Rchr
J-GLOBAL ID:201801007428954893   Update date: Jul. 10, 2024

Hayakawa Yuma

ハヤカワ ユウマ | Hayakawa Yuma
Affiliation and department:
Research field  (2): Aesthetics and art studies ,  Aesthetic practices
Research keywords  (10): 映画 ,  映画学 ,  映画研究 ,  映画史 ,  映画理論 ,  アメリカ映画 ,  身体論 ,  物語論 ,  キャラクター論 ,  音響
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2021 〈ニュー・ハリウッド〉期のリチャード・フライシャー作品における映画的身体の存在論
  • 2019 - 2020 〈ニュー・ハリウッド〉期のリチャード・フライシャー作品における映画的身体の存在論
  • 2018 - 2019 リチャード・フライシャー監督作品における画面上の身体の存在論
  • 2017 - 2018 プロダクション・コード撤廃直後のアメリカ映画における画面上の身体についての研究
Papers (5):
  • 早川由真. 〈ニュー・ハリウッド〉期のリチャード・フライシャー --映画的身体の存在論. 立教大学大学院博士学位論文. 2021
  • 早川 由真. The Killer Without a Face : "Blind POV" and Character Formation in Richard Fleischer's See No Evil. 映像学 : Japanese journal of image arts and sciences. 2019. 102. 75-93
  • 早川 由真, ハヤカワ ユウマ. 声になるまえに--リチャード・フライシャー『10番街の殺人』における呼吸音と身体. 立教映像身体学研究 = Rikkyo review of new humanities. 2019. 7. 1-18
  • 早川 由真. The Existence of White : The Body of Curtis/DeSalvo in Richard Fleischer's The Boston Strangler. 映像学 : Japanese journal of image arts and sciences. 2018. 99. 5-24
  • 早川 由真, ハヤカワ ユウマ. ジョン・カサヴェテス『オープニング・ナイト』における画面上の身体の存在論--加齢・接触・転倒の主題をもとに. 立教映像身体学研究 = Rikkyo review of new humanities. 2017. 5. 27-50
MISC (16):
  • J・ホバーマン, 早川由真. 【翻訳】Something Wilder--ジョナサン・デミの〈アメリカラマ〉と変身への衝動. 南海. 2024. 5. 70-86
  • 早川由真. 摩擦なき隣接--オタール・イオセリアーニ試論. 立教映像身体学研究. 2024. 11. 127-143
  • 早川由真. 読書アンケート 2023. みすず 読書アンケート2023. 2024. 160-161
  • 早川由真. 夜の滲み(2)--リチャード・フライシャー『センチュリアン』と死なない身体. みすず. 2023. 65. 7. 26-36
  • 早川由真. 夜の滲み(1)--リチャード・フライシャー『センチュリアン』と死なない身体. みすず. 2023. 65. 6. 44-53
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • シンポジウム「オタール・イオセリアーニ的想像力を巡って」
    (オタール・イオセリアーニ in 立教大学 2023)
  • 基調講演(シンポジウム「オタール・イオセリアーニ的想像力を巡って」)
    (オタール・イオセリアーニ in 立教大学 2023)
  • 物音と言葉--リチャード・フライシャー『ラスト・ラン』の音響設計
    (表象文化論学会第15回研究発表集会(オンライン開催) 2021)
  • 閉塞とスクリーン--リチャード・フライシャー『ソイレント・グリーン』における映画的身体の生命
    (表象文化論学会第14回研究発表集会(東京工業大学) 2019)
  • 〈ニュー・ハリウッド〉期のリチャード・フライシャー --映画的身体と暴力の観点から
    (日本映像学会第45回大会(山形大学) 2019)
more...
Education (3):
  • 2016 - 2021 Rikkyo University Graduate School of Contemporary Psychology Field of Study: Expression Studies
  • 2014 - 2016 Rikkyo University Graduate School of Contemporary Psychology Field of Study: Expression Studies
  • 2008 - 2013 Waseda University School of Culture, Media and Society
Professional career (3):
  • 博士(映像身体学)(2021年3月 立教大学)
  • 修士(映像身体学)(2016年3月 立教大学)
  • 学士(文学)(2013年3月 早稲田大学)
Work history (11):
  • 2024/04 - 現在 Waseda University School of Humanities and Social Sciences
  • 2024/04 - 現在 Japan Women's University Faculty of Transcultural Studies
  • 2023/09 - 現在 Meisei University School of Humanities
  • 2022/04 - 現在 Rikkyo University College of Contemporary Psychology
  • 2022/04 - 現在 Tokyo Zokei University
Show all
Awards (4):
  • 2021/03 - 2020年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR) 事後評価結果「A:非常に優れた成果が得られた研究であった」
  • 2019/06 - 独立行政法人 日本学生支援機構 特に優れた業績による奨学金返還免除 (第一種奨学金 全額免除)
  • 2019/03 - 2018年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR) 事後評価結果「A:非常に優れた成果が得られた研究であった」
  • 2018/03 - 2017年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR) 事後評価結果「A:非常に優れた成果が得られた研究であった」
Association Membership(s) (3):
JAPAN SOCIETY OF IMAGE ARTS AND SCIENCES ,  THE ASSOCIATION FOR STUDIES OF CULTURE AND REPRESENTATION ,  THE AMERICAN LITERATURE SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page