Rchr
J-GLOBAL ID:201801009551251336   Update date: Jan. 06, 2021

MORI TAKAMICHI

MORI TAKAMICHI
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (1): Synthetic organic chemistry
Research keywords  (6): 多成分連結反応 ,  Alkylation ,  Alcohol ,  PCET ,  Dual Transition Metal Catalyst ,  Metalacycle
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2019 二元遷移金属触媒系が導く新合成戦略:プロトン共役電子移動を介した還元的アルキル化反応の創出
  • 2016 - 2017 触媒的脱水素化および金属/金属協同効果に基づく水素移動型還元反応の開発
  • 2012 - 2015 メタラサイクルを活性中間体として活用した新形式有機合成反応の開発
Papers (11):
MISC (1):
  • Takamichi Mori, Toshiyuki Nakamura, Masanari Kimura. Stereoselective Coupling Reaction of Dimethylzinc and Alkyne toward Nickelacycles (vol 13, pg 2266, 2011). ORGANIC LETTERS. 2011. 13. 13. 3552-3552
Education (1):
  • 2014 - Nagasaki University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (長崎大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 National Institute of Technology, Fukushima College Department of Applid Chemistry and Biochemistry Assistant professor
  • 2016/04 - 2020/03 Tokyo University of Science,Yamaguchi Faculty of engineering, Applied chemistry
  • 2015/04 - 2016/03 学校法人東京理科大学 山口東京理科大学 工学部 応用化学科 助教
  • 2014/12 - 2015/03 Nagasaki University Research Fellowships for Young Scientists (PD)
  • 2012/04 - 2014/11 Nagasaki University Research Fellowships for Young Scientists (DC1)
Awards (5):
  • 2013/04 - 日本化学会 日本化学会第93春季年会 学生講演賞 Ni触媒を用いたジケテン、アルキンによる不飽和カルボン酸の新形式選択的合成法の開発
  • 2012/10 - 公益財団法人 MSD生命科学財団 大津会議アワードフェロー
  • 2012/03 - 長崎大学 長崎大学学長賞 メタラサイクルを活性中間体とする新形式有機合成反応の開発
  • 2011/06 - 有機合成化学協会九州山口支部 有機合成化学協会九州山口支部ポスター賞 有機亜鉛と不飽和炭化水素化合物による高選択的カップリング反応
  • 2010/12 - 近畿化学協会有機金属部会 第57回有機金属化学討論会ポスター賞 オキサニッケラサイクルを介する高立体選択的多成分連結反応
Association Membership(s) (4):
アメリカ化学会 ,  KINKI CHEMICAL SOCIETY, JAPAN ,  THE SOCIETY OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY, JAPAN ,  THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page