Rchr
J-GLOBAL ID:201801009930438591   Update date: Feb. 23, 2024

TAKEUCHI Shiro

TAKEUCHI Shiro
Affiliation and department:
Research field  (1): English linguistics
Research keywords  (5): ヴォイス ,  再帰 ,  意味論 ,  言語学 ,  英語学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2019 - 2024 Location-theoretic analyses of reflexives sentences
Papers (17):
  • 主要部Applが構築する再帰的関係. The Fukuoka Linguistic Circle 50th Anniversary Memorial Essay Collection. 2024. 399-415
  • Shiro Takeuchi. Two Types of Subject Experiencers. 2023. 55. 1. 137-145
  • 武内梓朗. 動名詞句主語と原因という意味役割. 日本英文学会九州支部第74回大会Proceedings <http://kyushu-elsj.sakura.ne.jp/proceedings2021.html>. 2022. 39-40
  • Shiro Takeuchi. On the Presence or Absence of Expletive Voice in English. Tsukuba English Studies. 2022. 40. 79-91
  • Shiro Takeuchi. On Have Constructions: Shared Characteristics. 2021. 19. 17-31
more...
Books (1):
  • The Fukuoka Linguistic Circle 50th Anniversary Memorial Essay Collection
    2024 ISBN:4758924007
Lectures and oral presentations  (10):
  • 中間構文の形成原理から見る日独英語
    (福岡言語学会 (Fukuoka Linguistic Circle: FLC) 2023)
  • On Applicatives
    (FLC 2022)
  • 動名詞句主語と原因という意味役割
    (日本英文学会九州支部第 74 回大会 英語学部門シンポジウム (非)名詞句主語へのアプローチ 2021)
  • 「主語の出現」ならびに「時間の進行にともなう主語の外延の拡がり」を表す再帰構文について
    (第41回福岡認知言語学会 2019)
  • 比喩的な意味を表す再帰構文について
    (福岡言語学会 (FLC) 2019年度第2回例会 2019)
more...
Works (1):
  • 『日英語における語彙・構文・談話の関係性 - 項構造を決定する要因の記述的解明 - (平成24年度麗澤大学言語研究センタープロジェクト研究成果報告書)』
    北原賢一, 藤川勝也, 小薬哲哉, 武内梓朗 2013 -
Education (2):
  • - 2016 University of Tsukuba
  • - 2010 Reitaku University
Professional career (2):
  • 博士(言語学) (筑波大学)
  • 修士(文学) (麗澤大学)
Work history (4):
  • 2023 - 現在 FLC(福岡言語学会)ハイブリッド開催技術担当
  • 2022 - 現在 FLC(福岡言語学会)50周年記念論文集編集委員会編集委員長
  • 2021/04 - 現在 Fukuoka University
  • 2016/04 - 2021/03 Kyushu Sangyo University Granduate Language Education and Research Center
Association Membership(s) (4):
筑波英語学会 ,  日本英文学会 ,  日本英語学会 ,  FLC
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page