Rchr
J-GLOBAL ID:201801010751679479   Update date: Feb. 01, 2024

Morita Chisato

Morita Chisato
Research field  (1): Developmental dentistry
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2022 - 2025 非症候性原発性萌出不全における遺伝的要因の探索と新規治療法の確立
  • 2019 - 2023 新規ヒアルロン酸分解酵素を分子標的にして顎顔面形成異常および口腔癌を制御する
  • 2020 - 2022 New diagnostic method by identification of genetic factors in the etiology of PFE
  • 2018 - 2020 Glut-1欠損症患者で見られる顎顔面形態異常とSLC2A1遺伝子変異との関連
  • 2015 - 2017 顎顔面形成異常にかかわる新規原因遺伝子の探索
Papers (16):
  • 伊藤 慎将, 森田 知里, 吉川 浩史, 吉田 侑加, 田中 晋, 山城 隆. 歯科矯正用アンカースクリューを応用した上顎切歯の短根および菲薄な下顎結合部を有する骨格性下顎前突症例. 日本顎変形症学会雑誌. 2023. 33. 2. 214-214
  • 伊藤 慎将, 森田 知里, 吉川 浩史, 吉田 侑加, 田中 晋, 山城 隆. 歯科矯正用アンカースクリューを応用した上顎切歯の短根および菲薄な下顎結合部を有する骨格性下顎前突症例. 日本顎変形症学会雑誌. 2023. 33. 2. 214-214
  • 辻本 貴行, 黒坂 寛, 村田 有香, 犬伏 俊博, 森田 知里, 山城 隆. Baraitser-Winter syndromeを引き起こすACTBの変異同定と顎顔面発生における機能解析. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2022. 81回. 139-139
  • 辻本 貴行, 黒坂 寛, 村田 有香, 犬伏 俊博, 森田 知里, 山城 隆. Baraitser-Winter syndromeを引き起こすACTBの変異同定と顎顔面発生における機能解析. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2022. 81回. 139-139
  • Hiroshi Kurosaka, Shinsuke Itoh, Chisato Morita, Takayuki Tsujimoto, Yuka Murata, Toshihiro Inubushi, Takashi Yamashiro. Development of dentition: From initiation to occlusion and related diseases. Journal of Oral Biosciences. 2022
more...
MISC (31):
Professional career (1):
  • 博士 (歯学) (大阪大学)
Work history (1):
  • 2015/04 - 現在 Osaka University Dental Hospital
Association Membership(s) (4):
JAPANESE ASSOCIATION FOR ORAL BIOLOGY ,  JAPANESE ORTHODONTIC SOCIETY ,  日本顎変形症学会 ,  日本口蓋裂学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page