Rchr
J-GLOBAL ID:201801011664806290   Update date: Oct. 15, 2021

Shikamura Yoshiaki

シカムラ ヨシアキ | Shikamura Yoshiaki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Clinical pharmacy
Research keywords  (1): Pharmacy Administration
Papers (17):
more...
MISC (40):
  • 鹿村恵明. 疑義照会の経済的効果 -全国の薬局疑義照会調査より. 調剤と情報. 2020. 26. 7. 1395-1400
  • 鹿村恵明. 保険薬局薬剤師による疑義照会の医療経済的効果. 薬局. 2020. 71. 2. 250-257
  • 鹿村恵明. 「薬の正しい使い方を学ぶ重要性」. 高校保健ニュース. 2019. 675. 1
  • 鹿村恵明. 「秋季随想 オンライン英会話」. 週刊薬事新報. 2018. 3066. 1073-1073
  • 鹿村恵明. 災害時に役立つOTC医薬品. 都薬雑誌3月号. 2018. 40. 3. 22-28
more...
Books (52):
  • 謎解きで学ぶ 薬学生・新人薬剤師のための処方解析入門[改訂第3版]
    株式会社薬ゼミ情報教育センター 2020 ISBN:9784904517956
  • 薬学生・薬剤師のためのヒューマニズム改訂版
    羊土社 2019 ISBN:9784758109420
  • 薬剤師国家試験対策参考書〔改訂第10版〕《青本》9実務
    薬学ゼミナール 2019
  • 薬剤師国家試験対策参考書《青本》〔改訂第9版〕9実務
    薬学ゼミナール 2019 ISBN:9784909120281
  • 薬剤師国家試験対策参考書《青本》〔改訂第8版〕9実務
    薬学ゼミナール 2018 ISBN:9784909120168
more...
Lectures and oral presentations  (45):
  • 薬局の上手な活用法 ~薬局の基礎知識~
    (第50回薬と健康の週間 -ちば県民のつどい- 2019)
  • 平成29年度 Drug Event Monitoring(DEM)で報告されたエスフルルビプロフェン使用に伴う有害事象の検討
    (第52回日本薬剤師会学術大会 2019)
  • 新薬(11薬剤)使用に伴う有害事象の検討:平成30年度 Drug Event Monitoring(DEM)で報告されたイベントの解析
    (第52回日本薬剤師会学術大会 2019)
  • OTC医薬品の副作用報告推進に向けた啓発資材の開発
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • 臨床疫学研究の進め方~薬局薬剤師業務のエビデンス化に向けて~
    ((公社)日本薬剤師会・平成30年度薬局ビジョンに向けた薬剤師のかかりつけ機能強化事業 次世代薬剤師指導者研修会 2019)
more...
Education (1):
  • - 1988 Showa Pharmaceutical University Pharmaceutical Department
Professional career (1):
  • Doctor of Pharmacy (Tokyo University of Science)
Committee career (32):
  • 2020/09/08 - 2022/06/30 公益社団法人 日本薬剤師会 薬事関連情報評価・調査企画委員会
  • 2020/06/26 - 2022/06/30 足利薬剤師会 相談役
  • 2020/05/28 - 2022/05/10 一般社団法人日本医療薬学会 学会理事等
  • 2020/07/01 - 2022/03/31 一般社団法人日本医療薬学会 専門薬剤師制度支援システム検討WG 委員
  • 2020/07/01 - 2022/03/31 一般社団法人日本医療薬学会 地域薬学ケア専門薬剤師認定委員会 副委員長
Show all
Awards (3):
  • 2018/02/07 - 平成29年度安足地区保健衛生事業功労者表彰
  • 2017/07/09 - 最優秀論文賞(平成28年度)
  • 2016/09/24 - 第10回学術奨励賞
Association Membership(s) (11):
Ashikaga Pharmaceutical Association ,  Japanese Society of Drug Safety ,  Tochigi Pharmaceutical Association ,  Japan Pharmaceutical Association ,  Self-medication advocacy council ,  Japanese Society of Drug Imformatics ,  Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences ,  Japan Pharmaceutical Association ,  Japanese Society of Drug Imformatics ,  Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences ,  Tochigi Pharmaceutical Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page