Rchr
J-GLOBAL ID:201801008060478952   Update date: Sep. 18, 2021

Azegami Yasuhiko

アゼガミ ヤスヒコ | Azegami Yasuhiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Rehabilitation science
Papers (13):
  • Association Between Overimitation and Adaptive Behavior in Children With Autism Spectrum Disorders. The Japanese journal of special education. 2021. 59. 1. 1-10
  • Saccadic reaction times in ADHD children by using an eye-tracking system. 2020. 13. 1. 48-53
  • 佐藤 妙子, 畦上 恭彦, 三森 千種, 藤田 郁代. 読みの障害を伴わず、漢字の書きの遅れを認めた1例 視覚関連機能の発達の観点から. 言語聴覚研究. 2019. 16. 3. 284-284
  • Saccadic reaction times in healthy children by using an eye-tracking system. 2019. 12. 5. 413-417
  • Discourse comprehension in children with autistic spectrum disorder-Examination of free recall task and reading comprehension task̶. Journal of the International University of Health and Welfare. 2018. 23. 2. 16-25
more...
MISC (5):
  • 堀本 ゆかり, 丸山 仁司, 久保 晃, 畦上 恭彦. リハビリテーション専門職養成におけるコンピテンシー診断の比較. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 22. 抄録号. 137-137
  • 小渕 千絵, 前新 直志, 畦上 恭彦. 【親がナットク!こどものみみ・はな・のど外来】 小児の声とことばの障害. ENTONI. 2017. 206. 70-75
  • 小田部 夏子, 佐藤 友貴, 三森 千種, 畦上 恭彦, 松本 秀彦, 原田 浩司. 定型発達児の未知文字書写を通した視覚構成能力の発達. 言語聴覚研究. 2014. 11. 3. 187-187
  • 小田部夏子, 佐藤友貴, 三森千種, 畦上恭彦, 松本秀彦, 原田浩司. 定型発達児の未知文字書写を通した視覚構成能力の発達. 日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集. 2014. 15th. 144
  • 小田部夏子, 三森千種, 佐藤友貴, 小町祐子, 畦上恭彦, 松本秀彦, 原田浩司. 書きのつまずきの背景~未知文字視写を通した視覚構成能力について~. 日本LD学会大会発表論文集. 2013. 22nd. 684-685
Lectures and oral presentations  (91):
  • 自閉スペクトラム症児の語彙理解と身体感覚との関係 オノマトペを用いた検討
    (日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 2018)
  • リハビリテーション専門職養成におけるコンピテンシー診断の比較
    (国際医療福祉大学学会誌 2018)
  • 言語聴覚士における生涯学習の実態と継続に関与する要因
    (言語聴覚研究 2017)
  • 定型発達児の音韻性短期記憶と構文理解の発達に関する検討
    (言語聴覚研究 2016)
  • 高機能自閉症スペクトラム障害児と定型発達児の読解力の検討
    (言語聴覚研究 2016)
more...
Professional career (1):
  • 教育学修士 (筑波大学)
Association Membership(s) (5):
JAPAN SOCIETY FOR HIGHER BRAIN DYSFUNCTION ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF SPECIAL EDUCATION ,  THE JAPAN SOCIETY OF LOGOPEDICS AND PHONIATRICS ,  JAPANESE ASSOCIATION OF COMMUNICATION DISORDERS ,  日本言語聴覚学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page