Rchr
J-GLOBAL ID:201801014099427328   Update date: Nov. 27, 2020

Yanagita Shinya

ヤナギタ シンヤ | Yanagita Shinya
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Sports science
Research keywords  (2): Exercise Physiology ,  Behavioral Physiology
Papers (24):
  • 丁鐘珍、水野雅之、柳田信也、市村志朗、山本隆彦、大宮喜文. 高温又は常温環境で模擬活動をする消防隊員の生理指標へのアイススラリー又は水の摂取の影響. 日本火災学会論文集. 2020. 70. 2. 35-51
  • 柳田信也. 消防隊員の暑熱環境下におけるアイススラリー摂取による身体冷却効果. 総合危機管理. 2020. 4
  • Natsuko Kubota, Seiichiro Amemiya, Shinya Yanagita, Takeshi Nishijima, Ichiro Kita. Central nucleus of the amygdala is involved in induction of yawning response in rats. BEHAVIORAL BRAIN RESEARCH. 2019. Volume 371, 3 October 2019, 111974
  • Jongjin Jeong, Tetsuhito Akieda, Masayuki Mizuno, Shinya Yanagita, Shiro Ichimura, Takahiko Yamamoto, Yoshifumi Ohmiya, Tsuguo Genkai, Haruto Mochida, Shun Suzuki, et al. Effect of Ice Slurry on Suppression and Cooling of Body Temperature in Firefighters. Proceedings of Asia-Oceania Symposium on Fire Science and Technology Symposium. 2018
  • Shinya Yanagita, Natuko Kubota, Yuki Kanemasa, Dairoku Muramatsu, Takahiko Yamamoto. A novel approach to analyse spontaneous activity of rats in group housing condition using radio frequency identification systems. Proceedings of 47th European Brain and Behavior Society Meeting. 2017
more...
MISC (30):
  • 柳田信也. 暑熱環境での運動-熱中症予防のための身体冷却について-. 科学フォーラム. 2020. 417. 8-11
  • 井熊 雄介、山本 隆彦、越地 耕二、柳田 信也、市村 志朗、仲吉 信人、水野 雅之、大宮 喜文、円谷 信一、鈴木 峻、清水 祐二、有海 正浩、清水 鉄也. 火炎による電波伝搬影響に関する検討. 2019年度東京理科大学総合研究院インテリジェントシステム研究部門研究成果報告会論文集. 2020. 161-164
  • 姥奈世乃、山本隆彦、久保田夏子、柳田信也、越地耕二. 実験動物用運動量計測装置に対するワイヤレス電力伝送システム -磁界強度均一性評価-. 第29回ライフサポート学会フロンティア講演会. 2020. 112-112
  • 姥 奈世乃、山本 隆彦、久保田 夏子、柳田 信也、越地 耕二. 実験動物用運動量計測装置に対するワイヤレス電力伝送のための磁界強度均一性評価. 2019年度東京理科大学総合研究院インテリジェントシステム研究部門研究成果報告会論文集. 2020. 149-152
  • 久保潤二郎、柳田信也、関口遵、水國照充. 学びに圧力は必要か?-学生の自発的な学びの促進に向けて-. 平成国際大学スポーツ科学研究所所報. 2020. 14. 11-17
more...
Books (1):
  • 健康スポーツ指導教本III 体育科学とスポーツ文化III
    体育教育出版会 2011
Lectures and oral presentations  (135):
  • Effects of increased physical activity on brain monoamine levels in multistory enriched environment
    (Australasian Neuroscience 2019 2019)
  • 消防活動を模擬した暑熱環境下における運動時のアイススラリー摂取による身体冷却効果の検討
    (第28回日本運動生理学会大会 2019)
  • Multistory enriched environment could increase physical activity and improve brain function
    (Federation of European Neuroscience Society Regional Meeting 2019 2019)
  • 実験動物用活動量計に対するワイヤレス電力伝送における発生磁界の均一化に関する検討
    (第58回日本生体医工学会大会 2019)
  • 消防隊員の暑熱環境下におけるアイススラリー摂取による身体冷却効果
    (総合危機管理学会第4回学術集会 2019)
more...
Education (3):
  • - 2007 Tokyo Metropolitan University(東京都立大学)
  • - 2007 Tokyo Metropolitan University(東京都立大学)
  • - 2001 Saitama University
Professional career (1):
  • The degree of doctor of science (Tokyo Metropolitan University(東京都立大学))
Work history (6):
  • 2018/04 - Tokyo University of Science Faculty of Science and Technology
  • 2015/04 - 2018/03 Tokyo University of Science Faculty of Science and Technology
  • 2010 - 2014 Tokyo University of Science Faculty of Science and Technology
  • 2010 - 2010 Tokyo University of Science Faculty of Pharmaceutical Sciences
  • 2009 - 2010 東京理科大学総合研究機構 PD
Show all
Committee career (3):
  • 2019/09/20 - 2021/09/19 日本体力医学会 評議員
  • 2018/09/01 - 2020/08/31 日本運動生理学会 評議員
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 北関東体育学会 理事
Awards (1):
  • 2017/01/23 - 東京理科大学優秀研究者奨励賞
Association Membership(s) (3):
日本運動生理学会 ,  日本体力医学会 ,  北関東体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page