Rchr
J-GLOBAL ID:201801009390804445   Update date: Apr. 22, 2024

Otani Akinori

オオタニ アキノリ | Otani Akinori
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (4): 刑事政策 ,  犯罪者処遇 ,  行刑法 ,  修復的司法
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2023 - 2026 The Comprehensive Study on Life imprisonment: Socialisation of Life and Treatment in Japanese Prisons
  • 2022 - 2026 The comparative research about the execution of pre-sentence detention in Japan and Germany
  • 2020 - 2024 年長少年および若年成人に対する「新たな処遇」に関する総合的研究
  • 2020 - 2023 刑事施設における拘禁の本質をめぐる領域横断的研究:様々な拘禁形態間の比較を通して
  • 2019 - 2022 再犯防止概念の多角的検討
Show all
Papers (15):
  • 大谷彬矩. 受刑者の権利と処遇. 法学セミナー. 2024. 832. 94-100
  • 大谷彬矩. 拘置所長がした死刑確定者の信書発受の適否-名古屋判令和3・9・21判時2536号97頁-. 刑事法ジャーナル. 2023. 78. 178-183
  • 大谷 彬矩. 無期刑受刑者に対する特別な処遇は正当化できるか-ドイツにおける「懸隔の要請」の議論を手がかりとして-. 龍谷法学. 2023. 55. 4. 165-192
  • 大谷 彬矩. 国際自己申告非行調査(ISRD)の日独間比較から見えてくるもの. 龍谷大学 矯正・保護総合センター研究年報. 2023. 12. 110-120
  • 大谷 彬矩. 最高裁平成31年3月18日判決 死刑確定者が許可を受けずに吸取紙に書き込み等をしたことについて、遵守事項に違反するとして拘置所長等がした懲罰等の措置を適法とした事例. 季刊刑事弁護. 2022. 110. 106-111
more...
MISC (15):
  • 九州刑事政策研究会, 大谷 彬矩. 欧州刑事施設規則(2020年改訂版)(2・完). 法政研究. 2023. 90. 2. 365-394
  • 九州刑事政策研究会, 大谷 彬矩. 欧州刑事施設規則(2020年改訂版)(1). 法政研究. 2023. 89. 4. 131-159
  • 大谷 彬矩. 「著者より」(新海浩之「書評『刑務所の生活水準と行刑理論』 大谷彬矩著 A5判・288頁・5800円+税・日本評論社・2021年」犯罪社会学研究47号(2022年)149-150頁へのリプライ). 犯罪社会学研究. 2022. 47. 151
  • 九州刑事政策研究会, 大谷 彬矩. ヘッセン州少年拘禁執行法. 法政研究. 2022. 89. 1. 263-288
  • 大谷 彬矩. 特集「博論を出版する」『刑務所の生活水準と行刑理論』(日本評論社). ECCRN. 2022. 1. 6-7
more...
Books (5):
  • 日本の青少年の行動と意識 国際自己申告非行調査(ISRD)の分析結果
    現代人文社 2024
  • 刑事司法と社会的援助の交錯 土井政和先生・福島至先生古稀祝賀論文集
    現代人文社 2022
  • The Impact of Covid-19 on Prison Conditions and Penal Policy
    Routledge 2022
  • 刑務所の生活水準と行刑理論
    日本評論社 2021
  • 刑罰制度改革の前に考えておくべきこと
    日本評論社 2017 ISBN:4535522944
Lectures and oral presentations  (26):
  • 無期刑受刑者に対する特別な処遇の正当化に関する考察
    (日本刑法学会九州部会第131回例会 2023)
  • 刑務所の生活水準再考-理論的、歴史的観点から-
    (刑事立法研究会全体会 2022)
  • 刑務所の生活水準に関する理論的検討
    (第61回現代刑事法研究会 2022)
  • ドイツの少年拘禁制度に関する議論及び実務の現在
    (刑法読書会年末集中例会 2021)
  • 刑事政策学の観点から見た龍谷大学構想の批判的検討
    (日本犯罪社会学会第48回大会・テーマセッションE(ラウンドテーブル)「龍谷大学構想にみる新時代の犯罪学」 2021)
more...
Professional career (1):
  • 博士(法学) (九州大学)
Work history (5):
  • 2023/04 - 現在 Shinshu University Research Center for Social Systems Assistant Professor
  • 2020/04 - 2023/03 Japan Society for the Promotion of Science
  • 2019/04 - 2020/03 Ritsumeikan University Ritsumeikan-Global Innovation Research Organization Senior Researcher
  • 2018/04 - 2019/03 Kyushu University Faculty of Law
  • 2017/04 - 2018/03 Kyushu University Faculty of Law
Committee career (4):
  • 2024/04 - 2026/03 青少年問題学会 研究委員会理事
  • 2022/04 - 2024/03 青少年問題学会 青少年問題学会機関誌『青少年問題』編集委員会専門委員
  • 2021/01 - 2023/10 日本犯罪社会学会 研究委員会委員
  • 2018/01 - 2020/10 日本犯罪社会学会 研究委員会委員
Awards (1):
  • 2019/12 - 特定非営利活動法人 刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター 2019年度 第5回 守屋研究奨励賞
Association Membership(s) (6):
Japanese Association of Offenders Rehabilitation ,  青少年問題学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR LAW AND PSYCHOLOGY ,  The Japan Society of Judicial Social Services ,  JAPANESE ASSOCIATION OF SOCIOLOGICAL CRIMINOLOGY ,  THE CRIMINAL LAW SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page