Rchr
J-GLOBAL ID:201801014479530628   Update date: Apr. 17, 2021

Miyata Lily

ミヤタ リリィ | Miyata Lily
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (1): Sociology of education
Research keywords  (2): HIV感染症の予防 ,  Transgender
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2019 - 2020 性的マイノリティ運動の口述資料のアーカイブ化に向けた実践的研究
  • 2017 - 2020 MSMに対する有効なHIV検査提供とハイリスク層への介入方法の開発に関する研究
  • 2017 - 2020 性別違和を覚える人々を巡る性の商業化とジェンダー規範の変容に関する研究
  • 2012 - 2016 性別違和に関するケアと支援の現況(アジア):実態把握と文献・資料のデータベース化
Papers (4):
  • Lily Miyata, Yukari Ishii. Cross-dressing Outlaw: The Process of Realizing Collaborative Events and the Self-narrative by joso-sha. 2020. 71. 2. 266-280
  • Yukari Ishii, Lily Miyata. How Can Mini Cinemas in the Kansai Area Embrace Male-to-Female Cross-Dressers and their Communities under Urban Renewal and Gentrification?. Sexuality & Culture. 2019. 1-21
  • 宮田 りりぃ. 「二重生活」はいかに意味づけられるのか -女装者によるナラティブを事例に-. 解放社会学研究. 2018. 31. 82-97
  • 宮田 りりぃ. 性別越境を伴う生活史におけるジェンダー/セクシュアリティに関する意識. 教育社会学研究. 2017. 100. 305-324
MISC (7):
  • Lily MIYATA, Satoshi SHIONO, Noriyo KANEKO. have sex with men). -Based on two cases of male cross-dressers who have used the cruising spot. THE JAPANESE SOCIETY FOR AIDS RESEARCH. 2021. 23. 1. 18-25
  • 宮田 りりぃ. 男性への性別越境における異なる自己のあり方に関する一考察. 関西大学人権問題研究室紀要. 2019. 78. 35-51
  • 宮田 りりぃ. 補論 LGBTに関する質問項目について. 関西大学人権問題研究室紀要. 2019. 77. 189-195
  • A Case Study on the Development of Male Cross-dressers Community through Collaborative Events with Commercial Activities in Shinsekai Area, Osaka. 2019. 50. 85-91
  • 宮田りりぃ. 性同一性障害概念にもとづく 社会問題化におけるレトリカルな活動の展開. 倫理学論究. 2018. 5. 1. 23-39
more...
Books (3):
  • LGBTのひろば-ゲイの出会い編
    日本評論社 2020 ISBN:9784535904453
  • セックスワーク・スタディーズ : 当事者視点で考える性と労働
    日本評論社 2018 ISBN:9784535587243
  • セクシュアル・マイノリティQ&A
    弘文堂 2016 ISBN:4335551789
Lectures and oral presentations  (8):
  • 可視化されたトランスジェンダー差別 -2018年お茶の水女子大学の受け入れ表明以降-
    (関西大学人権問題研究室 第102回公開講座 2020)
  • MSM(Men who have sex with men)に包摂される女装者たちの性行動やHIV感染症に対する意識
    (第33回日本エイズ学会学術集会 2019)
  • 街を巻き込む女装系交流イベントの導入は何をもたらしたのか -大阪新世界エリアにおける事例から-
    (GID(性同一性障害)学会第21回研究大会 2019)
  • 女装者コミュニティを受容する場とその形成 -関西のある映画館に着目して-
    (GID(性同一性障害)学会 第20回研究大会・総会 2018)
  • MSMにおける性交相手との出会いの場所と方法 -年齢層による差異について-
    (第31回日本エイズ学会学術集会 2017)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2018 Kansai University
  • 2013 - 2015 Kansai University
  • 2009 - 2013 Kansai University General Department of Humanities
Professional career (1):
  • 博士(文学) (関西大学大学院)
Work history (4):
  • 2020/09 - 現在 Kansai University
  • 2018/04 - 現在 Kansai University The Institute of Human Rights Studies
  • 2015/04 - 現在 Kwansei Gakuin University
  • 2018/04 - 2021/03 公益財団法人エイズ予防財団 リサーチ・レジデント
Association Membership(s) (4):
日本社会学会 ,  THE SOCIETY FOR STUDIES IN EDUCATION KANSAI UNIVERSITY ,  THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR AIDS RESEARCH
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page