Rchr
J-GLOBAL ID:201801013143966200   Update date: Jul. 20, 2021

Ito Hideaki

イトウ ヒデアキ | Ito Hideaki
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (1): Japanese language education
Research keywords  (6): Collaborative Learning ,  CEFR ,  CALL (Computer-assisted language learning) ,  Learning Environment ,  Japanese Language Education Methodology ,  Japanese language pedagogy
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2021 - 2025 映像作品を通した協働学習peer watchingの実証研究
  • 2020 - 2023 ICT活用授業の教育効果測定に関する総合的研究 ~連関モデル構築の試み~
  • 2021 - 2022 令和3年度 やさしい日本語研修に関する学術指導
  • 2018 - 2022 The Database Construction of Correct Use and Misuse in Considerate Expressions for the Dictionary of Japanese Considerate Expressions
  • 2020 - 2021 VR日本語教育コンテンツのシナリオ作成に関する研究
Show all
Papers (10):
  • Hideaki Ito, Alexander Tokarev. From Yasashii Nihongo in non-disaster times towards a plurilingual language education approach: an outlook from the perspective of “reasonable accommodation”. F1000Research. 2021. 1-10
  • Hideaki Ito. From Native-speaker Likeness to Self-representation in Language: Views from the Acquisition of Japanese Transitive and Intransitive Verbs. Acta Linguistica Asiatica. 2021. 11. 1. 25-36
  • ITO Hideaki, YAMADA Noe, KATAYAMA Naomi, NAKAJIMA Sakura, ONO Masaki. COMMUNITY PLANNING FOR MULTICULTURAL COEXISTENCE - INTERNATIONALIZATION OF KAMISU CITY, IBARAKI PREFECTURE -. 2020. 127-137
  • Orthoepic Competence Descriptors in Japanese Language Education: CEFR Levels B1 to C2. Acta Linguistica Asiatica. 2020. 10. 1. 49-66
  • Ito Hideaki. Reconsidering Can-Do Descriptors for Orthoepic Competence with a Focus on the CEFR's“Basic Language User". The Journal of the JASBEL. 2019. 3. 72-86
more...
MISC (37):
  • ITO Hideaki, ONO Masaki, MOON Changyun, HIGURE Yasuharu, MA Wenwen, JAKLIN Petra. 2020 Report on the Center for Distance Learning of Japanese and Japanese Issues. 2021. 36. 33-42
  • ITO Hideaki, NAKAJIMA Sakura, YAMADA Noe. Training in "Yasashii Nihongo" for City Hall Staff: Case study of Kamisu City, Ibaraki Prefecture. 2021. 36. 13-22
  • 山田 智久, 北村 祐人, 伊藤 秀明, 熊野 七絵. デジタルリソースのキュレーションを考える-事例 と視点の共有を目指して-. 2020年度日本語教育学会秋季大会予稿集. 2020. 56-65
  • 伊藤秀明. KOTONOHA検索コンテスト2020 優秀賞受賞作品1. 言語資源活用ワークショップ2020発表論文集. 2020. 380-381
  • Report on the Center for Distance Learning of Japanese and Japanese Issues 2019: An Overview of the Second Term and Plans for the Third Term. 2020. 35. 33-44
more...
Books (2):
  • 日本語の教科書がめざすもの
    凡人社 2019 ISBN:9784893589637
  • ICT×日本語教育 情報通信技術を利用した日本語教育の理論と実践
    ひつじ書房 2019 ISBN:9784894769441
Lectures and oral presentations  (44):
  • デジタルリソースのキュレーションを考える-事例 と視点の共有を目指して-
    (2020年度日本語教育学会秋季大会 2020)
  • テクノロジーを活用した日本語教育の推進
    (令和元年度 日本語教育・教材開発・実践教育研修共同利用拠点事業シンポジウム「日本語教育における遠隔教育の現状と今後の展望」 2019)
  • 公的機関(JF、大学、文化庁)のeラーニング教材を日本語教育現場で活用するためには何が必要か
    (8th International Conference on Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese 2019)
  • 多文化共生サポートアプリ「SuMo Japan」の開発
    (2019年度日本語教育学会春季大会 2019)
  • 語彙・表現習得支援のためのコンテンツ開発に向けて ー留学生の日常トピックからのコロケーションの抽出と分類ー
    (2019年度日本語教育学会春季大会 2019)
more...
Works (5):
  • SuMo Japan(多文化共生サポートアプリ)
    伊藤 秀明 2019 -
  • Kanji Animation(日本語学習サイト)
    伊藤,秀明 2018 -
  • まるごとのことば 初級2(A2)(日本語学習サイト)
    伊藤秀明, 石井容子, 前田純子, 新井潤, 宮崎玲子, 川﨑貴恵 2017 -
  • ひろがる もっといろんな日本と日本語(日本語学習サイト)
    伊藤秀明, 石井容子, 前田純子
  • まるごと+(まるごとプラス)初級2(A2)(日本語学習サイト)
    石井容子, 前田純子, 伊藤秀明, 宮崎玲子
Education (2):
  • - 2015 University of Tsukuba
  • - 2009 University of Tsukuba
Work history (4):
  • 2017/04 - 現在 University of Tsukuba Faculty of Humanities and Social Sciences
  • 2013/08 - 2017/03 国際交流基金関西国際センター 日本語教育専門員
  • 2011/07 - 2013/07 国際交流基金ケルン日本文化会館 日本語専門家
  • 2011/04 - 2011/07 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
Committee career (10):
  • 2021/07 - 現在 日本語教育学会 学会誌委員会
  • 2021/05 - 現在 凸版印刷株式会社 「文化庁委託 ICTを活用した「生活者としての外国人」のための日本語学習コンテンツの作成・提供業務 検討会」検討委員
  • 2021/05 - 現在 茨城県神栖市 神栖市多文化共生推進会議
  • 2020/05 - 現在 茨城県 地域日本語教育の体制づくり総合調整会議
  • 2020/01 - 現在 第二言語習得研究会 大会運営委員会
Show all
Awards (3):
  • 2020/09 - Center for Corpus Development, NINJAL KOTONOHA検索コンテスト2020 優秀賞
  • 2017/05/20 - 日本語教育学会 日本語教育学会 2017年度春季大会特別プログラム 人工知能・人型ロボットを使った日本語教育アイディア最優秀作
  • 2009/03/25 - 筑波大学大学院地域研究研究科研究科長賞
Association Membership(s) (7):
THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE ,  AJE (Association of Japanese Language Teachers in Europe) ,  The Sciety of Technical Japanese Education ,  Japanese Language Education Methods ,  The Mathematical Linguistic Society of Japan ,  JAPAN ASSOCIATION FOR EDUCATIONAL MEDIA STUDY ,  JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page