Rchr
J-GLOBAL ID:201801013983759761   Update date: Jun. 29, 2021

Tsai Yunchi

サイ ユンチ | Tsai Yunchi
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (5): 性犯罪 ,  不作為犯 ,  作為義務 ,  詐欺罪 ,  行為論
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 刑法における性的自由の構造と性犯罪の立法・解釈
  • 2018 - 2021 詐欺罪における告知義務の判断構造
  • 2017 - 2020 不作為犯における作為義務者の特定の基準
Papers (10):
  • 蔡,芸琦. Interpretation of "inability to resist" and intent to commit a sexual offense. Gender and Law. 2021
  • 蔡,芸琦. 挙動による欺罔行為について-いわゆる「作為と不作為の区別」論からの検討ー. 信州大学経法論集. 2019. 7. 1-32
  • 蔡,芸琦. 不作為犯における作為義務論の問題点. 信州大学経法論集. 2018. 3. 109-123
  • 蔡芸琦. (博士学位請求論文)不作為犯における作為義務の根拠. 早稲田大学. 2017
  • 蔡 芸琦. 外国文献紹介 周漾沂「刑法における保障人的地位の法的基礎の再構築」. 早稲田法学 = The Waseda law review. 2016. 91. 4. 221-230
more...
Books (4):
  • アメリカの刑事判例2
    2019
  • 法學與風範
    2018
  • 判例特別刑法〔第2集〕
    2015
  • 曽根威彦先生・田口守一先生古稀祝賀論文集〔上巻〕
    2014
Lectures and oral presentations  (2):
  • 覚せい剤所持罪・譲渡罪の罪数関係
    (特別刑法判例研究会 2021)
  • 裁判例からみる性犯罪の問題点--フラワーデモを契機として--
    (ジェンダー法学会第18回学術大会 2020)
Education (1):
  • - 2017 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士(法学) (早稲田大学)
Work history (2):
  • 2020/03 - 現在 筑波大学 人文社会系 助教
  • 2016/10 - 2020/03 信州大学 経法学部 助教
Association Membership(s) (5):
The Criminal Law Society of Japan ,  関西法政治研究会 ,  ジェンダー法学会 ,  日本法政学会 ,  いほうの会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page