Rchr
J-GLOBAL ID:201801007664950602   Update date: Oct. 23, 2021

Yoshida Akihiro

ヨシダ アキヒロ | Yoshida Akihiro
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Metabolism and endocrinology
Papers (14):
  • Katsuhiko Tsunekawa, Ryutaro Matsumoto, Kazumi Ushiki, Larasati Martha, Yoshifumi Shoho, Yoshimaro Yanagawa, Hirotaka Ishigaki, Akihiro Yoshida, Osamu Araki, Kiyomi Nakajima, et al. Significance of serum branched-chain amino acid to tyrosine ratio measurement in athletes with high skeletal muscle mass. BMC sports science, medicine & rehabilitation. 2021. 13. 1. 1-1
  • Masanobu Mori, Keisuke Aoyagi, Toshihiro Tomoda, Fumi Ishikawara, Shou Sakamoto, Hironori Myochin, Midori Kuga, Daisuke Kozaki, Noriyasu Ohshima, Takashi Izumi, et al. Simultaneous capillary electrophoresis of anions and cations in a single injection using an anion exchanger-modified capillary for determination of salivary ions in combination with statistical analyses. Journal of chromatography. A. 2020. 1635. 461647-461647
  • 木村 孝穂, 葭田 明弘, 長澤 拓海, 宮下 大地, 村上 正巳. 蒟蒻粉添加は五分粥摂取後の血糖上昇・インスリン分泌を抑制する. 臨床化学. 2020. 49. Suppl.1. 170-170
  • 常川 勝彦, 葭田 明弘, 青木 智之, 加藤 寿光, 小磯 博美, 木村 孝穂, 村上 正巳. 医学生に対するReversed CPC(RCPC)を用いた栄養教育の取り組み. 臨床病理. 2020. 68. 補冊. 158-158
  • 葭田 明弘, 村上 正巳, 木村 孝穂, 常川 勝彦, 角野 博之, 青木 智之, 荒木 修. 若年者と中高年に対する75g経口糖負荷試験における耐糖能性差の解析. 臨床病理. 2020. 68. 補冊. 178-178
more...
MISC (39):
  • 荒木 修, 中原 理恵子, 葭田 明弘, 常川 勝彦, 木村 孝穂, 村上 正巳. 抗PD-1抗体ペムブロリズマブ投与後にTRAb陽性の甲状腺中毒症を呈した1例. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 95. 4. 1351-1351
  • 葭田 明弘, 木村 孝穂, 常川 勝彦, 荒木 修, 村上 正巳. 若年者に対する75g経口糖負荷試験における耐糖能障害者の解析. 臨床病理. 2019. 67. 補冊. 201-201
  • 牛木 和美, 正保 佳史, Larasati Martha, 常川 勝彦, 葭田 明弘, 荒木 修, 中嶋 清美, 木村 孝穂, 村上 正巳. 全自動ECLIA法唾液コルチゾール濃度を用いた長距離走選手におけるトレーニングストレスの評価. 臨床病理. 2019. 67. 補冊. 215-215
  • 木村 孝穂, 常川 勝彦, 小磯 博美, 加藤 寿光, 葭田 明弘, 宮下 大地, 平本 卓, 井上 まどか, 中嶋 清美, 村上 正己. 群馬大学医学部附属病院における検査部医師のパニック値と検査室トラブルへの対応. 臨床病理. 2019. 67. 補冊. 223-223
  • 青柳 啓介, 板橋 英之, 関 庸一, 大嶋 紀安, 和泉 孝志, 葭田 明弘, 正保 佳史, 牛木 和美, ララサティ・マルタ, 村上 正巳, et al. キャピラリー電気泳動を用いる唾液中の陰及び陽イオンの同時分析と生理活性物質との相関. 日本分析化学会講演要旨集. 2019. 68年会. 334-334
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • Correlation of Matsuda Index with lipid parameters in young Japanese
    (30th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine 2019)
  • 若年健常者の耐糖能男女差の検討
    (日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 2017)
  • 若年者を対象とした75g経口糖負荷試験における血糖及びインスリン分泌の検討
    (第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017)
  • Sex differences in plasma glucose and insulin secretion on 75g OGTT among young and elderly healthy subjects
    (29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017)
  • ホルモン補充療法は高血圧閉経後女性の肝細胞増殖因子を低下させる
    (第75回日本内分泌学会学術総会 2002)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page