Rchr
J-GLOBAL ID:201801008685474114   Update date: Oct. 06, 2021

Kato Chiaki

カトウ チアキ | Kato Chiaki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Literature - British/English-languag ,  Literature - British/English-languag
Research keywords  (8): Dante Gabriel Rossetti ,  Walter Pater ,  オスカー・ワイルド ,  Pre-Raphaelites ,  Victorian ,  Romanticism ,  British poetry ,  Aestheticism
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2005 - 『文学と絵画-唯美主義とは何か』(共著、英宝社)の刊行
Papers (11):
  • Chiaki Kato. '(Re)Discovering Rossetti’s Lady Lilith: The Stevenson Watercolour, Manuscript Sonnet, and Unpublished Letters.'. Journal of Pre-Raphaelite Studies. 2018. 27. 1. 42-57
  • 加藤千晶. 「『ジョルジョーネ風の炎』の変奏-ペイターとD・G・ロセッティをめぐって」. 『ペイター「ルネサンス」の美学 日本ペイター協会創立五十周年記念論文集』(日本ペイター協会編) 論創社 (ISBN: 9784846011536). 2012. 65-83
  • Chiaki Kato. 'The Association of Medievalism with the Unconscious and the Irrational: Coleridge, Keats and Rossetti'. Round Table(慶應義塾大学髙宮研究会). 2002. 16. 21-30
  • Chiaki Kato. 'Adored Visages: The Role of Expressionless Faces in D. G. Rossetti’s Poems'. Colloquia (Keio University). 2001. 22. 47-57
  • 加藤千晶. 「D.G. RossettiのWorks未収録作品Jan Van Hunksをめぐる3つの謎」. Round Table. 2001. 15. 69-90
more...
MISC (8):
  • 加藤千晶. (エッセイ)「リリスの軌跡を辿って-D・G・ロセッティ《レイディ・リリス》再発見からサザビーズのオークションまで-」. 『ヴィクトリア朝文化研究』( 日本ヴィクトリア朝文化研究学会). 2017. 15. 181-195
  • 加藤千晶. (書評)D. G. ロセッティ、南條竹則・松村伸一編訳、『D. G.ロセッティ作品集』(岩波書店、2015年). 『英文學研究』(日本英文学会)和文号. 2016. 93. 101-106
  • 加藤千晶. (書評)J・H・ニューマン、日本ニューマン協会編・訳、『聖母マリア-第二のエバ-』(教友社、2013年). 『日本ペイター協会会報』. 2015. 36. 11-13
  • 加藤千晶. (書評)ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、伊藤勳訳、『いのちの家』(書肆山田、2012年). 『日本ペイター協会会報』. 2013. 34. 15-17
  • 加藤千晶. 「ベアトリーチェの視線-D. G. ロセッティのダンテ翻訳が暴くもの」(研究発表第七室、日本英文学会第75回大会報告). 『英文學研究』. 2003. 80. 2. 178-179
more...
Books (4):
  • 『緑の信管と緑の庭園:岩永弘人先生退職記念論集』
    音羽書房鶴見書店 2021
  • 『中世主義を超えて-イギリス中世の発明と受容』
    慶應義塾大学出版会 2009 ISBN:9784766415957
  • 『文学と絵画-唯美主義とは何か』
    英宝社 2005 ISBN:4269710969
  • (大学用英語教材・注釈)チェリー・ギルクリスト著『ダイアナ』(ペンギン・リーダーズ)
    南雲堂フェニックス 1998 ISBN:4888961824
Lectures and oral presentations  (22):
  • 「美の追求と知の探求-ヴィクトリアン・ソロモンになりたかったD・G・ロセッティ」(シンポジウム「芸術のための芸術/世界のための芸術-開かれた唯美主義の形態」
    (日本ヴィクトリア朝文化研究学会第20回全国大会(zoom開催) 2020)
  • ‘Romantic Palimpsest: Coleridge, Pater, and Rossetti.’
    (Panel Session, ‘Romantic Aestheticism in the Fin de Siècle and Modernism.’ Romantic Regenerations. University of Tokyo. 2018)
  • 「D.G. ロセッティにおけるmysteryの変容-初期フランドル絵画との関連を通して」(シンポジウム「唯美主義者たちのルネサンス-英国と大陸のはざまで-」)
    (日本ペイター協会第53回年次大会 於・札幌医科大学記念ホール 2014)
  • 「ペイターとロセッティの『調和』の炎』(シンポジウム「『ルネサンス』とその周辺」)
    (日本ペイター協会創立50周年記念年次大会 於・愛知大学 2011)
  • 「変革の波のなかで-四大学における実用的英語教育の比較検討」(シンポジウム「実業界が求める大学英語教育とは?」)
    (第60回英米文学語学研究会 於・飯田橋レインボービル 2010)
more...
Education (5):
  • 2000 - 2003 Keio University English and American Literature
  • 2000 - 2003 Keio University English and American Literature
  • 1989 - 1991 University of the Sacred Heart, Tokyo English Literature
  • 1989 - 1991 University of the Sacred Heart, Tokyo English Literature
  • 1985 - 1989 University of the Sacred Heart, Tokyo Department of English Literature
Professional career (2):
  • Master of Arts (University of the Sacred Heart)
  • 文学修士 (聖心女子大学)
Work history (11):
  • 2021/04 - 現在 University of Yamanashi Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Education (Language education) Associate Professor
  • 2020/04 - 2021/03 Keio University Faculty of Law part-time lecturer
  • 2004/04 - 2021/03 Tokyo University of Foreign Studies Global Linkage Initiative Program part-time lecturer
  • 2001/04 - 2020/03 University of the Sacred Heart, Tokyo Faculty of Liberal Arts, Department of English Language and Literature part-time lecturer
  • 1993/04 - 2020/03 Tokai University International Education Center part-time lecturer
Show all
Committee career (2):
  • 2016/10 - 現在 日本ペイター協会 理事
  • 2016/01 - 現在 日本ペイター協会 『会報』編集
Association Membership(s) (5):
THE WALTER PATER SOCIETY OF JAPAN ,  THE OSCAR WILIDE SOCIETY OF JAPAN ,  JAPAN ASSOCIATION OF ENGLISH ROMANTICISM ,  THE VICTORIAN STUDIES SOCIETY OF JAPAN ,  THE ENGLISH LITERARY SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page