Rchr
J-GLOBAL ID:201801013294247818   Update date: Sep. 08, 2021

Teramoto Megumi

Teramoto Megumi
Affiliation and department:
Research field  (1): International relations
Research keywords  (4): 移民 ,  クルド ,  オランダ ,  国際社会学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2018 - 2020 オランダに居住するクルド系住民第2世代が送出地域の政治運動に共感する要因
  • 2020 - 2020 オランダ社会への統合と「クルド人問題」--クルド組織と第2世代の活動を中心に
  • 2014 - 1980年代以降のオランダにおけるクルド系住民の活動--EU域内における紐帯を視野に
  • 2014 - 越境メディアとオランダに居住するクルド人第 2 世代の活動
  • 2013 - オランダにおける1980年代以降の移民政策とクルド系住民の活動 -イスラームを重視するクルド系住民の活動に注目して-
Show all
Papers (7):
  • 寺本めぐ美. オランダにおける「クルド・ナショナリズム」の展開--クルド系住民第2世代の政治意識の分析から. 日本中東学会年報. 2019. 35. 2. 71-100
  • 寺本めぐ美. 地方自治体における多文化主義の意義と限界 --オランダ・ハーグ市の政策とクルド組織の活動から. 移民政策研究. 2019. 11. 159-172
  • 寺本めぐ美. オランダ在住クルド系住民による国境を越えた政治活動 --先行研究の整理を中心に. IICS Monograph Series 津田塾大学国際関係研究所. 2018. 33
  • 寺本めぐ美. 学位論文 オランダのクルド系住民と「クルド人問題」--クルド組織と第 2 世代の活動を中心に. 津田塾大学. 2017
  • 寺本めぐ美. 1980 年代以降のオランダにおけるクルド組織とクルド系住民第 2世代の活動--受入社会への統合という視点から. 西洋近現代史研究会会報. 2015. 29
more...
Books (4):
  • オランダ社会への統合と「クルド人問題」--クルド組織と第2世代の活動を中心に
    有信堂高文社 2020
  • 包摂・共生の政治か、排除の政治か --移民・難民と向き合うヨーロッパ
    明石書店 2019
  • クルド人を知るための55章 (エリア・スタディーズ170)
    明石書店 2019
  • 明日へ翔ぶ--人文社会学の新視点 3
    風間書房 2014
Lectures and oral presentations  (1):
  • ヨーロッパにおけるクルド人組織の活動
    (アジア経済研究所 夏期公開講座 コース7 主権国家の確立/打破を目指すクルド人 2018)
Professional career (1):
  • 博士(国際関係学) (津田塾大学)
Work history (4):
  • 2021/09 - 現在 Hosei University Faculty of Computer and Information Sciences
  • 2018/04 - 現在 Tsuda College Institute of International and Cultural Studies
  • 2018/04 - 現在 Tsuda College Faculty of Liberal Arts, Department of International and Cultural Studies
  • 2016/04 - 2018/03 Tsuda College Faculty of Liberal Arts, Department of International and Cultural Studies
Committee career (2):
  • 2018/04 - 2019/03 アジア経済研究所 研究会委員
  • 2014/06 - 2017/02 西洋近現代史研究会委員
Association Membership(s) (4):
THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  JAPAN ASSOCIATION FOR MIDDLE EAST STUDIES ,  JAPAN ASSOCIATION FOR MIGRATION POLICY STUDIES ,  国際政治学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page