Rchr
J-GLOBAL ID:201801010594920159   Update date: Jul. 10, 2021

Kan Fumihiko

Kan Fumihiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Business administration
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2016 - 2018 プロスポーツ振興による地方都市の定住人口の維持・増加
Papers (9):
  • The impact of professional sport facility construction: a systematic mapping review of empirical literature. 2021. 12. 2. 3-32
  • Total Economic Value and Value Structure of Professional Teams: Empirical Analysis Using the Contingent Valuation Method. 2020. 30. 3. 263-273
  • Hiroaki Funahashi, Fumihiko KAN, Takayuki KATSURADA and Yoshiyuki MANO. Identifying and Mapping Stakeholders in a Stadium Construction Project : The Case of Kitakyushu Stadium. 2020. 30. 2. 131-149
  • Fumihiko Kan. Consideration of the Parameters of the Relationship between Team Identification and Place Attachment. 2018. 28. 4. 321-335
  • Fumihiko Kan. Analysis on Relationship between Team Identification and Place Attachment. Waseda University. 2018
more...
MISC (5):
  • Fumihiko Kan. Regional revitalization through sports. THE JAPAN ECONOMIC RESEARCH INSTITUTE. 2021. 514. 46-50
  • Fumihiko KAN. Consideration of Publicity of Sports: From the Viewpoint of Perception by Local Residents. 2020. 6
  • 菅 文彦. プロスポーツチームと自治体の公民連携一側面 - Jリーグクラブと自治体間の協定事例 -. 地域活性研究. 2019. 10
  • 菅 文彦. スポーツビジネスとGISマーケティング - スポーツによる地方創生に一役を担う -. GIS NEXT. 2018. 63
  • 菅 文彦. スポーツツーリズムと地方創生 -しまなみ海道のサイクリングを例として-. RISB REPORT(早稲田大学スポーツビジネス研究所レポート). 2016. 2
Books (5):
  • スマート・ベニューハンドブック - スタジアム・アリーナ構想を実現するプロセスとポイント -
    ダイヤモンド社 2020
  • スポーツと君たち-10代のためのスポーツ教養
    大修館書店 2019
  • スポーツを「見る」ということ(体育科教育 2019年1月号)
    大修館書店 2018
  • スポーツツーリズム概論
    学術研究出版 2018
  • 奇跡の3年 2019・2020・2021 ゴールデン・スポーツイヤーズが地方を変える
    徳間書店 2015
Lectures and oral presentations  (8):
  • Consideration on J-Club management and finance strategy : Examination of public good value calculation of the clubs
    (2021)
  • Development of the Perceived Value Scale on Professional Sports Team
    (2020)
  • 公共財としてのプロスポーツクラブの価値評価
    (日本スポーツ産業学会第28回大会 2019)
  • 観戦型スポーツが有する価値構造に関する試論 -スポーツ目的論・手段論からの接近:Jリーグを例としてー
    (日本スポーツマネジメント学会第11回大会 2019)
  • 自治体とJリーグクラブの協定に基づく地域ガバナンスの考察
    (地域活性学会 第10回研究大会 2018)
more...
Education (4):
  • - 2018 Waseda University
  • - 2015 法政大学大学院公共政策学研究科 修士課程修了 修士(公共政策学)
  • - 1996 Kyoto University
  • - 1994 Shinshu University Forest Science
Professional career (1):
  • 博士(スポーツ科学) ((早稲田大学))
Committee career (2):
  • 2020/09 - 2021/03 経済産業省・スポーツ庁 「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ選定」審査委員
  • 2019/02 - 2019/02 日本スポーツ産業学会 第6回冬季学術集会 実行委員長
Awards (1):
  • 2018/02 - 早稲田大学スポーツ科学学術院 濱野吉生記念褒賞
Association Membership(s) (6):
JAPANESE SOCIETY OF POLICY FOR PHYSICAL EDUCATION AND SPORT ,  地域活性学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR SPORT MANAGEMENT ,  JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY ,  Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences ,  JAPAN SOCIETY OF SPORT SOCIOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page