Rchr
J-GLOBAL ID:201801011512215106   Update date: Aug. 28, 2020

KATAYAMA Kazuhiko

カタヤマ カズヒコ | KATAYAMA Kazuhiko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (2): Immunology ,  Virology
Research keywords  (4): Vaccinology ,  Molecular epidemiology ,  Molecular biology ,  Virology
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2017 - 2022 ノロウイルスの水環境中キャリアーとなる糖鎖分泌細菌の多様性と存在実態の解明
  • 2017 - 2021 ノロウイルスの水環境中キャリアーとなる糖鎖分泌細菌の多様性と存在実態の解明
  • 2017 - 2020 下痢症ウイルス感染症の分子疫学および流行予測に関する研究
  • 2017 - 2020 下痢症ウイルスの病原性発現機構の解明及び新規治療薬・ワクチン等の開発に向けた研究
  • 2017 - 2020 我が国で求められる画期的な新規ワクチンの開発・実用化に資する研究
Show all
Papers (169):
more...
MISC (111):
  • Hirokazu Kimura, Hiromu Kurusu, Mitsuru Sada, Daisuke Kurai, Koichi Murakami, Wataru Kamitani, Haruyoshi Tomita, Kazuhiko Katayama, Akihide Ryo. Molecular pharmacology of ciclesonide against SARS-CoV-2. Journal of Allergy and Clinical Immunology. 2020. 146. 2. 330-331
  • 片山 和彦. 【ロタウイルス感染症のすべて】ロタウイルス感染症の基礎・疫学 ロタウイルスのウイルス学的特徴. 臨床と微生物. 2020. 47. 2. 099-105
  • 片山 和彦. ノロウイルスの予防対策〜アウトブレイクを起こさないために〜 ノロウイルスワクチン. 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集. 2020. 35回. SY14-1
  • 片山 和彦. ノロウイルスのワクチン開発. Medical Technology. 2019. 47. 12. 1176-1177
  • 木村 博一, 左近 直美, 本谷 匠, 松島 勇紀, 貞升 健志, 片山 和彦, 梁 明秀. 【食品安全の最前線-食品衛生の観点から-】ノロウイルスGII、P17-GII、17に汚染された刻み海苔による大規模食中毒事例. 感染制御と予防衛生. 2019. 3. Suppl.1. 116-120
more...
Patents (4):
  • 複合ポリペプチド単量体、細胞浸透機能を有する当該複合ポリペプチドの単量体の会合体、及び、当該会合体を有効成分とする皮下、皮内、経皮又は筋肉内投与用ノロウイルスコンポーネントワクチン
  • ノロウイルスが増殖可能な遺伝子組換え培養細胞、及び、その用途
  • ノーウォーク様ウイルス(GII)の検出方法
  • ノーウォーク様ウイルス(GI)の検出方法
Professional career (1):
  • 獣医学博士 (東京大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page