Rchr
J-GLOBAL ID:201801012798386324   Update date: Nov. 13, 2020

Kawano Toshiya

Kawano Toshiya
Affiliation and department:
Papers (13):
  • 過失犯における訴因変更の要否について. 桃山法学. 2020. 32. 231-266
  • 訴因の特定に関する序論的考察. 桃山法学. 2019. 31. 53-86
  • 河野 敏也. <判例研究>訴因変更の要否について--最高裁平成13年4月11日決定までの判例の変遷. 桃山法学. 2019. 30. 87-115
  • 河野 敏也. 刑事訴訟法における審判対象論と刑法における構成要件論の関係について. 桃山法学. 2018. 29. 103-137
  • 河野 敏也. ドイツにおける被害者の承諾論の歴史的展開について. 明治大学大学院法学研究論集. 2018. 48. 1-20
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 法解釈を考える模擬裁判の試行
    (法と教育学会 2015)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page