Rchr
J-GLOBAL ID:201801007779213040   Update date: Jul. 15, 2024

WATANABE KENYA

ワタナベ ケンヤ | WATANABE KENYA
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): History - Asia/Africa
Research keywords  (10): 元代 ,  東アジア史 ,  東洋史 ,  近代仏教 ,  平泉 ,  内藤湖南 ,  元代都城史 ,  科挙 ,  常盤大定 ,  元大都
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2023 - 2028 A Comprehensive Study on the Reconstruction of the Historical Image of Koguryo and Balhae
  • 2023 - 2026 日中戦争下北京における日本人研究者の学知形成-新出の山根徳太郎書簡を素材として-
  • 2021 - 2024 壬辰戦争期、豊臣秀吉=日本国王冊封のために贈られた明朝箚付・冠服類の総合的研究
  • 2020 - 2023 A Basic Study on putting Koguryo and Bohai from the perspective of East Eurasian History
  • 2019 - 2023 南宋・洪邁『夷堅志』の史的研究活用に向けた史料性及び全容の解明と情報ツールの構築
Show all
Papers (22):
  • The Imperial Tour of the Two Capitals in the Yuan Dynasty : A Basic study of "traveling Sovereigns". 2023. 33. 127-144
  • 渡辺健哉. 常盤大定の中国仏教理解ーー大正時代の活動を手掛かりに. 歴史科学. 2023. 253. 23-33
  • 渡辺健哉, 小島浩之, 村田 岳. 南宋・洪邁『夷堅志』の史的研究活用に向けて(五). 大阪公立大学東洋史論叢. 2022. 22. 114-126
  • Yijianzhi by Hong Mai of Southern Song as a Historical Source Material No4. 2022. 12. 1-30
  • 渡辺健哉. 平泉研究の展開と藤島亥治郎. 平泉文化研究年報. 2019. 19. 19-31
more...
MISC (18):
  • Book Review History of Beijing:Journey of the Capital City Chosen by the “Sino-world” by Manabu Aramiya. 2024. 25. 12-15
  • 渡辺健哉. 孫文からの贈り物. 大阪公立大学大学史資料室 NEWS LETTER. 2023. No6
  • 大都--北京の原型. 中央ユーラシア文化事典. 2023. 346-347
  • 渡辺健哉. 歴史資料としての写真--歩く、写す、そして保存する. FIELDPLUS. 2022. 28. 23-25
  • 渡辺健哉. 工藤報告・飯山報告へのコメント. 歴史資料と中国華北地域--農耕・遊牧の交錯とその影響. 2021. 73-76
more...
Books (17):
  • 東アジアの王宮・王都と仏教
    勉誠社 2023 ISBN:4585320326
  • 周縁的社会集団と近代(大阪市立大学文学研究科叢書 12巻)
    清文堂出版 2023 ISBN:4792415187
  • 東アジアの展開 8~14世紀
    岩波書店 2022 ISBN:4000114174
  • 高句麗・渤海史の射程:古代東北アジア史研究の新動向
    汲古書院 2022 ISBN:4762967076
  • 元朝の歴史: モンゴル帝国期の東ユーラシア(アジア遊学 256)
    勉誠社(勉誠出版) 2021 ISBN:4585325026
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • 戦時期における羽田亨と宮中
    (第91回羽田記念館定例講演会 2024)
  • 大阪公立大学が所有する学術資源について--人文学の視点から--
    (『人文科学と材料科学が紡ぐ新知創造学際領域の形成』事業/令和6年度第1回研究会/-先端分析技術と文化財研究の新たな交流- 2024)
  • 青年期の常盤大定--東北との関わりに着目して
    (東北史学会 創立75周年記念シンポジウム「東北ゆかりの歴史研究者たち」 2023)
  • 金・元時代の都市と生活
    (人文研アカデミー「草原と中華のあいだ--北方王朝(遼・金・元)の興起とユーラシア東方」 2022)
  • 元代の三都(大都・上都・中都)とその機能 --「移動する王権」をめぐる予備的考察
    (都城制研究会 2022)
more...
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東北大学)
Work history (14):
  • 2022/04 - 現在 Osaka Metropolitan University Graduate School of Literature and Human Sciences Philosophy and History Course Professor
  • 2022/09 - 2023/02 Kobe University Faculty of Letters
  • 2022/04 - 2023/02 Tohoku University Graduate School of Arts and Letters
  • 2022/04 - 2022/09 Kansai University Faculty of Letters
  • 2021/04 - 2022/03 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences Philosophy and History Course
Show all
Committee career (2):
  • 2021/06 - 現在 大阪歴史科学協議会 研究委員
  • 2018/04 - 2020/03 遼金西夏史研究会 幹事 代表
Association Membership(s) (5):
遼金西夏史研究会 ,  TOHOKU HISTORICAL SOCIETY ,  THE SOCIETY OF ORIENTAL RESEARCHES ,  ASSOCIATION FOR STUDIES OF CHINESE SOCIETY AND CULTURE ,  SOCIETY FOR THE STUDY OF CHINESE LITERATURE, HISTORY, PHILOSOPHY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page