Rchr
J-GLOBAL ID:201801012172298849   Update date: Nov. 30, 2020

Kushihata Taro

クシハタ タロウ | Kushihata Taro
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Papers (8):
more...
MISC (10):
  • 曽根知道, 安原智久, 柳田一夫, 串畑太郎, 上田昌宏, 栗尾和佐子. 2019年度摂南大学薬学部早期体験学習報告書. 2019年度摂南大学薬学部早期体験学習報告書. 2020
  • 曽根知道, 安原智久, 柳田一夫, 串畑太郎, 栗尾和佐子. 2018年度摂南大学薬学部早期体験学習報告書. 摂南大学薬学部. 2019
  • 安原智久, 隠岐英之, 串畑太郎, 曾根知道. 薬局実務実習におけるルーブリックを用いたパフォーマンス評価. 薬学教育. 2019. 2
  • 曽根知道, 安原智久, 柳田一夫, 串畑太郎, 栗尾和佐子, 西川智絵. 2017年度摂南大学薬学部早期体験学習報告書. 摂南大学薬学部. 2018
  • Study of learning outcomes using multivariate analysis-Analysis of questionnaire survey in early clinical exposures-. 2017. 1. 7-13
more...
Lectures and oral presentations  (141):
  • 摂南大学とアメリカ2大学(オレゴン州立大学、ハーディング大学)の薬剤師養成過程におけるカリキュラムの比較
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 5年間の継続的なRubricを用いた学生自己評価によるディプロマ・ポリシーへの到達度とその過程
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 1年次ハンディキャップ体験学習:障害者役と健常者役が合意のもとにきめるグループワークがもたらす学習効果
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 患者への指導時における薬剤師の声が与える印象の評価と評価法の検討
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 薬学部入学生が持つ薬剤師に対する認識や関心
    (日本薬学会第140年会 2020)
more...
Education (1):
  • - 2014 Setsunan University
Professional career (1):
  • 学士(薬学) (摂南大学)
Association Membership(s) (5):
日本薬学教育学会 ,  Japanese Association for Disaster Medicine ,  日本薬局学会 ,  日本医学教育学会 ,  日本薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page