Rchr
J-GLOBAL ID:201801010627583862   Update date: Oct. 11, 2020

Sasaki Tetsuya

ササキ テツヤ | Sasaki Tetsuya
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 臨床研究支援センター  CRC
Research field  (1): Pharmacology
Research keywords  (4): 臨床薬理 ,  臨床試験 ,  高齢者 ,  がん
Papers (5):
MISC (4):
  • 日比野 文代, 佐藤 直美, 清野 有香, 松下 知司, 佐々木 哲哉, 内倉 健, 田原 佐知子, 宇賀神 和久, 白井 敦, 詫間 隆博, et al. コンサルテーション型診療科における治験の実施 新たな治験症例集積システムの構築. 臨床薬理. 2017. 48. Suppl. S302-S302
  • 佐々木哲哉. 治験業務に関する意見交換会を終えて. 東京都病院薬剤師会雑誌. 2016. 65. 206-208
  • 松下知司, 日比野文代, 樋熊直美, 樋熊直美, 佐々木哲哉, 内倉健, 原田史穂子, 深津亜希子, 眞野三奈子, 竹ノ下祥子, et al. 昭和大学8病院間において共同試験を実施した取り組みについて. CRCと臨床試験のあり方を考える会議プログラム・抄録集. 2015. 15th. 196
  • 佐々木哲哉. ベバシズマブによる高血圧は効果予測因子と成り得るか?. ファルマシア. 2010. 45. 1183-1278
Lectures and oral presentations  (17):
  • 医療機関で実施した臨床開発モニター研修に関するアンケート調査
    (第40回 日本臨床薬理学会 学術集会 2019)
  • 欧州医薬品庁よる医療機関への実地調査の受け入れ対策と対応について
    (第19回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議2019 in Yokohama 2019)
  • 殺細胞性抗癌薬の添付文書に掲載される併存症治療薬との薬物間相互作用の評価
    (第4回 日本がんサポーティブケア学会 学術集会 2019)
  • 全国の大学病院を対象とした患者向け治験情報の実態調査
    (第18回 国際薬理学・臨床薬理学会議 2018)
  • G-CSF製剤適正使用ガイドラインに関する薬剤師へのアンケート調査
    (第55回日本癌治療学会学術集会、ワークショップ 14 2018)
more...
Education (1):
  • - 2011 Showa University of Pharmaceutical Sciences
Professional career (1):
  • 博士(薬学) (昭和大学)
Committee career (4):
  • 2018/11 - 現在 日本臨床薬理学会 評議員
  • 2015 - 現在 日本がんサポーティブケア学会 高齢者のがん治療部会委員
  • 2014/08 - 現在 日本臨床試験学会 企画研修委員
  • 2016/02 - 2018/08 日本癌治療学会 G-CSF適正使用ガイドライン改定ワーキンググループ協力委員
Association Membership(s) (7):
DIA japan ,  JAPANESE SOCIETY OF PHARMACEUTICAL HEALTH CARE AND SCIENCES ,  日本がんサポーティブケア学会 ,  JAPAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY ,  日本臨床試験学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS ,  日本臨床腫瘍学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page