Rchr
J-GLOBAL ID:201801014212639833   Update date: Jun. 07, 2024

YOSHINORI TOMODA

トモダ ヨシノリ | YOSHINORI TOMODA
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Clinical pharmacy
Research keywords  (2): 薬物動態学 ,  臨床中毒学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2022 In vitro evaluation of alternative adsorbents to activated charcoal for treatment of acute poisoning
Papers (14):
  • Yoshinori Tomoda, Masahiro Kobayashi. An in vitro study of metformin adsorption to activated charcoal. Clinical toxicology (Philadelphia, Pa.). 2024. 62. 4. 237-241
  • A retrospective study of factors associated with Edinburgh Postnatal Depression Scale in the early postpartum period. 2024. 73. 2. 86-92
  • Toshiaki Komatsu, Hinako Morita, Yoko Takayama, Yui Natsume, Yoshinori Tomoda, Hirohisa Miura, Takeo Sato, Takatoshi Nakamura, Masaya Toda, Hirotsugu Okamoto, et al. Timing of re-dosing based on population pharmacokinetic-pharmacodynamics target attainment analysis of cefmetazole in subjects undergoing lower gastrointestinal surgery. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2022. 28. 8. 1105-1111
  • Shunsuke Hyuga, Yoshinori Tomoda, Toshiyuki Okutomi. Stability of lidocaine solutions following sodium bicarbonate alkalinization. Regional anesthesia and pain medicine. 2022
  • 友田 吉則, 横山 奈々, 小林 昌宏. 簡易懸濁法を用いた結核標準治療におけるリファンピシンの安定性. 結核. 2022. 97. 5. 257-262
more...
MISC (47):
  • 奥脇 達也, 小林 昌宏, 菊地 理乃, 友田 吉則, 小川 萌花, 春日井 公美, 瀬戸 良教, 冨澤 淳, 尾鳥 勝也. 低体重 (BMI<18.5) におけるバンコマイシン投与に関連した急性腎障害: 傾向スコアマッチング分析. 日本薬学会第144年会Web要旨集. 2024
  • 菊地 理乃, 小林 昌宏, 奥脇 達也, 友田 吉則, 小川 萌花, 春日井 公美, 瀬戸 良教, 冨澤 淳, 尾鳥 勝也. 中等度痩せ (BMI<17.0) におけるバンコマイシン投与に関連した急性腎障害 : 傾向スコアマッチング分析. 日本薬学会第144年会Web要旨集. 2024
  • 小林 昌宏, 奥脇 達也, 菊地 理乃, 友田 吉則, 小川 萌花, 春日井 公美, 瀬戸 良教, 冨澤 淳, 尾鳥 勝也. 重度の痩せ (BMI <16.0) におけるバンコマイシン投与に関連した急性腎障害:ケースシリーズ. 日本薬学会第144年会Web要旨集. 2024
  • 長崎 裕也, 友田 吉則, 宮坂 優人, 小松 敏彰, 春日井 公美, 尾鳥 勝也. 簡易懸濁法施行時におけるシリコーン油及び温度が与える回収率への影響と物理化学的性質の関係. 第33回日本医療薬学年会要旨集. 2023
  • 友田 吉則, 小林 昌宏. 機械学習を用いた簡易懸濁法による経管投与可否の予測. 第33回日本医療薬学年会要旨集. 2023
more...
Books (1):
  • 急性中毒標準診療ガイド
    へるす出版 2023 ISBN:9784867190715
Lectures and oral presentations  (2):
  • Acetaminophen-protein adducts and GSH levels at intake of N-acetylcysteine in acetaminophen-treated mice.
    (North American Congress of Clinical Toxicology 2015)
  • 手術予定患者の術前休薬管理への薬剤師のかかわり
    (第5回北里血管フォーラム 2012)
Works (2):
  • 北里大学病院におけるART処方の変遷-なぜ切り替えるのか-
    友田吉則 2016 - 2016
  • 抗凝固薬の適正使用
    2015 - 2015
Education (2):
  • 2007 - 2009 Kitasato University Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences
  • 2003 - 2007 Kitasato University Faculty of Pharmaceutical Science
Professional career (2):
  • 修士(臨床薬学) (北里大学)
  • 博士(薬学) (北里大学)
Work history (3):
  • 2020/04 - 現在 北里大学薬学部 臨床薬学研究・教育センター 薬物動態学 助教
  • 2015/10 - 2020/03 北里大学薬学部 臨床薬学研究・教育センター 臨床基礎薬学 助教
  • 2009/04/01 - 2015/09/30 Department of pharmacy, Kitasato university hospital
Committee career (4):
  • 2018/09/01 - 日本中毒学会 クリニカルトキシコロジスト認定委員会 セミナー・試験部門委員
  • 2018/07/01 - 日本中毒学会 評議員
  • 2016/07/01 - 日本中毒学会 広報委員会
  • 2016/07/01 - 日本中毒学会 広報活性化小委員会
Awards (2):
  • 2022/01 - 第35回日本中毒学会東日本地方会 優秀演題賞 薬用炭無効物質に対する超活性炭の有用性の検討
  • 2009/07/25 - 第31回日本中毒学会総会・学術集会 優秀演題賞 Acetaminophenの肝毒性に対する新規バイオマーカの検討
Association Membership(s) (6):
日本化学療法学会 ,  American Assocication of Clinical Toxicology ,  日本薬学会 ,  Japanese Society for AIDs research ,  Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences ,  Japanese Society of Clinical Toxicology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page