Rchr
J-GLOBAL ID:201801009390804445   Update date: Sep. 24, 2021

Otani Akinori

オオタニ アキノリ | Otani Akinori
Affiliation and department:
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (4): 刑事政策 ,  犯罪者処遇 ,  行刑法 ,  修復的司法
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2022 精神障害者処遇における再犯防止概念に関する理論的・比較法的研究
  • 2018 - 2019 刑事施設における処遇の位置づけに着目した社会復帰理念の具体化に関する研究
Papers (9):
  • 大谷 彬矩, 山崎 優子. 死刑および終身刑に対する市民意識. 龍谷法学. 2020. 53. 1. 273-292
  • 大谷 彬矩. ダイナミック・セキュリティの視点を踏まえた行刑職員論. 龍谷大学 矯正・保護総合センター研究年報. 2020. 9. 121-137
  • Akinori Otani. Transition of Treatments of inmates in Prison. Ryukoku Corrections and Rehabilitation Center Journal. 2019. 8. 153-166
  • 大谷 彬矩. 監獄法改正要綱案作成過程における審議の性格. NCCD Japan : 全国犯罪・非行協議会機関誌. 2018. 56. 3-18
  • 大谷 彬矩. Zum Sinn des Angleichungsgrundsatz im deutschen Strafvollzug. 法政研究. 2018. 84. 4. 907-974
more...
MISC (10):
  • 九州刑事政策研究会, 大谷 彬矩, 相澤 育郎. ダイナミック・セキュリティと刑務所インテリジェンスに関するハンドブック(2・完). 法政研究. 2021. 88. 1. 84[F357]-47[F394]
  • 九州刑事政策研究会, 大谷 彬矩, 相澤育郎. ダイナミック・セキュリティと刑務所インテリジェンスに関するハンドブック(1). 法政研究. 2021. 87. 4. 1286[F277]-1231[F332]
  • 斧原藍, 大谷彬矩, 山田早紀, 山崎優子, 金成恩, 橋場典子. 改革がすすまない4つの課題と人権に対する市民意識(2). 法と心理. 2020. 20. 1. 103-110
  • 九州刑事政策研究会, 大谷 彬矩. 親が拘禁されている子どもに関する欧州規則-2018年4月4日の欧州評議会閣僚委員会の勧告第5号-. 法政研究. 2019. 86. 2. 410-389
  • 九州刑事政策研究会. Hessisches Strafvollzugsgesetz (HStVollzG) vom 28. Juni 2010. 法政研究. 2018. 85. 2. 209-266
more...
Books (2):
  • 刑務所の生活水準と行刑理論
    日本評論社 2021
  • 刑罰制度改革の前に考えておくべきこと
    日本評論社 2017 ISBN:4535522944
Lectures and oral presentations  (20):
  • 最高裁平成31年3月18日判決(死刑確定者が許可を受けずに吸取紙に書き込み等をしたことについて、遵守事項に違反するとして拘置所長等がした懲罰等の措置を適法とした事例)
    (刑事立法研究会全体会 2021)
  • 刑事関連情報の取扱いに関する近年の動向とその評価
    (刑事立法研究会全体会 2021)
  • 〔文献紹介〕Thes Johann Blanck, Die Ausbildung von Strafvollzugsbediensteten in Deutschland, Mönchengladbach 2015.
    (刑法読書会夏季集中例会 2020)
  • 明治・大正期の監獄と社会~「行刑の社会化」の源流を探る~
    (第21回CrimRC(犯罪学研究センター)公開研究会 2020)
  • Social Awareness of Death Penalty and Life Imprisonment
    (2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(法学) (九州大学)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Japan Society for the Promotion of Science
  • 2019/04 - 2020/03 Ritsumeikan University Ritsumeikan-Global Innovation Research Organization Senior Researcher
  • 2018/04 - 2019/03 Kyushu University Faculty of Law
  • 2017/04 - 2018/03 Kyushu University Faculty of Law
Committee career (2):
  • 2021/01 - 2023/10 日本犯罪社会学会 研究委員会委員
  • 2018/01 - 2020/10 日本犯罪社会学会 研究委員会委員
Awards (1):
  • 2019/12 - 特定非営利活動法人 刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター 2019年度 第5回 守屋研究奨励賞
Association Membership(s) (4):
THE JAPANESE SOCIETY FOR LAW AND PSYCHOLOGY ,  The Japan Society of Judicial Social Services ,  JAPANESE ASSOCIATION OF SOCIOLOGICAL CRIMINOLOGY ,  THE CRIMINAL LAW SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page