Rchr
J-GLOBAL ID:201801008564685746   Update date: Nov. 21, 2023

Tagami Takashi

Tagami Takashi
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (3): Biological, health, and medical informatics ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Emergency medicine
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2023 - 2027 敗血症患者における急速進行性脳萎縮とPICSやICU-AWとの関連性に関する研究
  • 2022 - 2026 重症頭部外傷におけるAIを組合わせたMRIマルチパラメトリック自動診断法の構築
  • 2021 - 2026 敗血症性ショックの蘇生における個別化戦略:多施設ランダム化試験とメタアナリシス
  • 2022 - 2025 重症患者の長期予後改善を見据えたデータベースの構築
  • 2020 - 2023 Development of new hemodynamic variables using machine learning.
Show all
Papers (128):
  • Yuki Kishihara, Masahiro Kashiura, Hideto Yasuda, Nobuya Kitamura, Tomohisa Nomura, Takashi Tagami, Hideo Yasunaga, Shotaro Aso, Munekazu Takeda, Takashi Moriya. Association between institutional volume of out-of-hospital cardiac arrest cases and short term outcomes. The American Journal of Emergency Medicine. 2024. 75. 65-71
  • Ryuichi Nakayama, Naofumi Bunya, Takashi Tagami, Mineji Hayakawa, Kazuma Yamakawa, Akira Endo, Takayuki Ogura, Atsushi Hirayama, Hideo Yasunaga, Shuji Uemura, et al. Associated organs and system with COVID-19 death with information of organ support: a multicenter observational study. BMC Infectious Diseases. 2023. 23. 1
  • Toru Takiguchi, Naoki Tominaga, Takuro Hamaguchi, Tomohisa Seki, Jun Nakata, Takeshi Yamamoto, Takashi Tagami, Akihiko Inoue, Toru Hifumi, Tetsuya Sakamoto, et al. Etiology-based Prognosis of Extracorporeal Cardiopulmonary Resuscitation Recipients After Out-of-hospital Cardiac Arrest: A Retrospective Multicenter Cohort Study. Chest. 2023
  • Hiroyuki Ohbe, Takashi Tagami, Akira Endo, Shigeki Miyata, Hiroki Matsui, Kiyohide Fushimi, Shigeki Kushimoto, Hideo Yasunaga. Trends in massive transfusion practice for trauma in Japan from 2011 to 2020: a nationwide inpatient database study. Journal of intensive care. 2023. 11. 1. 46-46
  • Ryo Yamamoto, Kazuma Yamakawa, Akira Endo, Koichiro Homma, Yasunori Sato, Ryo Takemura, Takeshi Yamagiwa, Keiki Shimizu, Daiki Kaito, Masayuki Yagi, et al. Early restricted oxygen therapy after resuscitation from cardiac arrest (ER-OXYTRAC): protocol for a stepped-wedge cluster randomised controlled trial. BMJ open. 2023. 13. 9. e074475
more...
MISC (302):
  • 遠藤 彰, 山川 一馬, 田上 隆, 梅村 穣. 敗血症:明日の定義と診断を科学する 高齢者の敗血症性ショックに対する初期蘇生を科学する. Shock: 日本Shock学会雑誌. 2023. 37. 1. 53-53
  • 岡田 一宏, 田上 隆, 太田黒 崇伸, 原 義明. COVID-19発症直後のリンパ球数低下は重症化のリスクとなるか. Shock: 日本Shock学会雑誌. 2023. 37. 1. 69-69
  • 下山 京一郎, 遠藤 彰, 島居 傑, 田上 隆. 肥満は侵襲的機械換気を要した重症COVID-19の死亡と関連しない 多施設共同観察研究. Shock: 日本Shock学会雑誌. 2023. 37. 1. 96-97
  • 田中 知恵, 田上 隆, 金子 純也, 久野 将宗. 心停止後症候群に対する体温管理療法~日本の多施設共同研究からのエビデンス発信~ SOS-KANTO study 心肺停止蘇生後の体温管理療法の変化に関する報告 SOS-KANTO2012と2017を比較して. 日本脳低温療法・体温管理学会誌. 2023. 26. 1. 27-27
  • 田上 隆. 【ERスタンダード◎心肺蘇生】(Part 3)番外編 蘇生領域のエビデンス創出で日本が生き残るには"データ量世界一"のレジストリが鍵を握る. BeyondER. 2023. 2. 1. 170-172
more...
Books (6):
  • Advanced Hemodynamic Monitoring: Basics and New Horizons: Extravascular lung water
    Springer Nature Switzerland AG 2021
  • 超入門!スラスラわかるリアルワールドデータで臨床研究
    金芳堂 2019 ISBN:9784765317894
  • Antiarrhythmic drugs for out-of-hospital cardiac arrest with refractory ventricular fibrillation. Annual Update in Intensive Care and Emergency Medicine 2017
    Springer Nature 2017
  • Chain of survival after out-of-hospital cardiac arrest: The final link. ICU Management & Practice 2
    2016
  • Final link in the “chain of survival”concept for out-of-hospital cardiac arrest: Recent evidence for providing regional systems of care. Annual Update in Intensive Care and Emergency Medicine 2016
    Springer Nature 2016
more...
Lectures and oral presentations  (74):
  • 深化する循環動態モニタリングとECMO治療
    (第50回日本集中治療医学会学術集会 2023)
  • 敗血症性心筋障害の文献レビュー
    (第50回日本集中治療医学会学術集会 2023)
  • JIPADとDPCデータの連携
    (第50回集中治療医学会学術集会 2023)
  • リアルワールドデータを用いた臨床研究: 敗血症性DIC治療薬の検討
    (第36回大阪DIC研究会 2023)
  • 臨床研究をはじめるために、 おさえておくべきポイント
    (第36回東北救急医学会総会・学術集会 2022)
more...
Works (3):
  • 病院前医療情報入力・転記アプリケーション
    田上 隆 2019 -
  • DPCハッシュアプリ
    田上 隆 2018 -
  • 救急搬送ルート計測システム (アプリケーション)
    田上 隆 2016 -
Education (3):
  • 2013 - 2015 The University of Tokyo
  • 2011 - 日本医科大学(医学博士号)
  • 1996 - 2002 Juntendo University Faculty of Medicine
Professional career (2):
  • PhD (Nippon Medical School)
  • MPH (The University of Tokyo)
Work history (13):
  • 2021/04 - 現在 日本医科大学武蔵小杉病院 救命救急センター 准教授
  • 2021 - 現在 国士舘大学大学院救急システム研究科 非常勤講師
  • 2015 - 現在 東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 臨床疫学・経済学 客員研究員
  • 2019/04 - 2021/03 日本医科大学 武蔵小杉病院 救命救急センター 講師
  • 2018/10 - 2019/03 日本医科大学多摩永山病院 救命救急センター 病院講師
Show all
Committee career (39):
  • 2023/04 - 現在 日本救急医学会 救急医療における先端テクノロジー活用特別委員会 (委員長)
  • 2023/01 - 現在 日本救急医学会 救急統合データベース活用管理委員会
  • 2022/11 - 現在 日本集中治療学会 新査読システム構築タスクフォース (委員長)
  • 2022/10 - 現在 日本救急医学会 総会・学術集会プログラム企画委員会
  • 2022/04 - 現在 日本集中治療学会 サブスペシャリティー専門研修プログラム作成委員会
Show all
Awards (12):
  • 2022 - 日本救急医学会 丸茂賞
  • 2022 - 日本臨床疫学会 リアルワールドデータ臨床研究賞
  • 2019 - The Interstellar Initiative Best presentation Award of 2019 (The New York Academy of Sciences & AMED日本医療研究開発機構 :(最優秀課題)
  • 2015 - 日本救急医学会総会 Best Presentation Award
  • 2014 - 日本私立学校振興・共済事業団 若手研究者奨励賞
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page