Rchr
J-GLOBAL ID:201801013437647642   Update date: Jul. 28, 2021

Ding Qing

テイ セイ | Ding Qing
Research keywords  (3): coagulation ,  membrane filtration ,  water purification
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 固体EEM分析による膜ファウリング物質のIn-situ定量法の開発
  • 2020 - 2023 革新的微生物モニタリング技術の開発と適用:アジアの水系感染症根絶への挑戦
  • 2019 - 2021 原水と凝集剤特性が凝集後残存する微小粒子の構成成分・物理化学特性に及ぼす影響
Papers (9):
Lectures and oral presentations  (1):
  • 凝集-MF膜ろ過プロセスにおける不可逆的膜ファウリングを表すコロイドの凝集特性
    (平成29 年度一般社団法人先端膜工学研究推進機構春季講演会・膜工学サロン 2018)
Education (7):
  • 2014 - 2018 Chuo University 都市環境学専攻
  • 2016 - 2017 ノルウェー科学技術大学
  • 2015 - 2015 ノルウェー科学技術大学
  • 2015 - 2015 デューク大学
  • 2012 - 2014 Chuo University 土木工学専攻
Show all
Professional career (2):
  • 修士(工学) (中央大学)
  • 博士(工学) (中央大学)
Work history (4):
  • 2019/04 - 中央大学理工学部助教
  • 2018/05 - 2019/03 中央大学研究開発機構客員研究員
  • 2018/04 - 2019/03 中央大学研究開発機構客員研究員
  • 2010/07 - 2012/02 中海工業(江蘇)有限公司船舶デザイナー(中国)
Awards (1):
  • 2018/09 - 日本水環境学会 博士研究奨励賞(オルガノ賞)最優秀賞 凝集-MF膜ろ過プロセスにおける不可逆的膜ファウリングの制御理論の確立
Association Membership(s) (4):
日本水環境学会 ,  土木学会 ,  日本水環境学会 ,  International Water Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page