Rchr
J-GLOBAL ID:201801011929517415   Update date: Jul. 09, 2021

Miyanohara Mayu

Miyanohara Mayu
Affiliation and department:
Research keywords  (7): Streptococcus panodentis ,  Streptococcus troglodytae ,  ミュータンスレンサ球菌 ,  人類進化モデル ,  口腔内細菌 ,  3DS ,  チンパンジー
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2019 - 2024 予防歯科におけるチェアサイドPCR法の確率とREDコンプレックス除菌療法の展開
  • 2020 - 2023 真菌のクオラムセンシング分子によるECC発症メカニズムの解明
  • 2019 - 2022 脳卒中発症に寄与するStreptococcus mutansの病原因子解明
  • 2014 - 2016 人類進化モデルを用いた口腔細菌叢の網羅的解析
Papers (8):
MISC (30):
Books (3):
  • [臨床編] 3DSセラピーができる本
    2021
  • ”老化の予防” 歯科Q&A
    医学情報社 2018
  • 歯科発アクティブライフプロモーション21 健康増進からフレイル予防を
    デンタルダイヤモンド社 2017
Professional career (1):
  • 博士(歯学) (鶴見大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page