05 - 都市景観大賞 特別賞 山中湖村平野 ゆいの広場ひらり周辺地区
  • 2019/05 - The Maeda Engineering Foundation Yamada Kazuie Prize
  • 2018/01 - 土木学会 土木学会デザイン賞2017奨励賞
Show all
Association Membership(s) (4):
JAPANESE SOCIETY FOR THE SCIENCE OF DESIGN ,  THE CITY PLANNING INSTITUTE OF JAPAN ,  JAPANESE INSTITUTE OF LANDSCAPE ARCHITECTURE ,  JAPAN SOCIETY OF CIVIL ENGINEERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page