Rchr
J-GLOBAL ID:201801012715500813   Update date: Jul. 10, 2021

Iida Yoshiho

イイダ ヨシホ | Iida Yoshiho
Research field  (3): Politics ,  History of thought ,  Literature - European
Research keywords  (9): 社会契約論 ,  手稿研究 ,  ジャン=ジャック・ルソー ,  市民宗教 ,  18世紀 ,  思想史 ,  啓蒙思想 ,  政治思想 ,  哲学
Papers (9):
  • IIDA Yoshiho. Comment expliquer la genese de la "moralite des actions humaines" : l’aporie dans le manuscrit B de l’Emile de Jean-Jacques Rousseau. Tetsugaku zasshi. 2018. 132. 804・805. 319-334
  • IIDA Yoshiho. 自然法は拘束力をもつか:ルソー「ジュネーヴ草稿」葉紙63裏面に書かれたディドロ執筆項目「自然法」批判. 百科全書の時空 典拠・生成・転位. 2018. 325-351
  • IIDA Yoshiho. 法的拘束力の説明モデルとしての自然法論-ルソーからスアレスへ. Nyx. 2017. 4. 112-127
  • IIDA Yoshiho, FUCHIDA Masashi. Volonté générale 2.0 ? Rousseau mis à jour par Hiroki Azuma. Multitudes. 2016. 2(63). 202-212
  • IIDA Yoshiho. La "Religion civile" chez Rousseau comme art de faire penser. Université Grenoble Alpes. 2016. i-340
more...
MISC (5):
  • 飯田賢穂. 【翻訳】フランソワ・ペパン「哲学の哲学的歴史とディドロ」. 百科全書の時空:典拠・生成・転位. 2018. 49-79
  • 飯田賢穂, 淵田仁. 【翻訳】ジャン=ジャック・ルソー「自然の多様な混合物と構成物について:『化学教程』第1部第1編第4章」. 多様体:人民/群衆. 2018. 1. 381-389
  • 飯田賢穂, 三浦信孝. 【翻訳】ジャン=ファビアン・スピッツ「ルソーと現代共和主義:「正義なき自由は真の矛盾である」」. ルソーと近代 ルソーの回帰・ルソーへの回帰. 2014. 235-259
  • 飯田賢穂, 淵田仁. 【翻訳・訳註】 ジャン=ジャック・ルソー『化学教程』. 月曜社公式ウェブサイト(http://getsuyosha.jp/rousseau/01.html). 2011. 連載中
  • 飯田賢穂, 淵田仁. 【翻訳】マルタン・リュエフ「ルソーにおける諸能力の理論」. ルソーと近代 ルソーの回帰・ルソーへの回帰. 142-162
Books (5):
  • ルソー論集 : ルソーを知る、ルソーから知る
    中央大学出版部 2021 ISBN:9784805753590
  • 百科全書の時空 : 典拠・生成・転位
    法政大学出版局 2018 ISBN:9784588150913
  • Multitudes 63 : Les nouvelles frontières du revenu d'existence
    2016
  • Rousseau et Diderot : traduire, interpréter, connaître : actes du colloque organisé à Varsovie, 2-4 décembre 2013
    Wydawn. Uniwersytetu Warszawskiego 2016 ISBN:9788323520306
  • ルソーと近代-ルソーの回帰・ルソーへの回帰
    2014 ISBN:4862580823
Lectures and oral presentations  (15):
  • スアレス『法律叙説』第1巻におけるiusとlex-用法と近代政治思想史的射程
    (近世スコラ学における共同体思想の発展 2018)
  • デジタル資料を用いた研究の可能性:参加可能性、精読の向上可能性、伝達・共有可能性
    (第43回社会思想史学会大会 〈セッションA〉「 思想史研究におけるデジタル化と刊本・手稿の意義」 2018)
  • デジタル・ツールの実践例:データ・ベース作成、デジタル・モデル作成、手稿分析
    (日本18世紀学会第40回大会〈自由論題報告〉「名古屋大学附属図書館所蔵西洋古典籍のデジタル化プロジェクトとその意義」 2018)
  • 自然法学史の誇張的叙述:『百科全書』第5巻ディドロ執筆項目「自然法」の叙述分析
    (日本哲学会第77回大会〈ワークショップ〉「政治哲学における〈啓蒙〉の位置付けをめぐって」 2018)
  • 約束と行為の道徳性-ルソー『エミール』B草稿における『良心』概念について
    (哲学会第56研究発表大会 2017)
more...
Education (5):
  • 2009 - 2017 東京大学大学院 超域文化学科表象文化論分野(博士後期課程)
  • 2012 - 2015 グルノーブル・アルプ大学 博士後期課程
  • 2011 - 2012 グルノーブル第三大学スタンダール校 修士課程(Master 2)
  • 2007 - 2009 東京大学大学院 超域文化学科表象文化論分野(修士課程)
  • 2003 - 2007 Chuo University Department of Cross-Cultural Studies
Professional career (2):
  • 博士(文学) (グルノーブル・アルプ大学)
  • 修士(文学) (グルノーブル第3大学)
Association Membership(s) (5):
THE SOCIETY OF PHILOSOPHY ,  THE ASSOCIATION FOR STUDIES OF CULTURE AND REPRESENTATION ,  社会思想史学会 ,  JAPANESE SOCIETY FOR EIGHTEENTH-CENTURY STUDIES / SOCIETE JAPONAISE D'ETUDE DU DIX-HUITIEME SIECLE ,  LA SOCIETE JAPONAISE DE LANGUE ET LITTERATURE FRANCAISES / THE JAPANESE SOCIETY OF FRENCH LANGUAGE & LITERATURE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page