Rchr
J-GLOBAL ID:201801013983231708   Update date: Jan. 30, 2024

sugasawa takehito

sugasawa takehito
Affiliation and department:
Job title: 助教
Homepage URL  (1): https://www.takekoshi-rna-seq.com/
Research field  (4): Nutrition and health science ,  Clinical pharmacy ,  Physiology ,  Genomics
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2021 - 2024 血糖値の変動に応じた機能的インスリン分泌を可能とするAAVベクターの構築と1型糖尿病モデルに対する治療効果の検討-1型糖尿病の根治を目指して-
  • 2021 - 2023 小腸におけるレナラーゼの発現調節メカニズムと生理的作用の検証
  • 2019 - 2023 クライオセラピーにおける分子メカニズムの探索
  • 2021 - 2023 ペット産業関連企業との共同研究
  • 2020 - 2022 リキッドバイオプシーを用いた非侵襲的な遺伝子ドーピングの革新的な検出法開発
Show all
Papers (84):
  • Takuto Hayashi, Shunya Sadaki, Ryosuke Tsuji, Risa Okada, Sayaka Fuseya, Maho Kanai, Ayano Nakamura, Yui Okamura, Masafumi Muratani, Gu Wenchao, et al. Dual-specificity phosphatases 13 and 27 as key switches in muscle stem cell transition from proliferation to differentiation. 2023
  • Takeshi Furuhashi, Yuki Matsumoto, Ryuga Ishii, Takehito Sugasawa, Shigenori Ota. Hypoxia and lactate influence VOC production in A549 lung cancer cells. Frontiers in Molecular Biosciences. 2023. 10
  • Xin Shen, Shaocong Mo, Xinlei Zeng, Yulin Wang, Lingxi Lin, Meilin Weng, Takehito Sugasawa, Lei Wang, Wenchao Gu, Takahito Nakajima. Identification of antigen-presentation related B cells as a key player in Crohn's disease using single-cell dissecting, hdWGCNA, and deep learning. Clinical and experimental medicine. 2023
  • Takehito Sugasawa, Yuki Matsumoto, Hui Fang, Tohru Takemasa, Ritsuko Komine, Shinsuke Tamai, Wenchao Gu, Kei Tanaka, Yasuharu Kanki, Yasuharu Kanki, et al. Establishing a Sequencing Method for the Whole Mitochondrial DNA of Domestic Dogs. Animals. 2023. 13. 14. 2332-2332
  • Masanobu Iwanaga, Takashi Hironaka, Naoki Ikeda, Takehito Sugasawa, Kazuhiro Takekoshi. Metasurface Biosensors Enabling Single-Molecule Sensing of Cell-Free DNA. Nano Letters. 2023. 23. 12. 5755-5761
more...
MISC (19):
  • 青木海, 青木海, 酒井翔太, 菅澤威仁, 竹越一博. レナラーゼの高発現が腸管に対して与える影響の検討. 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2023. 77th
  • 東原 崇明, 西 裕志, 菅澤 威仁, 亀高 諭, 南学 正臣. 腎不全環境はMyomixer発現低下と共に骨格筋細胞融合を抑制するが、抗酸化剤アスコルビン酸投与が有効である. 日本腎臓学会誌. 2022. 64. 3. 249-249
  • 東原崇明, 西裕志, 菅澤威仁, 亀高諭, 南学正臣. 腎不全環境はMyomixer発現低下と共に骨格筋細胞融合を抑制するが,抗酸化剤アスコルビン酸投与が有効である. 日本腎臓学会誌(Web). 2022. 64. 3
  • 竹越一博, 竹越一博, 菅澤威仁, 青木海, 中野巧朗, 與那嶺正人, 與那嶺正人. アデノウイルスベクター(rAdV)を用いたヒトエリスロポエチン(hEPO)遺伝子ドーピングモデルの構築と検査法の開発. 日本遺伝子診療学会大会プログラム・抄録集. 2022. 29th
  • 青木海, 青木海, 菅澤威仁, 竹越一博. 細胞株を用いた腸管レナラーゼの抗炎症機能の検証. 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2022. 76th. 235-235
more...
Books (1):
  • クライオセラピーの正しい方法と効果を知る
    コーチングクリニック, ベースボール・マガジン社 2018
Lectures and oral presentations  (10):
  • イヌの全ミトコンドリアDNAシーケンス手法の確立
    (日本DNA多型学会第32回学術集会 2023)
  • アデノ随伴ウイルスベクターを使用した遺伝子ドーピングの検出法の開発
    (日本DNA多型学会第32回学術集会 2023)
  • Identification of RNA Markers in Red Blood Cells for Doping Control in Autologous Blood Transfusion; a Pilot Study
    (22nd Annual USADA Symposium on Anti-Doping Science (2023) 2023)
  • コンパニオンアニマル研究に対する支援体制の構築
    (第3回 コンパニオンアニマルのゲノム医療研究会 2022)
  • 協会委託事業マッサージ療法のエビデンス研究
    (全国病院理学療法協会 第66回日本理学療法学会 指定演題 2017)
more...
Professional career (1):
  • 博士 (スポーツ医学) (筑波大学)
Committee career (3):
  • 2020/04 - 現在 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 理事 (学術担当)
  • 2017/04 - 2020/03 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 学術局長
  • 2009/04 - 2010/03 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 常任理事
Awards (4):
  • 2023/05 - 全国病院理学療法協会 後藤賞
  • 2022/11 - 筑波大学 筑波大学若手教員奨励賞 2021年度研究・教育・社会貢献活動実績
  • 2018/05 - 全国病院理学療法協会 功績賞
  • 2013/05 - 全国病院理学療法協会 功労賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page